ぱちんこ業界ネタ・旧

さぼってばかりのメーカー営業車を痛車に変えるべきだ!

2013年10月22日

ほとんどのメーカー営業社員は、怠惰である。
日中何をしているのかわからない。

年々報告や日報ごまかしの技術だけ向上していく。

そこでだ、
営業車という、会社の所有物を宣伝に有効活用する
とっておきの手段がある。

どうだろう。

大いなる効果が生まれるのではないだろうか。

・機械宣伝
・さぼり防止
・会社の看板を背負っているため安全運転
・話題性

販売時期の、機械のペイントをそれぞれにほどこすだけで

費用対効果は絶大である!

営業車は全国津々浦々くまなく
活動している。

これは素晴らしい!

http://www.jio-c.com/

専門のページを見てみると
塗装/ペイントではなく

インクジェットフルカラープリントだそうな。
いろいろな世界があるものだなー

費用的には、サイズにもよるらしいが

フル仕様で
5万~15万/台程度なそうだ。

台数増やせば値引きききそうだ。

意外と安いね!

大げさなカタログ配るよりよっぽどいいのでは?

一般ファンへの告知と話題性
とてもいいものです。

これを見ている
メーカー経営幹部は、一度検討してみるといいだろう

強くお奨めします!!


-ぱちんこ業界ネタ・旧

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2020 All Rights Reserved.