チラシの裏

映画のレミゼラブルを中国で流行らせれば、再度民主化運動が起こせるのではないか

2013年1月22日

最近
心がすさんできたようなので
なんか感動できる映画はないかと翁に尋ねると

レミゼラブルがよいと勧められた。

ネットで得意のググると、なるほど感動作で

AKB(笑)の前田敦子が4回、
おおしまゆうこが1回見て号泣らしい

知識的には、かつて世界史の授業で
レミゼラブル=ああ無情=ユゴー
程度の暗記物でしかない

完全に初見だ。
では、いってみるかと
見てきたら。

結果的には、★★★★★5つあげよう。
参考までに
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qは★0.1くらいの評価だ。

どこが泣くポイントなのかよくわからないが
とりあえずよかったと思う。

完全にミュージカルなので
知識や知能の低い人には難しいと思う。

映画を見てから、wikiである程度
補正して、原作のまとめをみて
ようやくなるほどと深みがわかる。

リピーターがいるのがわかるようなものだ。

読者に
わかりにくく説明すると

フランスの1860年くらいに書かれた本だが
当時の情勢が描かれ

主人公のジャンバルジャン
(イメージを落とすと、XMENのウルヴァリン役、ウォーズマンみたいな奴)

が、若い頃に、パンを一つ妹の子供のために盗んだ罪
売春婦とその子供
報われない市民

あらゆる悲劇が続くが

一生パンを盗んだ罪を背負い、地獄に落ちるような
苦しみを味わうが
最後は、報われて聖者になるような
そんな感じである。

よくわからないね。

見ていて
これが今の中国の貧困層とすごいリンクした。

働いても働いても報われない。
金持ち貴族だけが繁栄する。

中国で民主化運動、市民革命を起こしたいものだが
こういうものを是非流行らせて
不満分子の若者を立ち上がらせるべきだ。

さっそく
中国の掲示板に、「蒼天己死」と書き込んでこよう。

あと、
この映画を見てようやく
有名なスーザンボイルの動画の意味がわかるわけだ。

夢破れて、不遇なおばさんが夢をつかんだ。
なるほどなという感じ。

中途半端に終わろう。
では。

-------------
在第70届金球奖上一举斩获音乐/喜剧类最佳影片、最佳男主角、最佳女配角三座奖杯的奥斯卡大热影片《悲惨世界》,确定将于2月28日在中国内地公映。据悉,该片将采用原声格式引进,不再进行中文配音。

追記:2月28日中国公開

吹き替えとかせずに、やるようだ
字幕はいじるのかな

すでに中国のサイトでは評判が高い
上映後の反応が楽しみだ。


-チラシの裏

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2019 All Rights Reserved.