パチンコ業界就職情報

0(:3 )~ タイヨーエレックの早期希望退職の条件が業界内では神レベルだったと話題

投稿日:2017年9月25日 更新日:




 

在籍社員のモチベーションはすでに尽きた


うちもエレック並にやってくれないかなー

業界内の企業に勤める社員なら誰もがそう思っているだろう。

200人で18億とサミー側のIRで発表されているが、
ひとり頭900万円!?

噂によると、勤続年数×100万くらいだったときく・・

真偽のほどは定かではないが、
とにかく十分すぎるほどのお金をもらって
満足のいく早期希望退職だったようだ。
まあ、母体のサミーが当時好調だったからへでもなかったに違いない。

 

今、他の企業が早期希望退職を出したら・・

即社員が殺到して、業務が成り立たなくなるということで、
とてもじゃなくできない!

自然に社員がやめていくのを待っているところが多そうだ。

中途社員は、足が速い。
優秀な社員ほど他にいくあてがあるので、
とっとと見切りをつけてやめていく。

沈む船から逃げ出すネズミといわれるが、
自分の人生なので、一緒に沈没していくわけにもいかない。

管理部門だと、会社の清算作業なんかに拘束されたらたまったものじゃない。

若者も、転職活動をしている社員が多い。
ぼーっとしてると、会社の末期に巻き込まれる。
先輩や同僚と転職相談に花が咲く。

自己都合と会社都合とで
失業保険給付条件がかなり違うので、
即転職をする社員でなければその条件は魅力的だ。

早期希望退職は経営事由ならもちろん会社都合になる。
上乗せ金がなくとも、社員の利点はある。

超大手企業は、割増退職金もすごい

シャープや東芝の早期希望退職はどうだったのか
調べてみよう。

http://president.jp/articles/-/20747?page=2

 

 

シャープと同業の大手電機メーカーの50歳の基本給は約50万円。同額として試算すれば(50万円×26カ月)、割増額は1300万円。これと経団連調査の大企業の52歳の通常退職金約1800万円を足すと3100万円になる。

東芝は今年1~3月にかけて40歳以上の社員を対象に約2000人の希望退職募集を実施した。割増額は40~45歳の課長職以上が17カ月、非管理職34カ月。46~53歳は役職に関係なく40カ月。54歳以降は下がり55歳は30カ月になる。一般的に辞めてほしい年齢ほど割増額が手厚くなる。

50歳の役職者は4000万~5000万円支給されたと報道されている。仮に5000万円の人の内訳を試算すると(5000万円-1800万円)÷40カ月=80万円で、割増分の基本給相当額は80万円となる。経営再建中とはいえ、かつての業界トップだけに手厚い。

 

 

さすがの大企業だな。
タイヨーエレックのがだいたい相場程度ってのがわかる。

退職時に1千万円もあればありがたい。
ぱちんこ企業にこれだけ払える余力は残るだろうか。
早期希望退職を待っている間に悲惨なことになりそうだ。

まあ会社が倒産すれば全員会社都合退職になるけどね。

 




 

 




 



-パチンコ業界就職情報
-, , , , , ,

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.