コラム

0(:3 )~ 先行投資のばく大な開発費は、もはや回収不能か・・

投稿日:




5.9号機の市場反応はいかに

11月から始まる5.9号機が、
徐々に通過をはじめ話題になり始めている。
初物の戦国コレクション3が1万台近く売れたことが好ニュースである。

5.5号機のような事故待ちの一撃差玉は、出ないが
設定6の出率が110%~と、そのままあるので、
なんだかんだで、慣れてくれば
落ち着いてくるとみられる。

どうせ運用は、低設定に決まっているし、
客から見ても設定①ばればれで期待もしていない。
4号機時代はよかったもんだ。

地獄の6号機までに、
手持ちの旧基準機と5.5号機、5.9号機でやりくりするわけだが、

性能は当然

旧基準 >> 5.5 >> 5.9 >> 6

のため、劣化スペックをわざわざ多台数買うところはない。
バラエティでの購入がメイン。
小台数の入替が中心となるのは必然。

懸念していた、旧基準機の年内強制撤去もなかったことで
安堵も広がる。
大事に大事に使うだろう。

となってくると、
メーカー側は、苦戦必至である。

売れない機械、開発費割れの惨状続出

数年前からつぎ込んでいる開発費がまったく回収できない。
これから5.9号機、6号機が本格化し、
1000台未満の販売台数の機種が明らかに増えてくる。

一発こければ大ダメージ
一発当てればビルが建つ

といったようにメーカーは機種依存による経営が大きいが、

全部こけたらどうなる?

押して知るべしだが、
こけるところがきっと出てくるだろう。
あそこあたりだな。

ぱちんこも同じ。

1末までに通した機械を
他メーカーの動向を見ながら丁寧に販売するだろうが、
2月以降に通った捨て機械と、1末までの貴重な機械

どちらがホールにとって重要かは、
誰の目にも明らか。

2月以降の通過機種は、
まったく売れずにめもあてられない惨状になる。
そして開発費が回収できない。
PもSも、これから大幅に販売台数が減少していき、
メーカーが一気に淘汰される。

来年から本当の地獄が始まる。

地獄を見たくなければ・・
わかってるね

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 




 

 




 



-コラム

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.