コラム

0(:3 )~ 現在残っているぱちんこギャンブル依存症の人はお金持ちのみ

投稿日:




衰退産業

消費者金融も行政によって淘汰された産業である。
今も残っていることは残っているが、
大手銀行の傘下で、年収の1/3までの融資とかなり制限されている。

昔はTVをつければ、サラ金(消費者金融)のCMばかりで辟易したものだが、
いまはラジオをつければ、サラ金に群がる「過払い請求弁護士事務所」のCMだらけであ
る。

貸出金規制と過払い請求のダメージで、経営が悪化し
今の状況に陥ったようだ。
闇金等もあるが、一般には縁遠い。

ぱちんこを打つ人も、借金してまで打つ人も減っていることだろう。
あともう少し打てば天井まで行って全部回収できるかもなんて
夢物語のような機械などもうない。
打てば打つだけ負けるだけ。

パチンコ店の中の客層にも変化が


▽普通の若者が消えた。

チンピラまがいの連中はいるが、一般の普通の20代(大学生、若年サラリーマン)がい
なくなった。
4円ぱちんこや、20円スロットでは、
投資金が学生には、もはや遊技不可能レベルまで達しているのが要因だ。

低貸しではたいして儲からないので、中毒症状≒リピーターにはなりづらい。
昔のように、「不良」だけがたむろするパチンコ店に戻りつつある。

▽サラリーマンが消えた

スーツを着て、仕事中の空き時間もしくは、仕事帰りの遊技といったものが消えた。
単純に月の小遣いで遊技できる状況ではないからだ。

いまだ残っている人たちを見ると小金持ちなのだろうと思う。
平日の昼間からひたすらサンドに金を注ぎ込むじじいやばばあ
金がふんだんにあるのだろうな。
ホールにとっては、超上得意様だ。

見てると、ジャグラーなど
「この台がまだ当たってないから出るよー」

と、若者ならたくさん当たっている台から
設定確率を推測して立ち回るのだが、
逆にわざわざ当たりが少ない台を選んで打ってくれる。

金持ちはいくら負けてもへでもないのだろうな。
うらやましい限りである。

ギリギリの生活をしている人にとっては、
限界があるため、ぱちんこではもう中毒になることはない。

負けても負けても、打ち込める中毒者≒お金持ち

これってその人たちからすれば
行政の対応は余計なお世話なのかもしれない。

ほとんどの人の中毒は金が物理的に尽きれば収まる。
人によってその限界は違うということだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 




 

 




 



-コラム

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.