ぱちんこ業界ネタ・旧

「目的置き換え型」にみるパチスロ演出のトレンド

2014年6月16日

これまでパチスロ5号機は、


ストック、ループ

ゲーム数上乗せ

上乗せ特化ゾーン

疑似ボーナス

要は特賞区間がどれだけ続くかの見せ方について
手を変え品を変え進化してきたというわけだが、

ここ半年くらいで頭角をあらわしてきたのが
「目的置き換え型」の演出方法だ

代表的なものとして以下の例があげられる

北斗転生:勝舞玉を貯めること
モンハン:モンスターにダメージを与えること
麻雀格闘倶楽部:牌を引くこと

要は、続くか続かないか、当るか当らないかに対して
それに直結している別のことに目的を置き換え
細かく分散して与えてあげることで

1G1Gちょっとした期待を積み上げていく

その積み上げた結果の答えあわせをもって
後半のクライマックスとする

そんな見せ方がファンに支持されつつある

早速、京楽様はスロ参入2機種目にもかかわらず
「乱舞玉」という形でとり入れているようなので
さすがパチンコのリーダー企業だけあって
センスとアンテナの張り方が優秀だ

これに対して、さも「拳玉」を貯めていくような
ティザー映像で煽って、実際はただのゲーム数だったという
期待させてといて裏切るような見せ方は失敗だったのでは・・・

目


あなたのポチっ♪が業界を終わらせる


-ぱちんこ業界ネタ・旧

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2019 All Rights Reserved.