ぱちんこ業界ネタ・旧

メーカー営業が寄り付かないホールは早く廃業しなよ

2014年1月9日

「若い営業を一人前に育てるのが面白いのです。」

とある法人のお偉いさんはこう述べる。

「うちの担当は結構出世していきますよ。嬉しいことですね。」

営業社員としては、こういった素晴らしいお客様にたいして
貢献しようと一生懸命努力する。

ホール側も、ダメな機械がうれなくて困っている時
いろいろ助けたりする。

営業は、また恩義を感じてより一生懸命頑張る。

こういった好循環が生まれることで、仕事にやりがいを覚え
営業は成長していくようだ。

かたや、クソ台はいらない、いい機械の時しかこなくていいよ、来るな。
値引きしろよ、下取りしろよ、値段だけうるさい。
1台だけどTOPでいれろよ。支払条件なんとかしろよ。
花代払えよ、協賛金だせよw
カタログだけカウンターにおいってってくれ。郵送でいいしw

こないだの機械クソすぎて、金払いたくねーや

こんなボロクソにいってくる、零細法人が多いことも確かである。
金や自分のことしか考えていない。
もちろん経営がうまくいくはずもない。

手柄は自分のもの、失敗は他人のもの

実際営業側としては、こういったダメな責任者がいるホールに足を向けたがらない。

人として、ごく自然に、歓迎してくれるホールにばかり
集中して顔を出すことになる。

文句ばかり言って、買いもしない零細法人に対しては
郵送、FAX程度で十分である。どうせ買いもしないし
欲しけりゃ向こうから連絡来るでしょう。
郵送すらもったいないといった話である。
それか業販に押し付けたいところだ。

全国11000軒あるホールのうち、
新台を買うのは、10万台オーバーの
京楽や三洋クラスのTOP機械でも9000軒程度

普通の数万台程度の機械の時は、4000~5000軒しか買わない。

文句ばかり言うゴミホールや購買力のないホールを除くと
営業が訪問する必要性や価値があるのは、

まとめて営業できる法人営業を鑑みても、

実際3000~4000箇所程度なのではないだろうか。

メーカーを大切にしない、営業社員が敬遠するホールは
見てみると、のきなみ稼働が悪く金がない。

原因はどこの誰にあるのか明確だろう。
すべてが人災であり、

自店の稼働が悪いのをメーカーに転嫁する
特定の人物が、ネットでメーカー批判を繰り広げるのだ。

人を親切にすれば、みなから親切にされる。
その逆をいっているのだから、自業自得といったとこかな。


あなたのポチっ♪が業界を終わらせる


-ぱちんこ業界ネタ・旧

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2020 All Rights Reserved.