ぱちんこ業界ネタ・旧

パチンコ屋への機械のだまし売りテクニック競争 ヾ(・д・`;)

2013年8月20日

基本的には抱き合わせ販売が、圧倒的に浸透しているが

他にもメーカーサイドが得意とするのに
だまし売りがある。

・これは最高の機械だ。
・今までにない突出した新規性能だ。
・一般ファンからの注目度は高い
・これを買わないようじゃ、2流だぜ

豪華なカタログとノベルティグッズをふんだんにつけ

動画もティザーから始まり
本編にいたるまで何種も作り、

最後は、豪華な展示会だ。

わざと手狭な展示会場で、
混雑を演出し、注目度を上げる。

きれいなコンパニオンがはべり、
熱気にあふれる。

こんなにもたくさんの法人がみにきているのだから
うちも買わなければならないとか・・

逆に内覧会程度で安く済ます場合は
たいしたことない機械だと
メーカー自身が自覚している場合が多い。

それか、何もしなくても売れるような
よほど強い機械かだ。

そしていい加減なところは、
カタログスペックすら偽装する。

まああれこれとやりたい放題だ。

基本的に不細工に最高のおしゃれをさせても
不細工は不細工で変わらないのだが、

ダメな機械でも、最高の機械だと
ホールを洗脳し、だましきって
売りつけてさえしまえばメーカーの勝ちである。

当然あっという間に客は飛ぶ。

朝鮮人は整形があたりまえのようになっているが
機械販売も、整形みたいなものである。

いかにダメな中身を隠して
見栄えだけとりつくろってだましきるか。

売ってしまえば勝ちなのであとのことは
どうでもいい。

今は機械の販売サイクルが早いので
大手は1~2か月に1回くらいのペースで
どんどん機械を販売してくる。

失敗して舌の根も乾かぬうちに
次の機械を売り込みに来るわけだ。

ホール側の機械選定者もクソ台にあてられすぎて
頭がおかしくなっているのか
もともとがバカなのか

いまや、どんな台を見ても
彼らは批判しかしない。

最高だ!! 最高だ!!
と煽った、呪怨や緑ドンは盛大にこけ、

入らなくてクソ台だ!、と煽った
スロAKBは、そのまま大ヒットwww
中古でまだ高値ww

何も考えずに直感で適当などんぶり勘定営業を
普段からやってるから
そんな目にあうのだ。

メーカー側も、彼らを洗脳するためのテクニックが
だいぶ磨かれてきた。

ホールの機械購買担当者は、
メーカー様の掌で転がされてるだけの存在だけでしかない。

年末以降には、エウレカ2、スロ慶次、バシリスク3

など期待する機械が登場する。

もちろん欲しければ何をすればいいのかわかってるよねw

ここにスロにおいて、

ホール貢献NO1の北電子も
「テイルズオブディスティニー」などという
派手な液晶ものを持ち出してきたようだ。

今までも「大漁2」とか付き合いで買ったものもあっただろうが

他のメーカーに負けずに
ついに
本命ジャグラー「以外」の機械販売に参入ですかね。

どうなっていくか別の意味で楽しみですね^^

なんか目に見えるようです^^


あなたのポチっ♪が業界を終わらせる


-ぱちんこ業界ネタ・旧

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2020 All Rights Reserved.