チラシの裏

バビル2世面白すぎるだろ、パチンコ化しろよコラ、おい豊丸おまえだよおまえ

投稿日:




名前は知っていても中身は知らない人が大半な「バビル2世」

作者は横山光輝であり
三国志と並行で書かれていた時期の様だ。

バビル2世:1971~1973
バビル2世その名は101:1977~1979

別作者
バビル2世リターナー:現在連載中

40年前の作品であるがゆえに
いまの流行の漫画と異なる描写が逆に新鮮で面白い。

簡単なあらすじだが、はるかな昔、地球に不時着して帰れなくなり住み着いた宇宙人・バビル。彼が残した遺産・バベルの塔と三つのしもべを受け継いだ超能力者・浩一が、世界征服を企む悪の超
能力者・ヨミと戦う物語。

現在続編が連載中である。

続編の中にバビル2世は昔より弱くなったという記述があるが、
たしかに、前作品中ではチートすぎる強さを誇る。

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-7ok7ut


とにかくやりすぎだ

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-ytrdu

ラスボスが主人公を決して倒せないという
荒業を持つ。

なんとバビル2世は、
ラスボスの攻撃を吸収してエネルギーに変え、跳ね返してしまうのだ。

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-ytik8o

やられたふりをして余裕をかまして、ラスボス瞬殺
いまのジャンプ漫画では考えられない描写だ。

バビル2世の浩一とラスボスのヨミは、同じバビルの血を引く子孫同士
浩一は、この吸収能力を持つがために、子孫より後継者バビル2世として選ばれる。

ヨミと浩一
その他の能力はほぼ同じであり、3つのしもべもヨミのいうことを聞いてしまう。

バビル2世がチート級に強すぎるからなのか
ラスボスの「ヨミ」視点での描写が非常に多い

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-65u5e67

げえッ バビル2世!!

横山光輝お得意の描写もたくさん(^^)

恐るべきバビル2世をなんとか食い止めるラスボス

頑張れヨミ!

主人公が外道すぎて
途中でどっちが主人公だかわからなくなってくる。

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-7547

有名な3つのしもべがこれまたチートすぎて
壊れないわ、非道だわやりたい放題。

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-547

また、ヨミは、非常に部下思いで優しい悪役なのだ。

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-trey

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-tru7ytijk

最後は鬼畜バビル2世による、横山光輝得意の水攻め描写により
ヨミの部下がみな水没してしまう。

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-78o96o

なんたる外道

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-97p6

ヨミは、バビル2世との戦いに不利になるのにもかかわらず
残された力を振り絞り

部下を救出することを優先する(T_T)

そして力尽きたヨミはバビル2世にあっけなく倒されてしまう。

ヨミは作中で何度も何度も甦るわけだが

第1部で、4回やられて都度再復活
第2部でも復活

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-6るえうえ5るt

ヨミは現在連載中のバビル2世リターナーでも出てきて
バビル2世とともに

「悪のアメリカ軍」と戦闘を繰り広げてくれている。

前作を読んでいると
仲間になってよかったね。という思いでひとしおだ。

前作の40年後の設定のリターナーでは、今度は敵のアメリカ軍側がチートすぎて
バビル2世の浩一君がたびたびやばい。やられすぎw

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-5tyrうy

ロプロスヨワス、ポセイドンヨワス
ロデムが瀕死の重体等

主人公がとても苦労する
今風の仕上がりとなっている。

前作では、無傷だったポセイドンも
リターナーでは、アメリカ軍の「レールガン」による攻撃で
腕をもぎ取られている。

長くなったので適当に終わるが

まあとにかく
3部だけでも読んでて面白いから
パチンコ化したらいいと思うよ。

では


あなたのポチっ♪が業界を終わらせる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 




 

 




 



-チラシの裏

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.