チラシの裏

電子書籍 小説の三国志(吉川英治)が1/1から無料になる

0 0 votes
↓ 星をクリックで評価投票!

電子書籍がだいぶ普及してきており、

普段パチンコばかりしている人たちも

「青空文庫」という言葉を聞いたことがあるだろう。

著者の死語50年で著作権が消滅し
フリー素材となる。

そして、2013年1月1日に
めでたく
吉川英治の著作権がフリーとなるのだ。

みなさんも幼き頃に

三国志くらい読んだことがあるだろう。

代表作として

『鳴門秘帖』(1933年)
『宮本武蔵』(1939年)
『三国志』(1940年)
『新書太閤記』(1941年)
『新・平家物語』(1951年)
『私本太平記』(1959年)

がある。三国志なんて戦中に書かれれているんだな。

宮本武蔵はバカボンドの原作である

今まで青空文庫というと
芥川龍之介とか、夏目漱石とか

国語の授業かよというラインナップだったが

吉川英治といえば
お金を出して買っていた人が多い作品が
なんと無料になってしまうのだ。

いまやiphoneやandroidに
kindleアプリや、いろいろと電子書籍アプリがあるので

年が明けたら
数十年ぶりに皆も読んでみると良いだろう。

有名な作家早くしねとは
思わないように

0 0 votes
↓ 星をクリックで評価投票!



おすすめ人気記事

1

たまには前のりして夜のソウルにいってみようと、ミョンドン付近に安い寝床をとった。ソウル駅のベンチで夜を明かすよりは、ましくらいな程度でいいかな。といきなり飛行機が遅れ、ソウルへの移動がぎりぎりに。仁川空港から空港直通鉄道に43分乗ってソウル駅着

ゴミくずニート 収支 2

0 0 votes ↓ 星をクリックで評価投票!     年々ホールの稼働、売り上げが低下している。にもかかわらず粗利は一定数抜いている。客の負担だけが、じわじわと上がっている状況 ...

3

楽園お得意の営業力で、相当インパクト強めに出さないと周辺客は奪えない。客を飛ばさないためには、グランド後もギリギリの経営で長期的に通常営業でもPIAがよりも出し目にしておいて徐々に客をつけるしかないけど…そこまでする必要あるのか。しないと思われる。リスクのほうが大きい

-チラシの裏

0
コメントを書き込んでくださいx