ぱちんこ業界ネタ・旧

オバマ大統領とぱちんこ業界への影響

2012年11月8日

オバマが再選を果たした昨日のNY市場は、300ドルを超える大暴落

ドル円も今週頭には、80.5まで回復したのだが
再び80円を割っている。

オバマ再選の影響で、ドル安政策が維持され、
この先も円高が続くこととが
各評論家人から予測されている。

日本の経済がここまで弱くなったのは、
円高がかなり影響している。

円高が続くことで不況からなかなか抜け出せない。

もちろん、円高の恩恵もある
海外から原油などの燃料、食料、材料の輸入もの

日本は内需が大きいため、恩恵はたしかにある。

しかし屋台骨である、シャープ、パナソニックなど
製品自体の不振もあるが、輸出系は大打撃を被ってきた。

不振になればリストラを行い、その人材は高給で韓国中国へ流れ
製品格差が日本と縮まり、よけいに日本にダメージをもたらしてきた。

日本の家電メーカーはもう立ち直れない。
技術も海外と大差がなくなったからだ。

ぱちんこ業界はというと、完全に内需産業であるが
客の懐が、当たり前だが影響する。
不況が続けば続くほど、パチンコ屋に落ちる金は減っていく。

パチンコ屋は少ない客から利益を出すために
さらに釘を閉める、そしてさらに客は飛ぶ

昔と比べて、ぱちんこもパチスロも客側の勝率が極端に減っている。
負け続ければ、客はもう来ない。

何かが思いっきり変わらない限り

ぱちんこ業界の滅亡スピードは加速する。

この業界は、メーカーもホール側も、経営層から従業員に至るまで
すべて
拝金主義者が大多数を占めている。

金以外眼中にないのだ。

ホールがどんなに困ろうが、自分たちの都合で売りつけるメーカー
一般客がどんなに困ろうが、ぼったくるパチンコ屋

口では、社会貢献だの、地域のよりどころだの
ごまかしているが

実際は金をただむしり取って、自分たちが良い生活をしたいだけの集団だから

自分たちだけがよければいいと思っているうちは、
負のスパイラルは止まらない。

日本の経済がよくならない限りは、
パチンコ業界が上昇することはけっしてない。

ただ、日本経済の回復待ちでは
沈む船をただ眺めているだけである。

どこかが犠牲になって動くのを
ひたすら待っているだけ
成功したらこぞってついていく
そんな経営方針の業界だから
永遠に変わらない。

2.5円無制限で究極薄利の店作るとか
ボロもうけの
マルハンが犠牲になればいいのにね


-ぱちんこ業界ネタ・旧

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2020 All Rights Reserved.