コラム

鬼若弁慶が販売延期だそうだが・・

0 0 votes
↓ この機種の評価投票をお願いします

なんでこんな時期に?

鬼若弁慶という株式会社ボーダーの新製品が話題。
なんでも社長が元大手メーカーの偉い人のようで、
HPを見ると、設立が2016年8月10日とある。

時期は覚えていないので
調べないと定かではないが、設立時点では、
いま猛威を振るっている規制の話はあったのだろうか?

誰もがこのご時世に新規メーカーって大丈夫?

という感じを受ける。

珍古台マニアの店や
ご祝儀がわりに付き合いのあるホールが買ってくれても
500台もいかないはず。

液晶でもなく、版権もない。単価が安そうなので、
多く見積もって台粗20万あるとしても20万×500台=1億の粗利
それを1年分の開発費、人件費、家賃等の経費・・・

こんなのでペイできるの?
次作品や次次作品も売れないと思われる。

ひどい人になると、コンパニオン代回収できんの?
くらいである。

どうせ今回の延期も競合が強い、販売時期が悪くて
まったく売れていないから逃げの販売延期なのが想像つく。

メーカーでさえきつきつなのに
こんなのでははっきりいって見通しは厳しいかな。

元偉い人だから周りが何も言ってくれないだろうけど
即廃業レベルだよ。

 

 

 

0 0 votes
↓ この機種の評価投票をお願いします



おすすめ人気記事

1

たまには前のりして夜のソウルにいってみようと、ミョンドン付近に安い寝床をとった。ソウル駅のベンチで夜を明かすよりは、ましくらいな程度でいいかな。といきなり飛行機が遅れ、ソウルへの移動がぎりぎりに。仁川空港から空港直通鉄道に43分乗ってソウル駅着

ゴミくずニート 収支 2

0 0 votes ↓ この機種の評価投票をお願いします     年々ホールの稼働、売り上げが低下している。にもかかわらず粗利は一定数抜いている。客の負担だけが、じわじわと上がって ...

3

楽園お得意の営業力で、相当インパクト強めに出さないと周辺客は奪えない。客を飛ばさないためには、グランド後もギリギリの経営で長期的に通常営業でもPIAがよりも出し目にしておいて徐々に客をつけるしかないけど…そこまでする必要あるのか。しないと思われる。リスクのほうが大きい

-コラム

0
コメントを書き込んでくださいx
()
x