コラム

0(:3 )~ 大一のCR哲也が思いっきり叩かれている!このままでは大一の未来が心配?

投稿日:




2017年クソ台大賞に内定か?

CR哲也が一般から相当叩かれている。
今年NO1レベルのクソ台との評価で総スカン状態。
新台需要が一巡したら即通路レベルだそうな。

実際10月上旬のパチンコ機は、これしかなかったので、
すぐに完売に至り、大一としては久しぶりのまとまった販売台数になっている。

調べると、F社がらみの商品をのぞいて、
大一の販売台数が1万台を超えたのは、
2015年末のバカボン以来のなんと2年ぶりだ。

その前が2014年末のCR哲也2で2万台を超えている。
他は、全部数千台程度のさびしい販売に終わっている。

他のメーカーの革新についていけず
往年よりも相対的に商品力が低下しているのは否めない。
数千台の販売しかないからこそ、そこまで作りこめないのかもしれない。

哲也3は、ホールの機械決裁者としては、
他に機械がないという理由でいれただけで、
競合機種が別にあれば、もっと台数はすくなかったはずだ。

そして、こんなに売れていなければ
普段通りにバラエティにひっそりと1~2台程度の売れ行きだったならば
これほどまで叩かれることはなかっただろう。

とにかく運が良いのか悪いのか、
悲惨な結末に向かっていくとみられる。

 

 

せいぜい頑張れ大一

CR哲也もCR哲也2も個人的によく打ち込んでいる。
過去にも書いたが、OKのウルトラバトル列伝というクソ台の導入で
よく通っているホールから、哲也が外されたときはとても残念だった。

 

そしてここまでCR哲也3が酷評だと、逆に怖いもの見たさに
週末にでも打ってみようかな・・・となりそうだが、

まあ普通にシンフォギア打つかな。

大一の機械自体は、昔からよく打つ。

直近だとTMレボリューションもかなり打ったし、
古くは、フルーツパッション、花のモグラ組、バカボン・・
良い思い出がたくさんだ。

息があったら今回の件を反省してがんばってほしい。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 




 

 




 



-コラム
-, , , , ,

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.