ぱちんこ業界ネタ・旧

どこにいったの助けてひーろーずーwww

どこにいったの助けてひーろーずーwww
0 0 votes
↓ 星をクリックで評価投票!

某知人よりのネタ振りがありまして
某社主幹の月刊ヒーローズについて触れてみてほしいとのこと。

業界の人くらいしか知らないと思うが、
既存の有名コンテンツが枯渇していく中で、

・パチンコ店とセブンイレブンのみの販路
・将来パチンコ、パチスロ化する版権を新しく生み出す雑誌
・パチンコ店で端玉で交換できる景品

ということで連載されているものがパチンコ化されるので親和性が高い。
パチンコファンに読んでもらうためのもの。

という触れ込みで始まり、これは素晴らしい企画だと・・
当初話題になったが、

いまやどこのパチンコ店にも置かれていなく
セブンイレブンにおいても、書籍だなの飾りである。

大手の漫画喫茶に多少おいてあるところはあるが
手に取られていることはない。

中身が根底的につまらないのだ。

作品の作者には一見ビッグネームが並んでいるように見えるが
「原案」とばかりで、要は名義貸しで中身はほかのアシスタントが
書いているんだろう程度の質が低いものばかり。

まさに読む価値もないのだ。

だが、本物の作者が書いているものも多少はあるようだ。
人気のあるウルトラマンやヒーローカンパニーがそうだ。

知人によると、いまではまともな作品が、
そのウルトラマンとヒーローカンパニーだけだということだ。

でもヒーローカンパニーもパチンコ化を意識し始めて
中身が変わりすぎて人気が落ち、もうつまらないということ。
編集者が作者に対して、よけいな口出しをしているのだろう。

ウルトラマンにしろそうだ。
連載2年で単行本3冊だけってバカですか?

週刊誌系なら2年もあれば単行本10~13冊はでているでしょう。

メインコンテンツとして展開していくなら
もっと書かせるべきなのに
こういう考えもないのでしょうね。

某社がバックにあるので、
ゆくゆくはアニメ化、実写映画化とか機械化とかしていくでしょうが
原作が3冊程度で世に出てくるのは、いったいいつですか?

そもそもTV放送は無料であり、
アニメもネットも当然無料(通信費除く)である。
スマホゲームも課金さえしなければ無料である。

いまや新しいコンテンツは無料でないと広まらない。

雑誌ごときに200円だろうが、なんで金ださんといかんのだ。

そんなわけで雑誌の売り上げはここだけでなくどこも下がっている。

だが、欲しいものだけ単行本で買う層はまだいるので
完全に死んではいない。
漫画雑誌は、そのコミックの売り上げで稼いでいるようなものらしい。

この有料雑誌で知名度のあるコンテンツを作り出し、
パチンコ化するという、このモデルがもはや根底的に時代とあっていない。
ここの会社の人たちは受け入れられていないことに気づかないのだろうか。

「ブラックジャックへよろしく」の単行本全13巻の
電子書籍が無料となりかなりの話題となった。

いまでも無料書籍ダウンロードの上位にいるくらいだ。
その結果、もともと有名な作者ではあったが
関連商品の売り上げがかなり上がり結果としてかなりのプラスだっという話。

「キングダム」も1~10巻の電子書籍を無料で公開した。
残りの11巻の以降の売り上げが飛躍的に上昇し、
「キングダム」を知らなかった層にも一気に知名度が広がったそうだ。

「進撃の巨人」「化物語」、TVの無料アニメから入って
コミック、小説等売れ行きが当然伸びている。

他のメーカーは、深夜アニメ主体で新規コンテンツを生み出そうとしている。
あたりまえだが無料だ。
F社もアニメ開発をやっているようだが、それだけにすればいいものを。

今の時代、本気で新規コンテンツを育てようとするならば

連載誌とそのコミック電子書籍すべてを無料で展開するくらいでないと
広がりようがない。

書店売りのコミックは、マニアが買うだろうから普通に紙で売ればいい。

ここは雑誌として儲けたいのか、パチンコ版権を作りたいのか
やることなすこと中途半端で何をやりたいのかわからない。

おそらく不評の責任を取って
中の担当者もころころやめて変わっているのではないのだろうか。

バックのF社より補填金が流れているだろうが
廃刊にならないよう、方向をしっかり見定めてほしいところだ。

いずれ唯一流行っているウルトラマンを
実写化かアニメ化して稼ごうとするだろうが
これで映画だったら終わりだろうね。

半沢直樹が、映画だったらここまでヒットしただろうか?
無料ドラマだったからこそ視聴率40%越えだと思いますよ。

映画の「永遠の0」なども興行成績はあるように見えて
後日のDVDレンタル入れても、視聴者はよくても数百万人程度でしょう。

・有料と無料
・TVと映画/レンタルの手間差

これらの差による、コンテンツの広がり格差は大きいものです。

ウルトラマンも映画ではなく、TVドラマで流行らせないと
映画だと子供向けの普通のウルトラマンと思われ
決して流行ることはないでしょう。

雑誌、コミックの売り上げメインの
普通の雑誌のビジネスモデルとして稼ぎたいのか

コンテンツを広めてパチンコ化して稼ぎたいのか
よくわからない中途半端なことやっているから
だれも見ないのだ。

パチンコ化したければ、一般へのすそ野をもっと広げ、
知名度をあげるために
雑誌も電子書籍もなんでもかんでも
すべて無料で公開したほうがいいのではないですかね。

これくらいしないとこういった試みはもう手遅れだよ。

よく考えよ


あなたのポチっ♪が業界を終わらせる

0 0 votes
↓ 星をクリックで評価投票!



おすすめ人気記事

1

たまには前のりして夜のソウルにいってみようと、ミョンドン付近に安い寝床をとった。ソウル駅のベンチで夜を明かすよりは、ましくらいな程度でいいかな。といきなり飛行機が遅れ、ソウルへの移動がぎりぎりに。仁川空港から空港直通鉄道に43分乗ってソウル駅着

ゴミくずニート 収支 2

0 0 votes ↓ 星をクリックで評価投票!     年々ホールの稼働、売り上げが低下している。にもかかわらず粗利は一定数抜いている。客の負担だけが、じわじわと上がっている状況 ...

3

楽園お得意の営業力で、相当インパクト強めに出さないと周辺客は奪えない。客を飛ばさないためには、グランド後もギリギリの経営で長期的に通常営業でもPIAがよりも出し目にしておいて徐々に客をつけるしかないけど…そこまでする必要あるのか。しないと思われる。リスクのほうが大きい

-ぱちんこ業界ネタ・旧

0
コメントを書き込んでくださいx
()
x