スロット関連記事

【佐賀】Lスロット ゾンビランドサガの事前評価「PVの気合はすごい感じたが、機歴の糞台だろ?」【更新1】

Lスロット ゾンビランドサガ
3 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

大都の新台 スマスロ・スロット 「Lスロット ゾンビランドサガ」 の評価、感想、最新情報、スペック、分析、レビューを紹介します。導入日2024年07月22日。

最終更新日:2024/06/16



機種概要・スペック

機種名Lスロット ゾンビランドサガ
メーカー大都 
導入日2024年07月22日
導入予定台数約5,000台
原作動画視聴Netflix , dアニメ , Prime Video 
スペック,解析,信頼度,保留,ボーダー,天井公式サイト , 信頼と実績の ちょんぼりすた , DMM を参照してください。
導入ホール、軒数P-WORLD 該当ページ を参照してください。
中古価格、業界人レビュー中古機ドットコム 該当ページ を参照してください。
版権詳細情報wiki該当ページ を参照してください。
Xでの評判X 該当機種ページ 


実践動画 PV

『スロット ゾンビランドサガ』PV

評価・感想・評判・新台

Lスロット ゾンビランドサガ


ファンの反応の分析解説;事前評価

概要

ゾンビランドサガの事前評価は、一言で言えば賛否両論である。ある者は期待に胸を膨らませ、他の者は過去の失望を引きずっている。このスロットは、大都技研の歴史的背景や評判、そして特にその版権の扱いに対する懸念が色濃く反映されている。劇場版製作費のためという一部の期待感はあるが、多くのユーザーはその出来栄えに対して疑念を抱いている。

佐賀県のホールに特別な配置があるという噂や、大都技研の過去の機種の問題点が多くの評価に影を落としている。特にリゼロ以外で成功した版権が無いという点が強調されている。このような複雑な感情が渦巻く中で、ゾンビランドサガのスロットがどのような評価を受けるのか、現時点では予測が難しい。

評価と意見

ポジティブな評価
劇場版製作費への寄与
劇場版製作費の足しになることを期待する声がある。これにより、スロットの収益が直接的に作品の継続に繋がるという希望が持たれている。

佐賀県ホールの特別仕様
佐賀県のホールに特別仕様の台が配置されるという噂があり、これが一部ファンの興味を引いている。

低設定でも安定した出玉
低設定でもしっかりとした出玉が見込める点が評価されている。これにより、通常のプレイでも満足感が得られる可能性がある。

フランシュシュの楽曲
フランシュシュがSHAKEや操の楽曲を歌う可能性が示唆されており、ファンにとって大きな魅力となっている。

ネガティブな評価
版権の扱いに不安
大都技研がその版権の特色を損なう恐れがあり、ファンはこれを懸念している。過去の失敗例がこの不安を増幅させている。

大都技研の評判の悪さ
大都技研の過去の評価が悪く、特にリゼロ以外で成功した例が少ない点が指摘されている。

機歴機種としての低評価
過去の機種の歴史が否定的に評価されており、これが新しい機種への期待を下げている。

過去の失敗例の影響
過去の大都技研の機種が酷評されたことが多く、これが新しいスロットへの不信感を生んでいる。特に「冴えカノ」や「番長4」などの例が挙げられている。

懸念事項
ユーザーの大半が大都技研に対して期待を抱いていないこと。過去の失敗例が多く、特にリゼロ以外の版権に対する成功例が少ないため、今回のゾンビランドサガに対しても期待が低い。

また、大都技研のオリジナルキャラクターとのコラボが不評であり、これが新しいスロットの評価に悪影響を及ぼす可能性がある。

佐賀県のホールに特別仕様の台が配置されるという噂があるが、これが実現するかどうかは不透明である。さらに、低設定でもしっかりとした出玉が見込める点は評価されているが、これが実際にどれほどの効果を持つかは未知数である。

詳細な意見

大都技研の過去の機種に対する不満が根強く、新しいゾンビランドサガのスロットに対する期待感は非常に低い。劇場版製作費への寄与というポジティブな面もあるが、過去の失敗例が多く、ユーザーは新しい機種に対して懐疑的である。特にリゼロ以外で成功した版権が無いという点が大きな問題となっている。

さらに、佐賀県のホールに特別仕様の台が配置されるという噂があるが、これが実現するかどうかは不明であり、ユーザーの期待感を高める要素とはなり得ていない。また、大都技研のオリジナルキャラクターとのコラボが不評であり、これが新しいスロットの評価に悪影響を及ぼす可能性がある。

低設定でもしっかりとした出玉が見込める点は評価されているが、これが実際にどれほどの効果を持つかは未知数である。

結論

ゾンビランドサガの事前評価は、全体的に否定的な意見が多い。大都技研の過去の評価が悪く、特にリゼロ以外で成功した版権が無い点が大きな問題となっている。劇場版製作費への寄与というポジティブな面もあるが、ユーザーは新しい機種に対して懐疑的である。

特に、大都技研のオリジナルキャラクターとのコラボが不評であり、これが新しいスロットの評価に悪影響を及ぼす可能性が高い。また、佐賀県のホールに特別仕様の台が配置されるという噂があるが、これが実現するかどうかは不明であり、ユーザーの期待感を高める要素とはなり得ていない。

低設定でもしっかりとした出玉が見込める点は評価されているが、これが実際にどれほどの効果を持つかは未知数である。総じて、ゾンビランドサガのスロットに対する期待感は低く、ユーザーの不満が大きく反映されていると言える。


1.大都技研のLゾンビランドサガ、期待と不安が交錯する新作スマスロ


 
夜の佐賀県、街灯が薄暗い光を放つ中、パチンコ太郎は新作スマスロ「Lゾンビランドサガ」の情報を手に入れた。大都技研がリリースするこの機種は、人気アニメ「ゾンビランドサガ」とのコラボ作品だ。ネット上の評判は様々で、期待と不安が入り混じっている。

 
「こんなものに負けるわけにはいかない!」パチンコ太郎はそう呟きながら、スマスロのPVを再生する。暗い部屋の中、モニターの光が彼の顔を照らし出す。

 
「特攻danceのシーンは絶対に熱いはずだ!」彼は自分に言い聞かせるように言ったが、その声にはどこか自信がなかった。過去の大都技研の機種が、期待を裏切ってきた記憶が蘇る。

 
一方で、「大都技研のスロットは、版権よりも自社のオリジナル色が強すぎる」との批判もあった。劇場版の製作費の足しになるなら、と期待する声もあるが、裏切られることを恐れる気持ちは拭えない。パチンコ太郎の心中にも、その不安が影を落としていた。

 
佐賀県のホールに導入される台は特別仕様の下パネルがあるとの噂も飛び交うが、真偽は不明だ。パチンコ太郎は、スマスロの新しい挑戦に対して一抹の不安を感じながらも、その手で実際に触れる日を心待ちにしていた。彼は、自分の中で燃え上がる期待と、それを打ち消す不安との狭間で揺れ動いていた。

 
パチンコ太郎は、再びネットの評判を読み漁る。そこには、愛するアニメ「ゾンビランドサガ」が、無残にもスロット化されることへの嘆きや怒りの声が溢れていた。「大都技研には何の期待もない」との声も多い。しかし、「特攻danceのシーンだけは期待している」との意見も少なからず見受けられた。

 
パチンコ太郎は、その言葉に一縷の望みを託しながらも、心のどこかで覚悟を決めていた。「また期待を裏切られるかもしれない。それでも、挑む価値はあるはずだ」と。彼は、スマスロ「Lゾンビランドサガ」に対して、自分なりの決意を固めていった。

 
深夜、彼は一人、佐賀県のホールの前に立ち尽くしていた。寒風が彼の頬を撫で、夜の静寂が周囲を包み込む。パチンコ太郎は、ホールの明かりが灯るのをじっと待ち続けた。新しい挑戦が、彼を待っている。

 

2.過去の失敗と新たな希望、パチンコ太郎の葛藤

 
過去に大都技研が手掛けた機種、「リゼロ」以外で成功した版権がないとされる評判が耳に入る。パチンコ太郎はその記憶を振り返りながら、次に訪れる成功への道筋を模索していた。

 
「リゼロは成功したけど、他の機種はどうだった?」彼の脳裏に浮かぶのは、期待を裏切られた多くの瞬間だ。劇場版の資金になるとしても、それが良作に繋がる保証はない。パチンコ太郎は、自分自身に問いかける。「今度こそ、期待してもいいのか?」

 
「ゾンビランドサガを選んだ理由はなんだろう?」彼はその疑問を抱えつつも、新作への一縷の望みをかけていた。パチンコ太郎の心の中では、期待と不安がせめぎ合っていた。

 
「あの特攻dance、絶唱RUSH…楽しそうだけど、本当に期待してもいいのか?」過去の失敗を繰り返さないことを願いながら、彼は自分の中で新たな挑戦に挑む決意を固めていた。

 
パチンコ太郎は、自分の中で繰り返される葛藤を整理し、次なる挑戦へと踏み出す準備を整えていった。彼の心には、不安と希望が交錯していた。新作スマスロ「Lゾンビランドサガ」が、彼にとって新たな希望となるのか、それとも再び失望をもたらすのか。

 
彼は、ネット上の意見に耳を傾けながら、自分の感情を見つめ直す。「大都技研、頼むからがっかりさせないでくれ」。その思いが、彼の心に強く刻まれていた。

 
夜が明け、パチンコ太郎は再びホールの前に立っていた。新しい日が始まり、彼の挑戦が幕を開ける。パチンコ太郎の心には、不安と期待が入り混じった感情が渦巻いていた。「今度こそ、勝利を掴んでみせる」。彼はそう決意し、ホールのドアを開けた。

 

3.パチンコ太郎、新たな試練に挑む

 
パチンコ太郎がホールに足を踏み入れると、そこには新作スマスロ「Lゾンビランドサガ」の台が並んでいた。まばゆい光が彼の目に飛び込み、鼓動が速くなるのを感じた。

 
「ここまで来たか…」彼は小さな声で呟くと、まるで戦場に立つ兵士のような覚悟で台の前に立った。周囲のざわめきが遠のき、彼の集中力が一点に絞られていく。

 
「今度こそ、勝利を掴んでみせる」彼はそう決意し、レバーを叩いた。演出が始まり、特攻danceのシーンが画面に映し出される。彼の心臓は高鳴り、手に汗が滲む。「これが本物か…?」パチンコ太郎は自問自答しながら、その瞬間を迎えた。

 
だが、現実は甘くなかった。結果は期待外れの一言に尽きた。パチンコ太郎は、静かにその場を立ち去りながら心の中でこう呟いた。「大都技研、次こそは頼む…」

パチンコ太郎は、自分の中で芽生えた希望が打ち砕かれるのを感じながら、次なる挑戦へと向かっていた。彼の心には、新たな決意が生まれていた。「また挑むんだ。これが俺の生き方だ」と。

パチンコ太郎は、暗い夜道を一人歩いていた。彼の心には、次なる挑戦への希望と不安が入り混じっていた。「俺は負けない」。彼はそう決意し、夜の闇に消えていった。

新たな挑戦が、彼を待っている。パチンコ太郎の戦いは、まだ終わっていないのだ。


意見・反応・レビューの抽出


※従来のスレッド型の簡易表示版、元データは姉妹サイトで展開しています。
こちらから https://casinosokuho.com/archives/zonbirandsaga_ca.html 


参照はyoutubeほか


分析・解析・レビュー

hakase

下記に出力します。


識者によるレビュー

ホルストローマン
大都は番長、吉宗などオリジナルものはろくな新規オリジナル版権を出せずにずっとシリーズを繰り返しているような現状。リゼロのヒットでアニメ版権にうまみを感じたのか、少しづつそっち方向にも手を出している。

だが、やはり方向性が間違っているように見える。なんで今更ゾンビランドサガ?出すのが遅すぎな感じ。開発期間の数年のブランクがあるとはいえ、やるならもっと旬に近いものを持ってきてくれないと。

ゾンビだと、冴えカノ同様に機歴要員としての反応しかない。

アラブ

大都は上場もしていないし、金はたっぷりあるのだから、リゼロの後釜を狙える良い版権の取得を目指してもらいたい。

rehjrs

さっと、直近の年間ランキングを見ると…、

フリーレンとかは全メーカーが狙いたいところ。薬屋は向いてない。呪術廻戦は鉄板でパチ化。マッシュルは無理。無職転生と推しの子はもう手を付けているだろう。SPYファミリーは欲しいだろうけど、連載中だろうしきついかね。陰の実力者になりたくてはもう作ってるだろう。

大都は札束はたいて上位の版権とってほしいね。パチのリゼロの出来を見ると期待できる。


版権についての深堀り

Q.ゾンビランドサガとはどのようなものか?

A.『ゾンビランドサガ』は、佐賀県を舞台にしたゾンビ・アイドルアニメである。主人公の源さくらは、普通の女子高校生からゾンビへと転生し、過去のアイドルたちと共にアイドル活動をすることになる。しかし、この物語は全くの理不尽と絶望に満ちている。

物語の始まりは、さくらがアイドルオーディションを受けようと意気揚々と家を出た瞬間、トラックに轢かれて命を落とすところから始まる。この突拍子もない展開は、一見してブラックコメディを装っているが、実際には残酷な運命の連続である。彼女はゾンビとして蘇生し、過去のアイドルたちと共に活動を強制されるが、その過程はただの不条理劇に過ぎない。

さくらは、ゾンビとしての新たな生活に適応しなければならず、他のゾンビアイドルたちと共に「フランシュシュ」というグループを結成する。しかし、彼女たちのパフォーマンスは、デスメタルのような過激なライブや、不安定な状況でのパフォーマンスが多く、一般のアイドル活動とは程遠いものである。これがいかに滑稽であるかというと、まさに「死んでからの人生」の方が厳しいという皮肉に満ちている。

また、さくら自身のキャラクターも哀れである。生前は運に見放され、ゾンビになってからも不運に見舞われる。その中で、自分の夢を叶えようとする姿は悲壮感を漂わせるばかりだ。さらに、彼女が唯一頼りにするプロデューサー巽の理屈にもならない言葉には、ほとんど救いがなく、ただ混乱と不安を煽るだけである。

この物語は、ゾンビであるアイドルたちが佐賀の地で奮闘するという設定を持ちながらも、その実態は希望も救いもない無情な世界を描いているに過ぎない。全ての展開が、視聴者の期待を裏切る形で進むこのアニメは、見ている者に終始冷笑を誘うものである。


Q.ゾンビランドサガはなぜ佐賀県が舞台なのか。制作者と関係があるのか?

A.『ゾンビランドサガ』が佐賀県を舞台にしている理由は、表向きは地域活性化と観光誘致を目的としたものだ。しかし、この設定はまるで「ゾンビ」と「佐賀」の両方を皮肉るための絶妙な舞台装置に過ぎない。

物語の主人公である源さくらから見れば、佐賀という場所の選定には疑問しか残らない。そもそも、彼女自身がゾンビとして復活し、過去のアイドルたちと共に活動するという設定自体が現実離れしており、佐賀県を舞台にする理由があまりにも無理矢理だ。佐賀県は、日本の地方都市としてよくある風景が広がっており、特段の特徴がない。そんな場所でゾンビアイドルが活躍するというのは、制作側の都合としか思えない。

実際に、佐賀県の政策部広報広聴課と原作の「広報広聴課ゾンビ係」は、単なる文字遊びに過ぎない。このような舞台設定が地域の魅力を引き出すどころか、むしろ県の存在感を風前の灯火のように感じさせるだけである。

さらに、佐賀県とのコラボイベントやPR活動も、結局は一過性の話題作りに過ぎない。佐賀インターナショナルバルーンフェスタや地元の祭りに『ゾンビランドサガ』が登場することで一時的に注目を集めたとしても、長期的な効果には疑問が残る。こうした一時的なプロモーション活動が、果たして佐賀県に本当に利益をもたらすのかは極めて疑わしい。

さくらの目から見れば、このアニメはただの「不運の連続」と「無理矢理な舞台設定」による壮大な茶番劇に他ならないのだ。


Q.では、「ゾンビランドサガ」のネーミングは、「ヴィンランド・サガ」のパクリなのか?

A.『ゾンビランドサガ』のネーミングが『ヴィンランド・サガ』のパクリかという疑念は、一見もっともらしいが、実際には全くの誤解である。この二つの作品は名前が似ているだけで、内容も目的も全く異なる。『ヴィンランド・サガ』は中世ヨーロッパのヴァイキングたちの壮大な冒険を描いた歴史物語であり、タイトルの「サガ」は古ノルド語で「物語」を意味する。

一方、『ゾンビランドサガ』は佐賀県を舞台にしたゾンビとアイドルを融合させたブラックコメディだ。この作品の「サガ」は日本の佐賀県を指しており、タイトルはゾンビの少女たちが佐賀県を救うためにアイドル活動を行うことを示している。したがって、名前の類似は単なる偶然に過ぎず、両作品の間にパクリの意図は存在しない。

また、『ゾンビランドサガ』の制作陣は「ヴィンランド・サガ」の原作者である幸村誠氏に敬意を表しており、両作品のファン層が重なることを利用して互いにプロモーションを行うこともある。このような交流があるにもかかわらず、パクリと断定するのは早計であり、不公平である。

結局、『ゾンビランドサガ』のネーミングは地域活性化と独自のアイディアに基づいたものであり、他作品からの盗用とは無縁である。名前の偶然の一致を過度に強調するのは、両作品の個性と創造性を無視することになるだろう。

Q.では、「ゾンビランドサガ」のように、語呂もよく、地名をもじったアニメのタイトルを5つ創造してください。

A.以下は、指定された地域を基にアグレッシブに創造したアニメのタイトルです。

1. 「デッドエンド下谷」:下谷を舞台に、日雇い労働者たちが過酷な現実と向き合うサバイバルドラマ。絶望的な環境で生き延びるための闘いを描く。

2. 「ナイトメア鶯谷」:鶯谷を舞台に、風俗街で繰り広げられる闇と欲望の物語。人々の欲望が交錯する夜の街で、生と死の狭間を生きる者たちのドラマ。

3. 「エコーズ千束」:千束の吉原を舞台に、伝統と現代が交錯する歓楽街でのサスペンス。吉原の歴史と現代の風俗産業の裏側を暴く物語。

4. 「MADシティ旭川」:旭川を舞台に、狂気と混沌が支配する都市のディストピアを描くアクションスリラー。秩序が崩壊した街で、自由と生存を求める戦い。

5. 「バイオレンス北九州」:北九州を舞台に、暴力と犯罪が渦巻く裏社会の抗争を描く。ギャングたちの血みどろの戦いが繰り広げられる。

6. 「エンド・オブ・デイズ西成区」:西成区を舞台に、終末の世紀末感漂う絶望の街で生き延びる者たちの物語。人間の本性が剥き出しになる極限状況でのサバイバル。

各タイトルは、それぞれの地域の特色を反映し、緊張感とアグレッシブさを強調しています。


各種機種評価サマリー

業界関係者の事前評価

chatgpt

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


業界関係者の導入後評価

パチンコ太郎

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


参考作成画像集


原画から。一応2期まで5倍速で視聴済み。


ぼかし入れないとダメだ。グーグル様に怒られるやつ。つかえない


歌のシーンに原画変える。


ちがう。無駄に可愛いゾンビと指定したのを「可愛い」だけに反応している。


原画チェンジ


ダメだ。全然ダメだ


お口直しにもとに戻すと使えない。モザイクかけないとダメ。画質はいいのだが。


いい写真なんだがな。


困ったときのプロデューサー原画


まあそのままだね。とりあえずしょうがない。


コメント欄へ( 意見、口コミ )

コメント欄へ移動

過去記事&コメント欄へ



※ページごとに過去日付の評価記事になっています。
↓【押下】下記星をクリックして評価投票をお願いいたします。

コメント欄へ移動


3 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

■最新投稿記事

Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガー

‎パチンコ関連記事

【昇天】Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガーの評価「覚醒引けたらクルッと手のひら返ししたわ。人がバカになるわこれw 」【更新5】

2024/7/14

享楽はもう終わりとまで言われてたのにここまで持ち直すってマジであの仏壇呪われてたんじゃねーの

P/e 花の慶次~傾奇一転

‎パチンコ関連記事

【糞台御免】P/e 花の慶次 傾奇一転の評価「カブキアゲがそこら中で聞こえてくるのノイローゼになる」【更新4】

2024/7/14

ハイハイハイビスカスと歌舞伎揚げを考えた人はたぶん同じだと思うけど、この人のセンスヤバすぎだからどーにかしないとニューギン倒産する

P貞子 パチンコ

‎パチンコ関連記事

【悪意】P貞子 パチンコの評価「全然回らなくて草。メーカーの回させる気持ちを台無しにする店」【更新3】

2024/7/14

風車上マイナスにされるだけで終わりだよ。ちなみにボーダーに全然届いてません。マイナス10~15くらい? まさか高尾の貞子のが良いと思える日が来るなんてな。


L戦姫絶唱シンフォギア スマスロ 正義の歌

スロット関連記事

【諦めた】L戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌 スマスロの評価「とりあえずこのゴミ作った開発チームはもう何も作るな」【更新4】

2024/7/14

もう後はネタにするしか使い道の無いゴミなんだから、最速で最短で一直線に撤去しろや、何だこの超糞台は。サンキョーの開発って無能と優秀チーム両極端すぎるよな

L スマスロ真北斗無双

スロット関連記事

【崩壊】Lスマスロ真北斗無双の評価「やべえなこれ。スロット開発レベルなぜここまで下がってるんだ?」【更新4】

2024/7/14

これを面白いと感じる依存症がいるならまだまだ安泰だな。Lカバネリチラつかせて無理矢理買わせたらしいじゃんコレ。店長泣いてたぞ。

Lアカメが斬る!2 スマスロ

スロット関連記事

【ゴミ開発者集合】Lアカメが斬る!2 スロットの評価「マジ台の中で何やってるかワケわからん。演出作った奴らバカだろw」【更新4】

2024/7/14

令和に出た台とは思えん。ある意味凄い台や。前作に失礼なぐらいの糞。エヴァゴッドより下の産業廃棄物。これを好きになる人がこの世にいるのか?って思ってしまうほどにやばい雰囲気を感じた…


その他(パチンコ業界関連記事)

【消滅】パチンコってもうダメだね。パチ屋の復活はもうない。客の金が持たない

2024/7/14

こないだの7月7日は若い奴いっぱい居たな。そういう時だけは来るのか。最近のガキはパチもスロもスマホ見ながらだるそうに打ってるけどそんなにつまんないならやめたらいいのに。馬鹿かよ

その他(パチンコ業界関連記事)

【愉悦】パチンコ業界が恒例の業況悪化の悲鳴を上げる。ほくそ笑む一般人

2024/7/12

当たり前だ。パチンコなんかする奴は狂ってると思う。チョイ勝ちか大負けするかになったから行かなくなったな。負のスパイラルに完全に嵌ってるからもう無理だろ

その他(パチンコ業界関連記事)

【イメージダウン】マルハンの道後温泉老舗旅館買収に一般人が眉をひそめる

2024/7/12

道後温泉お気に入りの場所なのに。ホテルのロビーに入るといらっしゃいませーいらっしゃいませーのマイクパフォーマンスが始まるのか


-スロット関連記事
-,

0
評価コメントを書き込んでくださいx