スロット関連記事

【萌え化】L賞金首Angel スマスロの事前評価「そうじゃねぇだろうが賞金首はよぉ!!ビリーを返してくれ(´;ω;`)」【更新1】

Lスマスロ賞金首Angel
3 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

ネットの新台 スマスロ・スロット 「L賞金首Angel」 の評価、感想、最新情報、スペック、分析、レビューを紹介します。導入日2024年07月22日。

最終更新日:2024/06/19



機種概要・スペック

機種名L賞金首Angel
メーカーネット 
導入日2024年07月22日
導入予定台数約3,000台
原作動画視聴Netflix , dアニメ , Prime Video 
スペック,解析,信頼度,保留,ボーダー,天井公式サイト , 信頼と実績の ちょんぼりすた , DMM を参照してください。
導入ホール、軒数P-WORLD 該当ページ を参照してください。
中古価格、業界人レビュー中古機ドットコム 該当ページ を参照してください。
版権詳細情報wiki該当ページ を参照してください。
Xでの評判X 該当機種ページ 


実践動画 PV

スマスロ 賞金首Angel - ネット株式会社【PV】

賞金首2 PV - ネット株式会社 【公式動画】

評価・感想・評判・新台

L賞金首Angel


ファンの反応の分析解説;事前評価

概要

ネットという会社が、かつての名作「賞金首」を新たな萌え系スロット台としてリリースすることについて、多くのユーザーが様々な意見を述べている。

懐古主義的な意見が多く、特に4号機時代のネットの栄光を懐かしむ声が目立つ。一方で、萌え系に対する抵抗感や、現代のネットの方向性に対する不満も多く聞かれる。

全体的に、ユーザーの期待感と失望が交錯し、ネットの新たな試みに対する評価は厳しいものとなっている。

評価と意見

ポジティブな評価
・キャラクターデザインが優れている:十字架シリーズ同様、魅力的なキャラデザインが評価されている。
・萌え系スロット台としての完成度:萌え系としての完成度が高いとの意見もあり、特定の層には支持される可能性がある。
・懐かしさを感じる演出:4号機時代を彷彿とさせる演出が、一部ユーザーにとっては懐かしさを感じさせる。
・技術介入の期待:技術介入系のスロット台として期待されている部分もある。

ネガティブな評価
・過去の栄光に比べると失望:4号機時代のネットの作品に比べると、現代のネットの作品には失望感が強い。
・萌え系への抵抗感:多くのユーザーが萌え系スロット台に対して抵抗を感じており、特に男性ユーザーの間で強い。
・スペックの問題:スペックが期待外れであるとの声が多く、実際にプレイする価値が低いと感じるユーザーが多い。
・過去作のリメイクへの期待外れ:過去の名作のリメイクを期待していたユーザーが多く、今回の萌え系スロット台には失望している。

懸念事項

・ネットの今後の方向性:萌え系スロット台ばかりに注力するネットの今後の方向性に対する懸念が多い。
・他の名作のリメイク:他の名作(例えばブラックジャックや十字架)をリメイクする際の方向性にも不安が広がっている。
・ユーザー離れ:今回のリリースが失敗に終われば、ネットのファンが離れてしまう可能性がある。
・業界全体への影響:ネットの動向が業界全体に与える影響も無視できない。

詳細な意見

ネットの新たな試みは、一部ユーザーにとっては歓迎されるかもしれないが、総じて多くのユーザーは失望している。特に、4号機時代の名作を懐かしむユーザーにとって、今回の萌え系スロット台は期待外れであり、その結果としてネットに対する信頼が揺らいでいる。

ユーザーは、過去の栄光を再現することを期待しており、ネットがその期待に応えられない場合、業界全体への悪影響も懸念される。さらに、萌え系スロット台が増えることで、スロット業界全体の方向性にも疑問が生じている。

結論

ネットの新たな「賞金首」萌え系スロット台は、一部のユーザーにとっては歓迎されるかもしれないが、全体としては多くのユーザーにとって失望である。

特に、4号機時代の栄光を知るユーザーにとっては、その期待に応えられないことが大きな問題であり、ネットの今後の方向性にも懸念が広がっている。萌え系スロット台が市場に受け入れられるかどうかは未知数であり、その成功に関しても疑問が残る。

ネットが再びユーザーの信頼を取り戻すためには、過去の名作を再現するような作品作りが求められている。今後のネットの動向に注目が集まる中、業界全体への影響も見逃せないだろう。


1.哀愁のパチンコ太郎、L賞金首Angelに賭ける


 パチンコ太郎はその日も新宿の喧騒の中、ひとり静かにホールを訪れた。L賞金首Angelの事前評価を見た彼の目には、かつての輝きを失った哀愁が漂っていた。ネットというメーカーがこの新台を発表するなんて、かつての栄光を取り戻すつもりなのか、と考え込んでいた。

 ホールに入ると、どこかしら懐かしい雰囲気が漂っていた。昔の名機たちが並ぶ一角に目をやりながら、パチンコ太郎は自分の居場所を探すように歩き回った。ネットの新台L賞金首Angelの評判は芳しくなかったが、それでも期待する気持ちを抑えきれなかった。

 「ネットってまだスロ台作ってたんだ、潰れたメーカーだと思ってた」そんな冷たい言葉がネット上で飛び交う中、パチンコ太郎はあえて挑む決意を固めた。「賞金首をこんなお色気台で出すくらいなら、いっそビキニパイでいいんですよね」彼は心の中で苦笑した。

 座席に腰を下ろし、パネルを見つめると、どこか懐かしいがどこか違うキャラクターたちが彼の目に飛び込んできた。かつてのビリーはいない。萌えキャラに変わった新しい賞金首が彼を迎えた。パチンコ太郎は、「これじゃない感」が強く漂うその台に、何とも言えない気持ちを抱きながらレバーを叩いた。

 最初の回転が始まり、画面が派手に動き出す。デカダンのキャラデザも悪くないが、これが賞金首だと認識するには無理があった。「4号機の頃のネットに戻ってくれ」そんな嘆きが彼の胸を刺す。しかし、懐かしさと新しさの狭間で、彼はこの台に賭けることを決めた。

2.消えゆく過去の栄光、揺れるパチンコ太郎の心

 パチンコ太郎は次第にL賞金首Angelの新しいゲーム性に引き込まれていった。だが、心の片隅では、かつての名機の思い出が彼を縛り続けていた。

 彼の耳には、過去の栄光が囁く。「十字架もスマスロ待ってます」「ネットのえちえちな台は養分になっても打つと決めておる」そんな声が次々と頭を過ぎる。だが、現実は厳しく、目の前の台は期待を裏切り続けた。

 「デカパイのデカダンか」パチンコ太郎は苦笑しながらつぶやいた。画面に映るキャラクターたちが彼の心を揺さぶるが、その揺れは決して心地よいものではなかった。「賞金首をこんなお色気台で出すくらいなら、普通にドリスタ作って!」そう叫びたい気持ちを抑えながら、彼はレバーを叩き続けた。

 画面に映る華やかな演出と、プレイヤーを魅了するキャラクターたち。しかし、そこにあるのは過去の栄光を取り戻そうとする必死な試みだった。「俺の股間が賞金首になっちまう……!!」そんな冗談混じりの声も、彼にはただの皮肉に聞こえた。

 時折訪れるビッグウィンの瞬間に、彼は一瞬の喜びを感じた。しかし、その喜びも長続きはしなかった。次第に、彼の心は冷え切っていった。「萌台なったんか」そんな言葉が彼の胸に突き刺さる。L賞金首Angelが彼にとってただの通過点でしかないことを痛感する。

3.無情な現実、パチンコ太郎の行く末

 パチンコ太郎はL賞金首Angelに対して、一抹の期待を抱き続けたが、現実は無情だった。新台の派手な演出も、心の中に空いた穴を埋めることはなかった。

 「この会社こういうの好きだね笑」ネット上で見かけたこの意見が彼の脳裏に焼き付いた。まるで嘲笑うかのように、彼の心に響いた。ホールを訪れる度に、新しい台に期待を寄せては裏切られる。そんな繰り返しが彼の心を疲弊させていた。

 「技術介入台なのこれ」パチンコ太郎は画面に映る技術介入演出に目を細めた。彼の心は過去の名機たちを求め続けたが、目の前の現実は冷酷だった。「4号機の頃のネットに戻ってくれ」そう願っても、戻ることはできない。

 ホールを後にする際、彼はふと立ち止まり、ホールの入口に目をやった。そこには新しいポスターが貼られていた。「これがL賞金首Angelの未来か…」彼は呟いた。

 パチンコ太郎は再びホールを訪れる日が来るのか、それともこのまま過去の栄光に縋り続けるのか。その答えは誰にも分からない。しかし、彼の心には安倍晋三元首相の名言が響いていた。「具体的な政策なくして、そのスローガンを現実のものとすることはできない。具体的な政策を提案し、実行し、そして結果を出していく決意だ」

 この言葉を胸に、パチンコ太郎は再び歩み始めた。だが、その行く末には、果てしない不安と不確実な未来が待ち受けていた。


意見・反応・レビューの抽出


※従来スレッド型の簡易表示版、元データは姉妹サイトで展開しています。
こちらから https://casinosokuho.com/archives/syoukinkubi_ca.html 


参照はyoutubeほか


分析・解析・レビュー

hakase

下記に出力します。


識者によるレビュー

ホルストローマン
前作はどんなものだったのだろうと、PVみてみたら7年前のやつが前作なのかな?おっさんが主人公の銃の役物があるのだろうか。

今作の萌化は昨今の流れからはしょうがない。前作のおっさん版では売れるわけがなく、萌えなら多少オタ需要があるからバラエティに差し込める。

アラブ

大した看板商品のない中小メーカーの苦しい台所事情。ネットももはやいらないメーカー化に近づいてきている。大手に抱き合わせ含めて機械予算をぶんどられると中小メーカーの機械を買うまで予算が降りてこない。ネットなんて付き合いでも買わなくても平気。


版権についての深堀り

Q.ネットのスロット 4号機の賞金首とはどのようなものか?

A.ネットのスロット、4号機の「賞金首」は、かつての栄光を背負った機種であるが、その実態はまるで偽りの黄金時代の亡霊のようだ。2003年に登場したこの機種は、当時のスロット業界を揺るがした。しかし、その背後には、純粋なギャンブル中毒者たちを狙い撃ちにする冷酷な戦略が隠されていた。

「賞金首」とは、パチスロファンたちが夢見る大当たりのシンボルであり、無謀な期待と絶望を繰り返す装置である。ネット社が手がけたこの機種は、一見華やかで魅力的な演出でプレイヤーを引き寄せるが、その実、勝利のチャンスは限りなく低い。まるで砂漠の蜃気楼を追い求めるように、プレイヤーは無駄な投資を繰り返し、財布は空になるばかりだ。

そして、4号機時代の終焉とともに、「賞金首」もまた過去の遺物となった。現代のスロット機は規制が厳しくなり、かつてのような過激なギャンブル性は影を潜めた。だが、その影響は今もなお残り、スロット業界全体に冷たい風を吹かせている。過去の栄光にすがることなく、真に楽しめる健全な遊技へと進化するべき時が来ているのだ。

「賞金首」は、かつての輝きを持つことは二度とないだろう。ギャンブル依存症を助長し、無数の犠牲者を生み出した機種として、その名は永遠に汚される運命にある。。


Q.ネットのスマスロ L賞金首Angel とはどのようなものか?

A.ネットのスマスロ「L賞金首Angel」とは、一見華やかな新時代のパチスロ機だが、その実態はまるで砂上の楼閣に過ぎない。この機種は2024年7月に導入される予定で、カチャバンシステムという新機能を搭載し、プレイヤーに一瞬の夢を見せる。しかし、この夢はすぐに悪夢へと変わるのだ。

まず、「賞金首Angel」は、過去の「賞金首」シリーズの栄光を再現しようとしているが、その試みは徒労に終わる可能性が高い。新たに追加されたヒロインキャラクターは、プレイヤーの目を引くための表面的な変更に過ぎず、本質的なゲームプレイに革新性は見られない。デカダン&弾丸ベル、そしてカチャバンシステムのような新機能も、結局はプレイヤーからさらなる金銭を引き出すための罠に過ぎない。

特に、約75%のループ率を謳う「賞TIME」は、一見高い期待感を煽るが、その実態はプレイヤーに無駄な希望を抱かせるだけのものである。短期的な興奮に惑わされて続けると、気づけば財布は空っぽ、時間は無駄に消費される。これはギャンブル依存症を助長する危険性が高く、健全な遊戯とは程遠い。

総じて、「L賞金首Angel」は過去の栄光にすがりつく無残な試みであり、プレイヤーを欺くための美しい仮面を被った亡霊である。真に楽しめるスロット機が求められる今、その期待を裏切るこの機種の登場は残念でならない。


Q.ネットは何でもかんでも萌化する、萌え戦略を取っているようだがある意味正しく、ある意味策がないとも言える。ネットに生あたたたかいアドバイスを送ってくれ。

A.ネットの萌え戦略について、冷徹かつ皮肉たっぷりにアドバイスを贈るなら、次のように述べるべきだろう。ネットよ、何でもかんでもキャラクターを萌え化すれば成功すると思っているのか?この戦略は一見、短期的な成功を収めているかもしれないが、その根底には深刻な問題が潜んでいる。

萌えキャラクターの導入は、一時的には注目を集め、話題を呼ぶ。しかし、これが長期的な成功を保証するものではない。萌えキャラは見た目の魅力でプレイヤーを引きつけるが、その魅力が薄れるのは時間の問題だ。実際、プレイヤーは単なる可愛いキャラクター以上のものを求めている。深みのあるストーリーや、戦略的なゲームプレイがなければ、すぐに飽きられてしまう。

さらに、萌え化の安易な多用はブランドの信頼性を損なう危険性がある。かつて硬派なゲームを提供していた企業が、急に方向転換して萌えキャラクターを前面に押し出すと、既存のファンからは「どうしてしまったんだ?」という不信感を抱かれるだけでなく、新規のファンも長続きしない。システムソフト・アルファーの『大戦略』が萌え化された時も、多くの批判が寄せられたのは記憶に新しい。

ネットよ、次に求められるのは、表面的な変更ではなく、真にプレイヤーを魅了する内容の充実だ。ゲームの中身を磨き、プレイヤーが繰り返し楽しめる体験を提供すること。それが長期的な成功への鍵であることを肝に銘じてほしい。


各種機種評価サマリー

業界関係者の事前評価

chatgpt

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


業界関係者の導入後評価

パチンコ太郎

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


参考作成画像集


原画読み込み。サムネイルのキャラをね


ばったもんくせー


戦場送りにするがいまいち


いいのが出てこないね


ダメだ。


どんどん遠ざかる


もういいかな。広がりはない


素材の情報が少なすぎたか。おわり


コメント欄へ( 意見、口コミ )

コメント欄へ移動

過去記事&コメント欄へ



※ページごとに過去日付の評価記事になっています。
↓【押下】下記星をクリックして評価投票をお願いいたします。

コメント欄へ移動


3 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

■最新投稿記事

Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガー

‎パチンコ関連記事

【昇天】Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガーの評価「覚醒引けたらクルッと手のひら返ししたわ。人がバカになるわこれw 」【更新5】

2024/7/14

享楽はもう終わりとまで言われてたのにここまで持ち直すってマジであの仏壇呪われてたんじゃねーの

P/e 花の慶次~傾奇一転

‎パチンコ関連記事

【糞台御免】P/e 花の慶次 傾奇一転の評価「カブキアゲがそこら中で聞こえてくるのノイローゼになる」【更新4】

2024/7/14

ハイハイハイビスカスと歌舞伎揚げを考えた人はたぶん同じだと思うけど、この人のセンスヤバすぎだからどーにかしないとニューギン倒産する

P貞子 パチンコ

‎パチンコ関連記事

【悪意】P貞子 パチンコの評価「全然回らなくて草。メーカーの回させる気持ちを台無しにする店」【更新3】

2024/7/14

風車上マイナスにされるだけで終わりだよ。ちなみにボーダーに全然届いてません。マイナス10~15くらい? まさか高尾の貞子のが良いと思える日が来るなんてな。


L戦姫絶唱シンフォギア スマスロ 正義の歌

スロット関連記事

【諦めた】L戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌 スマスロの評価「とりあえずこのゴミ作った開発チームはもう何も作るな」【更新4】

2024/7/14

もう後はネタにするしか使い道の無いゴミなんだから、最速で最短で一直線に撤去しろや、何だこの超糞台は。サンキョーの開発って無能と優秀チーム両極端すぎるよな

L スマスロ真北斗無双

スロット関連記事

【崩壊】Lスマスロ真北斗無双の評価「やべえなこれ。スロット開発レベルなぜここまで下がってるんだ?」【更新4】

2024/7/14

これを面白いと感じる依存症がいるならまだまだ安泰だな。Lカバネリチラつかせて無理矢理買わせたらしいじゃんコレ。店長泣いてたぞ。

Lアカメが斬る!2 スマスロ

スロット関連記事

【ゴミ開発者集合】Lアカメが斬る!2 スロットの評価「マジ台の中で何やってるかワケわからん。演出作った奴らバカだろw」【更新4】

2024/7/14

令和に出た台とは思えん。ある意味凄い台や。前作に失礼なぐらいの糞。エヴァゴッドより下の産業廃棄物。これを好きになる人がこの世にいるのか?って思ってしまうほどにやばい雰囲気を感じた…


その他(パチンコ業界関連記事)

【消滅】パチンコってもうダメだね。パチ屋の復活はもうない。客の金が持たない

2024/7/14

こないだの7月7日は若い奴いっぱい居たな。そういう時だけは来るのか。最近のガキはパチもスロもスマホ見ながらだるそうに打ってるけどそんなにつまんないならやめたらいいのに。馬鹿かよ

その他(パチンコ業界関連記事)

【愉悦】パチンコ業界が恒例の業況悪化の悲鳴を上げる。ほくそ笑む一般人

2024/7/12

当たり前だ。パチンコなんかする奴は狂ってると思う。チョイ勝ちか大負けするかになったから行かなくなったな。負のスパイラルに完全に嵌ってるからもう無理だろ

その他(パチンコ業界関連記事)

【イメージダウン】マルハンの道後温泉老舗旅館買収に一般人が眉をひそめる

2024/7/12

道後温泉お気に入りの場所なのに。ホテルのロビーに入るといらっしゃいませーいらっしゃいませーのマイクパフォーマンスが始まるのか


-スロット関連記事
-,

0
評価コメントを書き込んでくださいx