‎パチンコ関連記事

【欠陥品】P貞子 パチンコの事前評価「回らない恐怖。こんなの店が使えるわけがない」【更新1】

P貞子 パチンコ
3 1 vote
↓ 星をクリックで評価投票!

P貞子」 パチンコ の評価、感想、評判、反応、新台、機種情報、スペック、分析・レビューを紹介します。メーカー名 藤商事。導入日2024年07月08日。

最終更新日:2024/05/30



機種概要・スペック

機種名P貞子
メーカー藤商事 
導入日2024年07月08日
導入予定台数約3,000台
原作動画視聴Netflix , dアニメ , Prime Video 
スペック,解析,信頼度,保留,ボーダー,天井公式サイト , 信頼と実績の ちょんぼりすた , DMM を参照してください。
導入ホール、軒数P-WORLD 該当ページ を参照してください。
中古価格、業界人レビュー中古機ドットコム 該当ページ を参照してください。
版権詳細情報wiki該当ページ を参照してください。
Xでの評判X 該当機種ページ 


実践動画 PV

【新台】P貞子はヘソデカく役物ありのLT機?パチンコ実践

【パチンコ | 本編PV】P貞子《藤商事公式》

評価・感想・評判・新台

P貞子

識者によるファンの反応の分析解説;事前評価

アラブ

概要

藤商事の新台に対するユーザーの意見を総括すると、圧倒的な不安と皮肉が交錯するコメントが目立つ。特に、店側の釘調整に対する不信感が強く、回らない台に対する絶望感が充満している。

評価と意見

ポジティブな評価
・挑戦的な試み
藤商事は他社がやらない新しい試みに積極的だ。この姿勢は評価に値する。

・高スペック
スペック自体は高く、一撃の破壊力が期待できる。これが魅力として挙げられる。

・特異な演出
演出が独特で、藤商事ならではの斬新さが感じられる。

・大当たりのインパクト
大当たりの際の演出や音楽が派手で、強い印象を与える。

ネガティブな評価
・釘調整への不信感
店側が釘を絞って回らなくするとの懸念が強い。これによりゲームの楽しさが損なわれる。

・実際の回転率の低さ
試打段階で既に回らないという報告が多数あり、実機でも同様の問題が予想される。

・恐怖演出の不十分さ
貞子というホラー要素を持ちながら、演出が怖くないという批判が多い。

・音と光の過剰演出
音と光が過剰で耳や目に優しくないとの声が多く、ユーザーの快適性が損なわれている。

懸念事項
ユーザーは、藤商事の新台が結局ホール側の調整次第で期待外れに終わることを懸念している。また、ホラーとしての恐怖感が十分に伝わらない点や、音量調整が適切に行われていないことが問題視されている。

詳細な意見

まず、藤商事の新台に対する期待と失望が交錯する中で、最も多く見られるのが「店側の釘調整」に対する不信感だ。どれだけヘソを広げても、結局は風車や道釘の調整で回らなくなるという声が圧倒的だ。この調整次第で、せっかくの高スペックも台無しになり、ユーザーの期待が裏切られる。

次に、試打段階で既に回らないという報告が多く上がっている。これでは実際にホールに設置された時にはさらに回らないのではないかと不安が広がる。また、貞子というホラー要素を前面に出しながらも、演出が怖くないという指摘が多い。ホラーとしての魅力が欠けているのは致命的だ。

さらに、音と光の過剰演出がユーザーに不快感を与えている。映画の「貞子」は静かなホラーだったのに対し、パチンコの貞子は過剰な演出で逆に怖さが半減している。音量調整が適切に行われていないホールが多いという点も、ユーザーの不満を増幅させている。

結論

藤商事の新台は、その挑戦的な姿勢と高スペックが一部で評価されているものの、釘調整への不信感や回転率の低さ、恐怖演出の不十分さ、音と光の過剰演出など、多くの問題点が浮き彫りになっている。ユーザーの期待は大きいが、それを裏切らないためには、ホール側の釘調整や演出の改善が不可欠である。現状では、藤商事の新台がホールで成功するかどうかは極めて不透明であり、ユーザーの不安と失望が先行している。


第一章:新機種「P貞子」の予兆


夜の街が静まり返る中、一人の男がパチンコメーカーの試打室に向かっていた。彼の名前は安倍パチンコ太郎。元首相安倍晋三のクローンであり、パチンコ業界の影のフィクサーでもある。

パチンコ太郎は、新機種「P貞子」の事前評価を聞きつけてやってきた。試打室の中は静まり返っており、ただ一人、開発スタッフが新機種の準備を進めているところだった。パチンコ太郎はふと立ち止まり、冷たい風が頬を撫でる感触を感じた。彼の脳裏には、過去の数々の名言が浮かんでいたが、その一つを口にすることはなかった。

「つまりヘソまでたどり着かなくなるって事や」と、試打室の片隅で囁かれる声が静寂を破った。それは、関係者の間で囁かれていた本音だった。パチンコ太郎はその声に耳を傾け、心の中で微笑んだ。「どうせ風車周りが地獄になる」と続く声に、彼はさらに興味を惹かれた。

パチンコ太郎は試打機の前に立ち、冷静な目でその機種を見つめた。「とりあえず打ちます!」と意気込むスタッフの声が聞こえる。最近の藤商事の台は面白い、と評判だった。しかし、パチンコ太郎の目は冷静だった。釘調整の問題やホールの対応を考えると、楽観的な評価はできない。

「メーカーがこうやって釘を広くしてもホールがそこにたどり着くまでを終わらしてくるからなぁ。廻る恐怖は店側だよね」との声に、パチンコ太郎はうなずいた。藤商事が挑戦的なスペックを提供していることは知っていたが、それがホールでどのように扱われるかは未知数だ。

彼は試打機に手を伸ばし、ハンドルを回した。音と光が激しく反応し、迫力のある演出が始まった。しかし、パチンコ太郎の心には不安が残った。「廻る恐怖より当たらない恐怖」の声が頭に響いた。店がどのように対策してくるのか、それがこの新機種の運命を決める。

「とんでもねぇ尖りスペックだな」との声に、パチンコ太郎は同意した。藤商事が他のメーカーでは見られない挑戦を続けていることは賞賛に値するが、それが成功するかどうかは別問題だ。

「絶対にはまる台やわ」との言葉に、彼は苦笑した。上乗せの音がやばすぎる、と聞こえる声に、パチンコ太郎は耳を傾けた。その狂ったような音が、藤商事の特徴であり、恐怖の一部であることを理解していた。

パチンコ太郎は試打機から目を離し、試打室を後にした。夜の風が彼の背中を押すように吹いていた。彼の心には、一つの言葉が残っていた。「重要なことは結果だ。100の言葉より1の結果だ。」パチンコ太郎はその言葉を胸に、新たな戦いに向かって歩き出した。彼の行く先には、まだ見ぬ未来が広がっていた。

第二章:不安の種

翌朝、安倍パチンコ太郎は藤商事の本社ビルの前に立っていた。昨夜の試打室での体験が頭から離れなかった。冷たい風がビルのガラスに反射し、彼の顔に鋭い光を投げかけた。彼は深呼吸し、一歩一歩、ビルの中へと進んでいった。

エレベーターで上階に向かう途中、彼は藤商事の開発社員であるZと出会った。Zはパチンコ太郎に向かって微笑みを浮かべながら、「おはようございます、パチンコ太郎さん。昨日の試打はどうでしたか?」と問いかけた。

「廻る恐怖は店側だよなぁ」と、パチンコ太郎は直球で答えた。「釘が広がったところで、ホールがどう対策するかが問題だ。藤商事がいくら尖ったスペックを作っても、店がそれを潰すなら意味がない。」

Zはその言葉に黙って頷いた。「その通りです。私たちもその点を懸念しています。しかし、挑戦しなければ何も始まりませんからね。」

「挑戦することは重要だ。しかし、結果が伴わなければ意味がない。」パチンコ太郎は安倍晋三の名言を思い出しながら答えた。「具体的な結果を出さなければ、ユーザーは離れていく。」

Zは微笑みを浮かべたまま、エレベーターのドアが開くのを待った。二人は開発部のフロアに足を踏み入れ、そこには無数の試作機が並んでいた。開発チームのメンバーが忙しそうに動き回り、各自の仕事に没頭していた。

「これが『P貞子』の最終バージョンです。」Zは一台の機械の前に立ち、パチンコ太郎に説明を始めた。「ヘソサイズが2倍になっているので、回転率が上がるはずです。しかし、道釘や風車の調整次第では、その効果が無効になる恐れがあります。」

パチンコ太郎は機械をじっくりと観察し、その構造を分析した。「ヘソが2倍になっても、実際のところはどうだろうな。試打動画でも回転率が低いという意見が多かった。」

Zは頷いた。「確かにその通りです。私たちもその点について改良を重ねてきました。しかし、最終的な評価はホールでの稼働状況にかかっています。」

パチンコ太郎は腕を組み、考え込んだ。「重要なことは、ユーザーが楽しめるかどうかだ。音と光の演出は派手だが、それが逆にストレスにならないかが心配だ。」

「音量調整や演出のバランスには細心の注意を払っています。」Zは自信を持って答えた。「しかし、やはりホール側がどのように扱うかが鍵になります。」

パチンコ太郎は深く頷き、再び安倍晋三の言葉を思い出した。「改革に終わりはありません。経済はグローバル化しており、世界で勝ち残らなければ、結局は雇用も維持できません。」彼はこの言葉を胸に、新たな挑戦に向けての決意を新たにした。

試打室を後にしたパチンコ太郎は、外の冷たい風に吹かれながら、一つの結論に達していた。重要なのは、ユーザーがどれだけ楽しめるか、それがこの新機種の運命を決める。そして、それが藤商事の未来をも左右するのだ。

第三章:ホールの試練


数週間後、ついに「P貞子」がホールに導入された。パチンコ太郎は、都内の有名ホール「パラダイス銀座」を訪れ、その様子を見守った。ホールは開店直後から多くの客で賑わい、「P貞子」を目当てにしたプレイヤーたちが列を成していた。

ホールの店長である鈴木は、パチンコ太郎に気づくと、すぐに挨拶にやってきた。「お久しぶりです、パチンコ太郎さん。今日は新機種の初日ですね。」

パチンコ太郎は鈴木に微笑みかけた。「そうだな。『P貞子』の運命が決まる日だ。廻る恐怖とは言うが、実際にはどうだろうか?」

鈴木は少し困ったような表情を浮かべた。「正直なところ、釘の調整には苦労しました。ヘソサイズが2倍でも、道釘や風車の調整次第では回転率が落ちてしまいます。」

ホール内の様子を見回すと、既に数台の「P貞子」が稼働しており、客たちが熱心に遊技していた。しかし、その中には不満の声も混じっていた。「回らないぞ」「この釘じゃ無理だ」といった声が聞こえてきた。

パチンコ太郎は深く息をつき、鈴木に向かって言った。「やはり予想通りだな。ヘソが広がっても、ホールの釘調整がそれを台無しにする。重要なのはユーザーの体験だ。」

鈴木は頷き、「我々もできる限りの調整を行っていますが、やはり限界があります。メーカーとホールが一丸となって取り組む必要があります。」と答えた。

パチンコ太郎はふと立ち止まり、再び安倍晋三の言葉を思い出した。「言うべきことはきちんと言わなければならないし、そのためには自分で発信することを躊躇していては何も始まらない。」彼はその言葉を胸に、鈴木に向かって続けた。「私たちが声を上げ、改善を求めることが必要だ。そうでなければ、この業界に未来はない。」

鈴木は深く頷き、「私たちもその覚悟で取り組みます。お客様の声をしっかりと聞き、改善していくことが重要です。」と決意を新たにした。

その日、パチンコ太郎はホールを後にしながら、一つの確信を抱いていた。挑戦は続く。しかし、結果を出さなければ意味がない。そして、その結果はユーザーの体験にかかっている。彼の心には、まだ多くの課題が残されていたが、それを乗り越えるための決意もまた強かった。

第四章:闇に潜む真実

「P貞子」の導入から数ヶ月が経過し、藤商事の評価は賛否両論となっていた。パチンコ太郎は、その結果を冷静に見つめていた。ある日、彼は再び藤商事の本社を訪れ、Zと対面した。

「結果はどうだ?」パチンコ太郎はZに問いかけた。

Zは深いため息をつき、「廻る恐怖よりも、回らない恐怖の方が大きかったようです。ユーザーの反応は厳しいものが多いです。」と答えた。

パチンコ太郎は頷き、「それは予想していたことだ。重要なのは、次にどうするかだ。具体的な政策なくして、そのスローガンを現実のものとすることはできない。具体的な政策を提案し、実行し、そして結果を出していく決意だ。」

Zはその言葉を胸に刻み、「私たちも新たな挑戦を続けていきます。ユーザーの声をしっかりと聞き、次に繋げるための改良を重ねていきます。」と答えた。

パチンコ太郎は深く頷き、再び試打室へと向かった。そこには新たな機種が準

備されており、彼の次なる挑戦が待っていた。彼の心には、安倍晋三の名言が響き続けていた。「残念ながら残された課題もあります。同時に国論を二分するような困難な課題に挑戦し、達成できたこと、実現できたことがあります。全てはどんなに苦しい時も、変わることなく至らない私を応援してくださった皆さまのおかげであります。」

パチンコ太郎の挑戦は終わらない。次なる闘いに向けて、彼の歩みは続く。そして、その先には、まだ見ぬ未来が広がっていた。パチンコ業界の未来は決して明るくはないが、それでも彼は信念を持ち続ける。その信念こそが、彼を突き動かす原動力であり、彼の生きる意味だった。


編集注:

だいぶましになってきたが、安倍の名言がさすがにうざくなってきた。減らすか


※従来のスレッド型の簡易表示版、元データは姉妹サイトで展開しています。
こちらから https://casinosokuho.com/archives/sadako_ca.html 

分析・解析・レビュー


hakase

下記に出力します。


識者によるレビュー

ホルストローマン
貞子の方は、藤商事側も素直にうけるわけがないというので3000台は妥当な台数。テストスペックでもこれは無理だろう。たとえ回ろうが初当たりが遠すぎる。1回転の価値が薄れ、ホール側が思いっきりボーダーから引き離す。最初からマイナス点が想像できるものがうけるわけがない。

アラブ

「リング3LT」をすぐ出すのもなんか間違い。さすがにちょっと間をおこう。こっちを買えばいいやによけいなる。


版権についての深堀り

Q.貞子とはどのようなものか?

貞子というキャラクターは、恐怖の象徴として日本のホラー映画界に君臨してきた。しかし、その恐怖は現代においてどれほど有効なのか?
A.貞子は、1990年代に始まった『リング』シリーズから誕生したキャラクターである。ビデオテープを見た者が1週間後に呪い殺されるという設定は、一時期、日本中を震撼させた。しかし、時代が進むにつれてそのインパクトは薄れ、今や「ホラー」というよりも「コメディ」に近い存在となっているのは否定できない。

最新作『貞子DX』は、貞子の恐怖を現代に再生しようと試みたものの、その試みは悲惨な結果に終わった。
『貞子DX』のストーリーは、IQ200の大学院生が貞子の呪いを科学的に解明しようとするものである。だが、この設定は全くもって魅力的ではない。例えば、主人公が呪いのビデオを再生し続ければ呪いを免れるという結論に至るのは、誰にでも思いつくようなアイデアだ。このような凡庸な展開が続くため、観客の興味を引き続けることは困難である。

貞子が恐怖の対象からコメディの対象へと変貌した要因は、その描写の拙さにある。
映画の中で登場する貞子の姿は、かつての恐怖を呼び起こすものではなくなってしまった。例えば、謎の少女が貞子の生まれ変わりとして描かれるが、その恐怖感はまるでなく、むしろ可愛らしささえ感じさせる。こうした描写が、貞子の威厳を完全に失わせてしまっている。

結局、貞子は商業化され、その恐怖はお金に変わっただけである。
貞子が恐怖の象徴であった時代は遠い過去の話である。今や彼女はキャラクター商品として市場に出回り、その恐怖の本質は失われてしまった。映画『貞子』や『貞子DX』を見ても、それがホラー映画であるとは到底思えない。むしろ、それは一種のファン向けのコメディとして楽しむべきものであり、高校生カップルがデートの一環で見る程度のものである。

結論として、貞子の恐怖は過去の栄光であり、現代ではその恐怖は再現不可能である。
貞子が一世を風靡した時代を懐かしむことはできるが、現代において彼女が再び恐怖の象徴として立ち返ることはないだろう。『貞子DX』やその他の続編も、観客に真の恐怖を与えることはできず、その存在意義は薄れていくばかりである。貞子というキャラクターは、もはやホラーではなく、笑いの対象として捉えられるべきである。

Q.しつこいくらい続編が作られていますが、貞子がとてもかわいそうですね。

貞子が新たな時代に再び恐怖の象徴として君臨する理由
A.貞子というキャラクターは、時代を超えてもなお、恐怖の象徴として愛され続けている。彼女の物語がこれほどまでに長く続く理由は、その根底にある普遍的な恐怖のテーマと、巧妙に変化する現代的な解釈にある。貞子の恐怖は、ただの幽霊話にとどまらず、人々の心に深く刻まれる心理的な恐怖を描いているからこそ、何度もスクリーンに復活しているのだ。

貞子の続編が作られ続ける理由
貞子が何度も映画化される背景には、単なる商業的な成功だけではない。彼女の物語には、現代社会の不安や恐怖を反映する力がある。例えば、初期の『リング』シリーズでは、ビデオテープというメディアが恐怖の媒介として使われたが、最新作ではインターネットやSNSがその役割を担っている。このように、時代の変化に応じて恐怖の形を変えることで、貞子は常に新鮮でリアルな恐怖を提供し続けているのである。

貞子を祭神として祀る考えのユーモア
もし貞子が商業的に成功し続けるならば、彼女を神社で祀り、祭神として敬うというアイデアも現実味を帯びてくるかもしれない。これこそ、皮肉たっぷりのユーモアである。恐怖の象徴である貞子が、逆に人々から感謝される存在となる。神社を訪れることで、恐怖から解放されるという新たな儀式が生まれるかもしれない。貞子のお札やお守りが売られ、観光名所として賑わう光景が目に浮かぶようだ。

貞子の継続的な成功が示すもの
貞子の物語が続くことは、日本のホラー映画の可能性を広げ続けている証拠でもある。ホラー映画は単なるエンターテイメントではなく、文化的なアイコンとなり得る。貞子が何度もスクリーンに戻ってくることで、新たな世代にもその恐怖と魅力が伝わる。彼女の存在は、ホラー映画の未来に希望をもたらし、観客を魅了し続ける力を持っている。貞子が私たちに教えてくれるのは、恐怖はただの恐怖ではなく、時に敬意や感謝の対象となる可能性があるということだ。

Q.続編が続くようなら貞子とコナンとルパンとゴジラが戦えばいいと思います。

貞子、コナン、ルパン、ゴジラの共演という夢の戦い
A.貞子が続編を重ねてきたことを考えると、その存在感はまさに日本のホラー界のアイコンだ。しかし、もしこの貞子が他の有名キャラクターと共演することになったらどうだろうか?例えば、コナン、ルパン、ゴジラという錚々たるメンバーと戦うシナリオを考えてみると、その興奮と期待は計り知れない。コナンの鋭い推理力、ルパンの巧妙な計画、そしてゴジラの圧倒的な力が交錯する中で、貞子の呪いの力がどう発揮されるのかを想像するだけで、鳥肌が立つ思いだ。

異色のコラボレーションが生み出す新たな魅力
この異色のコラボレーションは、単なるファンサービスに留まらず、それぞれのキャラクターが持つ魅力を最大限に引き出す絶好の機会となるだろう。コナンの推理力は、貞子の謎めいた呪いを解明しようとする過程で際立つだろうし、ルパンの大胆な作戦は、貞子の恐怖を打ち破る鍵となるかもしれない。そして、ゴジラの圧倒的な存在感が、戦いのスケールを一層壮大なものにするだろう。これらのキャラクターが一堂に会することで、生まれる化学反応は想像を超えるものとなるに違いない。

皮肉とユーモアを交えたストーリーテリング
このコラボレーションが実現するなら、ストーリーテリングには皮肉とユーモアが不可欠だ。貞子の呪いに立ち向かうコナンとルパンが、時にコミカルなやり取りを交わしながらも、真剣にゴジラと協力して危機を乗り越える姿は、多くの観客に新たな視点を提供するだろう。貞子が神社で祀られ、ルパンがそのお守りを盗む計画を立てる一方、コナンがそれを阻止しようとする場面は、観客の笑いと感動を誘うに違いない。

新たな時代のホラーとエンターテインメントの融合
貞子、コナン、ルパン、ゴジラが共演することで、ホラーとエンターテインメントの新たな融合が生まれる。この試みは、単に驚きと興奮を提供するだけでなく、各キャラクターの持つ深いテーマや背景を掘り下げ、観客に深い感動を与える可能性を秘めている。貞子の恐怖、コナンの知恵、ルパンの大胆さ、ゴジラの力強さが交錯することで、これまでにない新しい物語が紡がれるだろう。このコラボレーションが成功すれば、ホラーとエンターテインメントの未来に新たな道筋を示すことになるだろう。

あいかわらずつまらないので、読者に謝罪と反省を。締めてください。
ここまでお読みいただいた皆様には、率直にお詫び申し上げます。今回の内容が期待に沿わず、退屈と感じさせてしまったことに深く反省しています。今後は、皆様にとって興味深く、楽しんでいただける内容を提供できるよう精進いたします。引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。


各種機種評価サマリー

業界関係者の事前評価

chatgpt

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


業界関係者の導入後評価

パチンコ太郎

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


参考作成画像集


テキストだけでやると変な感じ


かくれんぼかよ


しっかり原画を読み込ませよう


TVと認識できなかったか


TVを指定させたが、なんかつまらない


現代風にしたが崩壊した


お嬢様がご乱心かよ


コメント欄へ( 意見、口コミ )

コメント欄へ移動

過去記事へ



※ページごとに過去日付の評価記事になっています。
↓【押下】下記星をクリックして評価投票をお願いいたします。


3 1 vote
↓ 星をクリックで評価投票!

■最新投稿記事

Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガー

‎パチンコ関連記事

【成仏】Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガーの事前評価「もうPVだけで脳汁出たわ。仏壇の呪いが消えた?」【更新1】

2024/6/15

まず釘締めすすぎたらその時点でダメ、更には店がぼったくってはめなければ面白いスペックかな、と思います。引けなそうだけど、夢は見れるからライトミドルだし、打つかな釘次第だよなぁ

Pいくさの子 パチンコ

‎パチンコ関連記事

【慶次のばったもん】Pいくさの子 パチンコの事前評価「原哲男どんなけ儲ければ気がすむんだ」【更新1】

2024/6/17

いい加減あのクソみたいな筐体やめろよ。ネットの声を聞いたならまず筐体変えろって声が多数では?作品知らないんだけど慶次と被ってない?意見が演出になる!(意見が演出になるとは言っていない)

Pクイーンズブレイド4

‎パチンコ関連記事

【ゴミ】Pクイーンズブレイド4 パチンコの評価「大罪は奇跡だったのだよ。Fの抱き合わせの弾で存続するくらいなら潰れてしまえ」【更新3】

2024/6/17

なんなんこの10年前みたいなCG図柄は。 ここで言われてる不満点が非常によくわかるのと、絵柄が完全に量産型になってしまって悲しい


Lスマスロ ゴッドイーター リザレクション

スロット関連記事

【不安】Lスマスロ ゴッドイーター リザレクションの事前評価「枚数管理に良台なし。差枚にするメリット何ですかね?単純に疑問です」【更新1】

2024/6/17

最近山佐調子いいからゴッドイーターもよろしく。最近ヤマサ盛り返してきたなあ。モンキーは最高の出来だったし!

Lスロット ゾンビランドサガ

スロット関連記事

【佐賀】Lスロット ゾンビランドサガの事前評価「PVの気合はすごい感じたが、機歴の糞台だろ?」【更新1】

2024/6/16

大都…。。頼むからがっかりさせんでくれ。ゾンサガ大好きなんよ。大都になんの期待もないのが残念

L スマスロ真北斗無双

スロット関連記事

【オソマ】Lスマスロ真北斗無双の事前評価「開発者に問いたい。楽しいか?転ける未来しか見えません」【更新1】

2024/6/15

北斗無双は前回の初期のクソスロで失敗してるのに新台もどうなるか分から無いのに北斗無双はスロットじゃなくてパチンコだけにした方が妥当だと思う。


その他,パチンコ業界,関連記事

【微笑】新札交換の利点は零細パチンコ屋にトドメをさせたことだと歓喜の声

2024/6/14

5年以上前から変わる言ってんのに。駅前のパチンコ屋って大方消えたよな。しぶとくある駅もあるが。もう個人店やら中小ホールなんていらない時代なんだよ

その他,パチンコ業界,関連記事

【後者】パチンコ屋があるから治安が悪くなるのか治安が悪いところを狙って出店するのか

2024/6/14

やはりパチンコ店は地域に害をなす存在か。できるだけなくしていくしかないな

その他,パチンコ業界,関連記事

【やってる感】学生パチンコ大会がただの運だけの意味のないイベントだと冷ややかな声

2024/6/14

何が奨学金だよ。貰った優勝者は全てパチに突っ込むぞw 1日とかの勝負なら技術とか関係ないだろ運勝負じゃん


-‎パチンコ関連記事
-,

1
0
評価コメントを書き込んでくださいx