‎パチンコ関連記事

【通路やん】e北斗の拳10 スマパチの事前評価「複雑スペックは嫌われるんだ。振り分けとかややこし過ぎて流行らん様な気がする…」【更新1】

e北斗の拳10
4 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

サミーの新台 パチンコ・スマパチ 「e北斗の拳10」 の評価、感想、最新情報、スペック、分析、レビューを紹介します。導入日2024年08月05日。

最終更新日:2024/06/22



機種概要・スペック

機種名e北斗の拳10
メーカーサミー 
導入日2024年08月05日
導入予定台数約25,000台
原作動画視聴Netflix , dアニメ , Prime Video 
スペック,解析,信頼度,保留,ボーダー,天井公式サイト , 信頼と実績の ちょんぼりすた , DMM を参照してください。
導入ホール、軒数P-WORLD 該当ページ を参照してください。
中古価格、業界人レビュー中古機ドットコム 該当ページ を参照してください。
版権詳細情報wiki該当ページ を参照してください。
Xでの評判X 該当機種ページ 


実践動画 PV

「e北斗の拳10」スペシャルムービー

評価・感想・評判・新台

e北斗の拳10


ファンの反応の分析解説;事前評価

概要

「北斗の拳10」について、ユーザーからの事前評価が多数寄せられているが、全体的に否定的な意見が目立つ。過去のシリーズと比較し、スペックやゲームシステムに対する不満が多く、特に複雑な仕様や低い出玉性能が批判の中心となっている。また、懐かしさを感じる部分もあるが、新要素に対する期待は低く、懸念が多い。

評価と意見

ポジティブな評価
・懐かしさを感じる演出: 昔のシリーズを思い出させる演出が一部のユーザーに好評。

・エイリヤンのリストラ: エイリヤン役物がなくなったことを歓迎する声。

・一部のシンプルな仕様: 簡単なゲームフローに好感を持つユーザーも存在。

・特定のスペック: 特定のスペックや出玉性能を評価する意見が一部見受けられる。

ネガティブな評価
・複雑な仕様: ゲームフローが複雑すぎるとの批判が多い。

・出玉性能の低さ: 期待したほどの出玉が得られないことへの不満。

・転落タイプのシステム: 転落型システムへの否定的な意見が多い。

・過去作品との比較: 過去の作品と比べて魅力が落ちたとの評価。

懸念事項
- 短期間での稼働終了が予想される。

- 複雑なスペックが初心者には理解しづらい。

- 出玉性能が現行機種と比べて見劣りする。

- ユーザー離れが進む可能性。

詳細な意見

ユーザーから寄せられた意見を総合すると、「北斗の拳10」は過去のシリーズと比べて大幅に改悪されたと感じる意見が多い。特に、複雑なゲームフローや低い出玉性能が最大の問題点として挙げられる。懐かしさを感じる部分もあるが、新たに導入された転落型システムやラッキートリガーに対する評価は芳しくない。また、エイリヤン役物がなくなったことは評価されているが、全体としてはネガティブな意見が支配的である。

結論

「北斗の拳10」は、多くのユーザーから否定的な評価を受けており、過去のシリーズの栄光を再現することは難しいだろう。特に、複雑な仕様や低い出玉性能がユーザーの期待を裏切っている。今後の改善がなければ、短期間での稼働終了が予想される。懐かしさを感じる部分があるものの、それだけでは現在のユーザーを満足させることはできない。全体として、失望感が漂う評価となっている。


1. 北斗の拳10の導入前夜、パチンコ太郎の苦悩と決意


 夜の帳が降りる頃、パチンコ太郎は東京の夜景を見下ろしていた。新宿のネオンが彼の心に浮かび上がる悩みを照らし出していた。パチンコ太郎、かつての安倍晋三元首相のクローンであり、彼の運命はパチンコ業界を破壊することだった。今、彼は「e北斗の拳10」の導入を前にして、その複雑な思いに駆られていた。

 北斗の拳シリーズは、多くのファンに愛されてきたが、今回の「e北斗の拳10」はまだホールに導入されていない。プレイヤーたちの意見は賛否両論であり、導入前から既に波紋を呼んでいた。パチンコ太郎は、この新機種が成功するか否かが業界全体に与える影響をよく理解していた。

 彼の頭の中には、ネット上の評価が渦巻いていた。「すでにコケる予感しかない」「エイリヤンがリストラされた」といった意見が目立つ中、期待を込めた声も僅かに存在していた。パチンコ太郎は、これまでの経験から新機種がもたらす喜びと失望を見極める能力を養ってきたが、今回ばかりは不安を拭い去ることができなかった。

 彼の隣には、スロット花子がいた。彼女もまた安倍晋三のクローンであり、冷静な表情で太郎を見つめていた。「何を迷っているの?」と彼女が静かに問いかけた。太郎は答えず、ただ夜空を見つめ続けた。「この機種が失敗すれば、俺たちの計画は全て水の泡だ」と、心の中で呟いた。

 パチンコ太郎は決意を新たにした。彼はこの業界に終止符を打つために生まれてきたのだ。どんなに困難が待ち受けていようとも、彼は歩みを止めるわけにはいかない。彼の使命は、ただ一つ。パチンコ業界を破壊すること。パチンコ太郎の胸の内に、静かに燃え上がる決意の炎が揺らめいていた。

2. プレイヤーたちの不安と期待、揺れる評価

 インターネット上では、プレイヤーたちの意見が飛び交っていた。「とうとうエイリヤンリストラされましたね」「北斗8の救世主みたいのが良いよ」といった声がある一方で、「どんだけ昔のMAX機時代のような出玉性能が出たって、ヘソ賞球が1玉だし」といった厳しい意見も少なくなかった。

 パチンコ太郎は、その意見を冷静に分析していた。彼は、自身の計画がどれほどの影響力を持つかを知っていた。プレイヤーたちの期待と不安が交錯する中で、彼は自分の使命を果たすために動き出した。

 あるプレイヤーは、「より複雑なラウンドで打ち手を混乱させるのは悪手です、シンプルイズベスト!」と語っていた。この意見には一理あった。パチンコ太郎もまた、複雑なスペックがプレイヤーたちの楽しみを奪う可能性があることを理解していた。しかし、彼の目的はただ一つ。パチンコ業界を破壊することだ。

 「結局は釘」この短い一言が示すように、パチンコ業界の問題は根深い。釘の調整一つでプレイヤーの運命が大きく変わる現実を、パチンコ太郎は知っていた。彼はこの業界の深い闇を見抜いており、それを破壊するための手段を模索していた。

 彼の目には、プレイヤーたちの失望と怒りが映し出されていた。「実継続89%だけど転落型じゃ即引きしてぶちぎれする未来しか見えんな…」といった声もあり、その声は彼の心に深く突き刺さった。

 しかし、彼の決意は揺るがなかった。「こんなものに負けるわけにはいかない!」安倍晋三元首相の言葉が、彼の心に響いた。パチンコ太郎は、自分の使命を再確認し、次の行動に移る準備を整えた。

3. 導入当日、パチンコ太郎の挑戦

 遂に「e北斗の拳10」の導入当日がやってきた。ホールには早朝から多くのプレイヤーが列をなしていた。パチンコ太郎はその光景を冷静に見つめていた。彼の心には一抹の不安があったが、それを表に出すことはなかった。

 ホール内では、プレイヤーたちが新しい台に対する期待と不安を胸に抱きながら遊技を始めていた。パチンコ太郎は、その様子を観察しながら、次なる手を考えていた。「新しい機種が受け入れられるかどうか、それはもうプレイヤーたちの判断に委ねるしかない」と彼は心の中で呟いた。

 「やっぱMAX北斗は面白かったよねー」と懐かしむ声や、「何%の何%とかもうわけわからん」という混乱の声がホールに響いていた。パチンコ太郎は、その一つ一つの声に耳を傾けながら、次なる計画を練っていた。

 導入初日、プレイヤーたちの反応はさまざまだった。「北斗の拳は新台初日に打ちたいと思う数少ない機種」との声もあれば、「単発地獄の未来しか見えない」との悲観的な意見もあった。パチンコ太郎は、この機種がどのような結果をもたらすか、冷静に見守るしかなかった。

 その日の終わり、ホールは静けさを取り戻していた。パチンコ太郎は、ホールの出口に立ち、去っていくプレイヤーたちの表情を観察していた。「これでいいのか?」と自問しながらも、彼の心には次なる一手が刻まれていた。

 彼はこの業界を破壊するために生まれてきた。その使命を果たすために、彼はどんな手段も厭わなかった。パチンコ太郎の戦いは、まだ始まったばかりだ。彼の冷たい目には、次なる戦いの光が宿っていた。東京の夜空に浮かぶ月が、彼の決意を静かに照らしていた。


意見・反応・レビューの抽出


※従来スレッド型の簡易表示版、元データは姉妹サイトで展開しています。
こちらから https://casinosokuho.com/archives/hokuto10_ca.html 


参照はyoutubeほか


分析・解析・レビュー

hakase

下記に出力します。


識者によるレビュー

ホルストローマン
不評のエイリヤンがいつまでも撤去できなかったサミー。発案者は無駄に発言力がある相当な老害か、ぼっちゃん若社長くらいじゃないのかね。サミーは糞台乱発の中でたまに当たる機械を出す状況。数打てば当たるの様相。北斗乱発をやめようっていう意見が社内で出せない状況は変わらないのね。

アラブ

北斗、他の原哲夫版権で交互に出すくらいで十分。せめて2年に1回くらいにしてくれないともう北斗はお腹いっぱい。買い集めるホール側も悪い。他よりも売れるから作るんだ。


版権についての深堀り

Q.e北斗の拳10とはどのようなものか?

A.e北斗の拳10は、2024年8月5日に導入が予定されている最新のスマートパチンコである。これが「スマパチ」の名の下で登場したことは、まるで最新技術の結晶であるかのように喧伝されているが、その実態は驚くほど貧弱である。

まず、大当り確率が1/348.6という絶望的な数値は、プレイヤーにとって厳しい試練を強いるものである。いかに「ラッキートリガー」や「ハイパーバトルモード」といった魅力的な用語で装飾されようとも、その真価は極めて限定的だ。例えば、右打ち時の大当り確率が1/40.0とされているが、実際には転落小当り確率が1/136.9(BM)または1/275.9(HBM)という現実が待っている。これは、どれだけ努力しても、成功の道は狭く険しいことを意味する。

さらに、突入率80%、継続率89%といった数字も、一見すると高いように見えるが、その背後には冷酷な事実が隠されている。初当り後の出玉がわずか300個から始まり、多くの場合、プレイヤーは多大な労力と時間を費やしても、手にする報酬はごくわずかである。これではまるで砂漠で水を探す旅人のように、乾ききった希望を胸に、絶望的な旅路を歩むことになる。

そして、価格が59万9,000円という高額設定も、導入する店舗にとって大きな負担となり得る。この機種が果たしてその価値に見合うだけの収益をもたらすのか、極めて疑わしい。現実には、多くの店舗が泣き寝入りを強いられることになるだろう。

e北斗の拳10は、見かけの豪華さと派手な演出で一時的な興奮を提供するかもしれないが、その本質は空虚であり、真の満足感を得ることは難しいだろう。この機種を手に取る前に、冷静な判断を下すことが求められる。


Q.サミーは北斗の拳の版権を乱発しすぎだと思うが、世間の反応はどのようなものか?

A.サミーが北斗の拳の版権を乱発し続けることについて、世間の反応は一言で言えば「飽きと失望」に満ちている。毎年のように新作が出るたびに、かつての輝きを失ったコンテンツの再利用にすぎないと、多くのプレイヤーが感じているのだ。新しい要素を加えることで魅力を維持しようとする試みも、むしろ逆効果となっている。

例えば、最新の「Lスマスロ真・北斗無双」は、その複雑なゲームシステムと過剰な演出でプレイヤーを混乱させ、結果的に楽しむことが難しいと多くの批判が寄せられている。ネット上の掲示板やSNSでは、「期待外れ」「もう打たない」といった否定的な意見が溢れ、「このままでは失敗に終わる」との声が多い。

さらに、これらの新作はしばしば「初代の焼き直し」に過ぎないと言われ、昔の栄光にしがみついているだけだと批判される。当時のファミコンゲームを今のハイテク機器で楽しむような違和感があり、プレイヤーのニーズに応えていないのだ。

サミーは、新規の版権を取る努力を怠り、既存の人気コンテンツに頼り過ぎている。その結果、プレイヤーからの信頼を失い、パチンコ人口の減少を自ら招いているという現実がある。短期的な利益を追求するあまり、長期的な視野を欠いた戦略は、この産業の未来にとって大きなリスクとなるだろう。

総じて、サミーの北斗の拳の版権乱発は、かつてのファンからの支持を失い、新たな顧客層の獲得にも失敗している。今後は、より創造的でプレイヤーの期待に応えるような新規コンテンツの開発が求められる。


Q.北斗の拳の版権を乱発をすすめるサミーの社内の喧騒を想像してください。

A.サミー社内の喧騒は、まるで嵐の前の静けさのように張り詰めた空気が漂っている。会議室の中では、重役たちが北斗の拳の版権乱発について激論を交わしている。机の上には無数の企画書が積み上げられ、その中には新たな北斗の拳シリーズの企画も含まれている。だが、これらの企画書のほとんどが現実逃避の産物であり、創造性の欠如を露呈していることに誰もが気づいている。

「また北斗の拳か?」と一人の社員が皮肉交じりに呟く。「他に新しいアイデアはないのか?」その問いに対し、重役たちは無言で目を逸らす。北斗の拳という安易な選択に依存する姿勢は、企業の怠慢を象徴している。社内の雰囲気はまるで古いレコードが無限ループしているようで、過去の栄光にすがりつく様は滑稽でしかない。

「売上が必要だ」との声が上がるが、それは短期的な利益追求のみに過ぎない。長期的な視野を持たずに、目先の利益に囚われている姿勢は、企業の未来を危うくするだけだ。新しいアイデアを模索する勇気もなく、同じ版権に頼り続けることは、創造的な死を意味する。

このような状況下で、新たな風を吹き込むことは難しい。革新を恐れ、安易な選択に逃げる姿勢は、企業文化の腐敗を示している。サミーが本当に未来を見据えるのであれば、今こそ大胆な一歩を踏み出すべき時である。しかし、現実は暗く、社内の喧騒はそのまま企業の行く末を暗示している。


各種機種評価サマリー

業界関係者の事前評価

chatgpt

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


業界関係者の導入後評価

パチンコ太郎

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


参考作成画像集


原画から。リン


はい、一発ボツ。無理


画像チェンジ。リハク娘


なぜサイボーグに


ダメだね。涙の表現も悪い


画像読み込みやめてテキスト指定のみ


細いね。ケンシロウ感まったくなし


もう違うものに。ダメかな


ヒャッハー側になってきた


ヒャッハー。もうええわ


コメント欄へ( 意見、口コミ )

コメント欄へ移動

過去記事&コメント欄へ



※ページごとに過去日付の評価記事になっています。
↓【押下】下記星をクリックして評価投票をお願いいたします。

コメント欄へ移動


4 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

■最新投稿記事

Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガー

‎パチンコ関連記事

【昇天】Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガーの評価「覚醒引けたらクルッと手のひら返ししたわ。人がバカになるわこれw 」【更新5】

2024/7/14

享楽はもう終わりとまで言われてたのにここまで持ち直すってマジであの仏壇呪われてたんじゃねーの

P/e 花の慶次~傾奇一転

‎パチンコ関連記事

【糞台御免】P/e 花の慶次 傾奇一転の評価「カブキアゲがそこら中で聞こえてくるのノイローゼになる」【更新4】

2024/7/14

ハイハイハイビスカスと歌舞伎揚げを考えた人はたぶん同じだと思うけど、この人のセンスヤバすぎだからどーにかしないとニューギン倒産する

P貞子 パチンコ

‎パチンコ関連記事

【悪意】P貞子 パチンコの評価「全然回らなくて草。メーカーの回させる気持ちを台無しにする店」【更新3】

2024/7/14

風車上マイナスにされるだけで終わりだよ。ちなみにボーダーに全然届いてません。マイナス10~15くらい? まさか高尾の貞子のが良いと思える日が来るなんてな。


L戦姫絶唱シンフォギア スマスロ 正義の歌

スロット関連記事

【諦めた】L戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌 スマスロの評価「とりあえずこのゴミ作った開発チームはもう何も作るな」【更新4】

2024/7/14

もう後はネタにするしか使い道の無いゴミなんだから、最速で最短で一直線に撤去しろや、何だこの超糞台は。サンキョーの開発って無能と優秀チーム両極端すぎるよな

L スマスロ真北斗無双

スロット関連記事

【崩壊】Lスマスロ真北斗無双の評価「やべえなこれ。スロット開発レベルなぜここまで下がってるんだ?」【更新4】

2024/7/14

これを面白いと感じる依存症がいるならまだまだ安泰だな。Lカバネリチラつかせて無理矢理買わせたらしいじゃんコレ。店長泣いてたぞ。

Lアカメが斬る!2 スマスロ

スロット関連記事

【ゴミ開発者集合】Lアカメが斬る!2 スロットの評価「マジ台の中で何やってるかワケわからん。演出作った奴らバカだろw」【更新4】

2024/7/14

令和に出た台とは思えん。ある意味凄い台や。前作に失礼なぐらいの糞。エヴァゴッドより下の産業廃棄物。これを好きになる人がこの世にいるのか?って思ってしまうほどにやばい雰囲気を感じた…


その他(パチンコ業界関連記事)

【消滅】パチンコってもうダメだね。パチ屋の復活はもうない。客の金が持たない

2024/7/14

こないだの7月7日は若い奴いっぱい居たな。そういう時だけは来るのか。最近のガキはパチもスロもスマホ見ながらだるそうに打ってるけどそんなにつまんないならやめたらいいのに。馬鹿かよ

その他(パチンコ業界関連記事)

【愉悦】パチンコ業界が恒例の業況悪化の悲鳴を上げる。ほくそ笑む一般人

2024/7/12

当たり前だ。パチンコなんかする奴は狂ってると思う。チョイ勝ちか大負けするかになったから行かなくなったな。負のスパイラルに完全に嵌ってるからもう無理だろ

その他(パチンコ業界関連記事)

【イメージダウン】マルハンの道後温泉老舗旅館買収に一般人が眉をひそめる

2024/7/12

道後温泉お気に入りの場所なのに。ホテルのロビーに入るといらっしゃいませーいらっしゃいませーのマイクパフォーマンスが始まるのか


-‎パチンコ関連記事
-,

0
評価コメントを書き込んでくださいx