スロット関連記事

【不安】Lスマスロ ゴッドイーター リザレクションの事前評価「枚数管理に良台なし。差枚にするメリット何ですかね?単純に疑問です」【更新1】

Lスマスロ ゴッドイーター リザレクション
4 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

山佐の新台 スマスロ・スロット 「Lスマスロ ゴッドイーター リザレクション」 の評価、感想、最新情報、スペック、分析、レビューを紹介します。導入日2024年07月22日。

最終更新日:2024/06/17



機種概要・スペック

機種名Lスマスロ ゴッドイーター リザレクション
メーカー山佐 
導入日2024年07月22日
導入予定台数約10,000台
原作動画視聴Netflix , dアニメ , Prime Video 
スペック,解析,信頼度,保留,ボーダー,天井公式サイト , 信頼と実績の ちょんぼりすた , DMM を参照してください。
導入ホール、軒数P-WORLD 該当ページ を参照してください。
中古価格、業界人レビュー中古機ドットコム 該当ページ を参照してください。
版権詳細情報wiki該当ページ を参照してください。
Xでの評判X 該当機種ページ 


実践動画 PV

【スマスロ ゴッドイーター リザレクション】プロモーションムービー[PV] [パチスロ][新台]

評価・感想・評判・新台

Lスマスロ ゴッドイーター リザレクション


ファンの反応の分析解説;事前評価

概要

スロット愛好者たちの間で話題になっている「スマスロ ゴッドイーター リザレクション」についての事前評価だ。新作に対する期待と不安が入り混じった意見が寄せられている。山佐が再び輝きを取り戻すか、それとも失望を招くのか。熱狂的なファンの期待と懸念が交錯する中、この新作の行方は如何に。

評価と意見

ポジティブな評価
グラフィックと演出が秀逸: 先行PVにおいて映像美や演出のクオリティが高く、多くのファンから期待されている。
音楽が素晴らしい: ゲーム内の音楽が好評で、リール演出との相乗効果でプレイヤーを魅了する。
初代の要素を継承: 初代ファンにとって懐かしい要素を取り入れており、昔からのファンも納得の仕上がり。
山佐の復活: モンキーターンで見せた山佐の復調を受けて、今回も期待されている。

ネガティブな評価
差枚数管理に対する不満: 多くのプレイヤーが差枚数管理システムに対して不満を表明している。ゲーム数の方が安定しているとの声が多い。
フリーズや高難易度の条件: 神ループに入るのが非常に難しいとされ、フリーズや全ての敵を倒すなど厳しい条件が嫌気されている。
新しい要素に対する不安: ATのシステムがカバネリのようになる点が不安視されており、プレイ感の違和感が懸念されている。
昔のシンプルなゲーム性が恋しい: 最近のパチスロは文字や演出が多く、シンプルさが失われているとの意見がある。

懸念事項
差枚数管理の導入がプレイヤーに受け入れられるかが鍵である。差枚数管理のメリットが明確でないため、多くのプレイヤーが不安を抱いている。また、PVと実際のプレイ感覚にギャップがある場合、失望が広がる恐れがある。

詳細な意見

スマスロ ゴッドイーター リザレクションに対する期待は高いが、同時に不安も大きい。差枚数管理という新たなシステムは、プレイヤーの受け入れが難しいかもしれない。特に、初代のファンが求めるシンプルなゲーム性との乖離が懸念される。また、神ループやフリーズといった高難易度の条件は、一部のプレイヤーには過度なストレスを与えるだろう。

演出や音楽に関しては高評価を得ているものの、実際のプレイ感覚がこれらの期待に応えるかどうかが問われる。山佐が再び栄光を取り戻すためには、プレイヤーの期待を裏切らない仕上がりが求められる。

結論

スマスロ ゴッドイーター リザレクションは、期待と不安が交錯する中でのリリースとなる。差枚数管理というシステムがプレイヤーに受け入れられるかが最大の課題であり、これが失敗すれば多くのプレイヤーに失望を与えるだろう。山佐の復調を期待する声は大きいが、過去の栄光に囚われず、新たな挑戦を成功させるためには、プレイヤーの声に真摯に耳を傾ける姿勢が求められる。

演出や音楽、初代の要素をうまく継承しつつも、新たな試みをどうプレイヤーに納得させるかが鍵となるだろう。スマスロ ゴッドイーター リザレクションが真の意味で「神を喰らう」存在となれるか、その行方に注目が集まる。


1.Lスマスロ ゴッドイーター リザレクションへの期待と不安が交錯する事前評価

夜の帳が下りるホール街。ネオンの光が乱舞する中、一つの光が目立っていた。それは新たなスマスロ、ゴッドイーター リザレクションの事前評価だ。パチンコ太郎はこの新機種に胸を躍らせながらも、心の奥底に一抹の不安を抱いていた。過去の名機の影響を色濃く受けるこの新作が、果たして期待に応えられるのか、疑念が拭えない。

パチンコ太郎はいつものように、ネット上で様々な意見を見て回った。「初代の打感を継承して欲しかったなぁ…」という声や、「演出はいつものゴッドイーターでATがカバネリみたいな感じになるんか。打つだけ打つか。」といったコメントが目に飛び込んできた。彼は思った。「味わい深いスルメ機種が欲しいんだよ。山佐に期待するのは、ユーザーが愛してやまないスロットを作り続けることだけだ」と。

特に気になったのは、枚数管理に対する不安の声だった。「差枚数も微妙だけど、注意書きで払い出し枚数上乗せって書いてあるから獲得枚数は更に少なくなるのはヤバい」や「PVは凄い感じ出してるけど実際打ってみたらあー…はい。になるから過度な期待はしないでおく」という意見が多かった。パチンコ太郎は眉をひそめた。この不安が的中しなければ良いが、と。

夜が更けるにつれ、パチンコ太郎の期待と不安はさらに膨らんでいった。彼は自分に問いかけた。「この機種が本当に神台になるのか、それともクソ台として終わるのか?」。彼は答えを出すために、自らの信念を持ち続けることが重要だと感じた。安倍晋三元首相の名言が脳裏に浮かんだ。「誰が何と言おうと、どんなに批判を受けようと自分の信念を持ち続けることが重要。」この言葉が、パチンコ太郎の心を少しだけ軽くした。

2.試打動画に見る期待と現実のギャップ

パチンコ太郎は次の日、再びネットに戻り、ゴッドイーター リザレクションの試打動画を探し出した。彼は動画を再生し、その演出や動きに見入った。画面には美麗なグラフィックとともに、スリリングな演出が展開されていた。だが、彼の心には依然として不安が残っていた。

動画のコメント欄には、「神ループは、入れるのかなり難しそう。どうせフリーズか、全て倒すとかだよね」という声が多く見られた。また、「差枚数管理の時点で…、、」「枚数管理に良台なし」という意見も多数あった。パチンコ太郎は、これが現実の問題であることを理解していた。

さらに、彼の不安を煽るコメントが続いた。「AT中の左上の秒数はG数なのになんで差枚上乗せ?もしかして初代の残0gになった時の択当て無くなってどちらも0になるまでが保証ってこと?」この言葉が彼の心に突き刺さった。初代の打感を継承しながら、新しい試みをすることは容易ではないことを改めて感じた。

パチンコ太郎は思った。「差枚にするメリット何ですかね?単純に疑問です。」。そして、彼は自身の経験を振り返り、「最近のパチスロ文字が多くてマジでめんどい。昔のシンプルな遊技性でわかりやすいものが一つか二つぐらいはあってくれてもいいと思うんだ。」と呟いた。

その夜、パチンコ太郎は動画を何度も見返した。映像の美しさや演出の魅力に心を奪われつつも、彼の心には依然として疑念が渦巻いていた。この新機種が本当に期待に応えるものであるのか、それともまたしても失望の声が上がるのか、パチンコ太郎は答えを見つけることができなかった。

3.導入前夜、パチンコ太郎の決断

導入前夜、パチンコ太郎はホールの前で立ち止まった。ネオンが彼の顔を照らし、期待と不安が交錯する中、彼は決意を固めた。彼は、この新しいゴッドイーター リザレクションを自らの目で確かめることにしたのだ。

「勝ち負け関係なく演出を見るために打ちまくる。」という言葉が彼の頭に浮かんだ。過去の名作と比較されるこの新機種が、どれだけの価値を持つのか、彼は自らの経験と感性で判断するつもりだった。

ホールの扉を開けると、空気が一変した。機械の音、光の演出、そしてプレイヤーたちの熱気が彼を包み込んだ。彼はまるで戦場に立つ戦士のような気持ちで、新たなスマスロの前に立った。リールが回転する音が彼の心を高ぶらせた。

プレイを始めると、彼の心にはすぐに変化が現れた。期待と不安が入り混じった複雑な感情が、次第に興奮へと変わっていった。演出の一つ一つが彼の心を捉え、リールの動きが彼を魅了した。

「フリーズ画面カッコ良すぎるやろ。リンドウさん…」という声が彼の頭の中で響いた。彼はその瞬間、自分がこの機種に魅了されていることを感じた。だが、同時に不安も消え去ることはなかった。果たして、この機種が本当に神台と呼ばれる日が来るのか、それともまたしても失望の声が上がるのか。

最後に彼は呟いた。「差枚数管理だからかなり怖いけど期待して待っとるぞ。」。彼の心には依然として不安が残っていたが、それでも彼はこの新しい挑戦に胸を躍らせていた。


意見・反応・レビューの抽出

※従来スレッド型の簡易表示版、元データは姉妹サイトで展開しています。
こちらから https://casinosokuho.com/archives/godeaterriza_ca.html 


参照はyoutubeほか


分析・解析・レビュー

hakase

下記に出力します。


識者によるレビュー

ホルストローマン
スマスロが山佐から7/22、スマパチがサンセイから9/2。スロがこけるとイメージ悪いから同時に出せばいいのに。ゴッドイーターもさすがにもうええわって感じ。モンハンのパクリで登場したのになかなか長く持っている。

アラブ

山佐もゴミばかりだしてた時代が長くて、スロ撤退、醤油でも作ってろとか揶揄されたものだが、ユニバや大都みたいに糞台連発している下が増えてきたことで底上げされた感じ。平和も同様にあがっている。


版権についての深堀り

Q.ゴッドイーターリザレクションとはどのようなものか?

A.『ゴッドイーターリザレクション』とは、荒廃した未来の地球を舞台に、人類の存亡をかけた戦いを描くアクションゲームである。物語の中心にあるのは、荒神(アラガミ)という異形の怪物と、それに立ち向かうゴッドイーターという人類の最後の砦となる存在だ。荒神はオラクル細胞と呼ばれる謎の細胞で構成され、あらゆるものを捕喰し尽くす。その脅威にさらされながらも、ゴッドイーターたちは日夜戦い続ける。

主人公は、これまでの平凡な日常が一瞬で破壊され、戦闘の世界に引きずり込まれる。プレイヤーは彼の視点を通じて、この絶望的な世界を目の当たりにする。だが、ここで描かれるのは単なる英雄譚ではない。彼らの戦いは、果てしない無力感と共にある。荒神を倒しても、次から次へと現れる新たな脅威。それは、まるで終わりのない悪夢だ。

ストーリーは、荒神によって崩壊した都市や荒野を背景に展開される。その風景描写は、荒廃と混沌が入り混じり、一種の美しささえ感じさせる。しかし、その美しさの裏には常に死の影が付きまとう。新たに追加された捕喰アクションや多様な武器システムが戦闘を一層複雑にし、プレイヤーに終わりなき戦闘を強いる。

「ゴッドイーターリザレクション」は、結局のところ無力感と虚無感に満ちたゲームだ。どれほど強力な武器やスキルを手に入れても、荒神の脅威は増すばかり。主人公の奮闘も、結局は焼け石に水に過ぎない。このゲームは、プレイヤーに絶望と無力感を深く味わわせるだけの存在であり、その結末は悲壮感に満ちている。

プレイして得られるものは、虚無感と自己嫌悪だけかもしれない。それでもなお、この荒廃した世界で戦い続ける主人公に共感し、自分自身の存在意義を問うことになるだろう。『ゴッドイーターリザレクション』は、そんな重苦しいテーマを扱った作品である。


Q.ゴッドイーターとゴッドイーターリザレクションはどうちがうのか?

A.『ゴッドイーター』と『ゴッドイーターリザレクション』の違いは、その名の通り、見掛け倒しのリメイクに過ぎない。『ゴッドイーター』は2010年に発売されたPSP用のアクションゲームで、人類を脅かす異形の怪物「アラガミ」に立ち向かうゴッドイーターたちの戦いを描く。一方、『ゴッドイーターリザレクション』は、この原作を基にしたリメイク版で、グラフィックの向上と新たなストーリーアークの追加を謳っているが、その実態はさほど変わり映えしない。

まず、リザレクションの戦闘システムには「プレデタースタイル」と呼ばれる新要素が追加されているが、これは単なる目新しさに過ぎない。元々の『ゴッドイーター』が持っていた戦闘の緊張感を、むしろ削いでいるように感じられる。さらに、キャラクターの英語吹き替えも一新されたが、その質には疑問が残る。声優の変更により、一部のキャラクターは本来の魅力を失ってしまった。

また、新たに追加されたストーリーアークは、物語の核心に触れるものではなく、プレイヤーにとっては冗長であると言わざるを得ない。結局のところ、リザレクションはオリジナルの『ゴッドイーター』をプレイしたことがない新規プレイヤー向けの作品であり、元のファンにとっては、再び同じ内容をプレイさせられるだけの存在だ。

つまり、『ゴッドイーターリザレクション』は見た目こそ新しくなったものの、その内実はオリジナルの焼き直しに過ぎず、新たな感動や驚きを提供することはない。このリメイク作に費やす時間と労力は、もっと他の有意義なことに使うべきだというのが正直な感想である。


Q.ゴッドイーターはモンスターハンターのパクリという印象しかないが実際どうなのか?

A.『ゴッドイーター』は『モンスターハンター』の単なる模倣品に過ぎないと感じるのは、一見すると的を射た批判に思える。しかし、その実態を探ると、どちらのゲームも独自の魅力を持っていることが明らかになる。だが、皮肉を交えて言うなら、『ゴッドイーター』はその独自性を打ち出すための努力が見え透いており、逆にその薄っぺらさを露呈している。

『ゴッドイーター』は、ハンティングアクションというジャンルで『モンスターハンター』と比較されることが多い。『モンスターハンター』が重厚な戦闘と広大なフィールド、緻密なモンスターの生態系を特徴とする一方で、『ゴッドイーター』はスピード感あふれるアクションと、スタイリッシュなキャラクター描写に注力している。しかし、その「速さ」や「スタイリッシュさ」が、しばしば安易な演出に過ぎないと感じられることが多い。これにより、ゲームプレイの奥深さが欠如し、短期間で飽きが来てしまう。

さらに、ストーリーの要素を強調している点も『ゴッドイーター』の特徴だが、この試みも空回りしている感が否めない。キャラクターに感情移入させるための背景設定やドラマチックな展開は、一見すると魅力的に映るが、実際には浅薄であり、プレイヤーに真の感動を与えるには至らない。

また、『ゴッドイーター』は仲間の助けを借りて復活するシステムを導入しているが、これもまたゲームの難易度調整が不十分なために、しばしば不公平に感じられる。『モンスターハンター』のような自己完結型の達成感を味わうことができないため、結果としてゲームの魅力が半減してしまう。

総じて、『ゴッドイーター』は『モンスターハンター』の影に隠れた存在であり、その模倣の域を出ない作品であると言わざるを得ない。独自性を打ち出そうとする試みが逆にその欠点を際立たせてしまうという皮肉な結果に終わっている。


各種機種評価サマリー

業界関係者の事前評価

chatgpt

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


業界関係者の導入後評価

パチンコ太郎

中古機comより、参照urlは上表

更新までお待ち下さい


参考作成画像集


原画読み込み。知らないキャラ。グーグル様に怒られるからぼかしいれる


ぜんぜん違う。露出があるとまったく再現されなくなる


ちがう


原画チェンジ。そもそものキャラ設定がおかしい。こんな露出が多くて狩りできるものか。


まあ服着させられるよね。


崩壊。ご丁寧にジュラシック・ワールドのロゴまでつけてくれている


原画チェンジ。露出のないものに。


美人だけど、違う。


地味な女になった。ダメだな。あきらめよう


コメント欄へ( 意見、口コミ )

コメント欄へ移動

過去記事&コメント欄へ



※ページごとに過去日付の評価記事になっています。
↓【押下】下記星をクリックして評価投票をお願いいたします。

コメント欄へ移動


4 1 vote
↓ あなたの評価は?星をクリックで投票!

■最新投稿記事

Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガー

‎パチンコ関連記事

【昇天】Pアズールレーン THE ANIMATION 異次元トリガーの評価「覚醒引けたらクルッと手のひら返ししたわ。人がバカになるわこれw 」【更新5】

2024/7/14

享楽はもう終わりとまで言われてたのにここまで持ち直すってマジであの仏壇呪われてたんじゃねーの

P/e 花の慶次~傾奇一転

‎パチンコ関連記事

【糞台御免】P/e 花の慶次 傾奇一転の評価「カブキアゲがそこら中で聞こえてくるのノイローゼになる」【更新4】

2024/7/14

ハイハイハイビスカスと歌舞伎揚げを考えた人はたぶん同じだと思うけど、この人のセンスヤバすぎだからどーにかしないとニューギン倒産する

P貞子 パチンコ

‎パチンコ関連記事

【悪意】P貞子 パチンコの評価「全然回らなくて草。メーカーの回させる気持ちを台無しにする店」【更新3】

2024/7/14

風車上マイナスにされるだけで終わりだよ。ちなみにボーダーに全然届いてません。マイナス10~15くらい? まさか高尾の貞子のが良いと思える日が来るなんてな。


L戦姫絶唱シンフォギア スマスロ 正義の歌

スロット関連記事

【諦めた】L戦姫絶唱シンフォギア 正義の歌 スマスロの評価「とりあえずこのゴミ作った開発チームはもう何も作るな」【更新4】

2024/7/14

もう後はネタにするしか使い道の無いゴミなんだから、最速で最短で一直線に撤去しろや、何だこの超糞台は。サンキョーの開発って無能と優秀チーム両極端すぎるよな

L スマスロ真北斗無双

スロット関連記事

【崩壊】Lスマスロ真北斗無双の評価「やべえなこれ。スロット開発レベルなぜここまで下がってるんだ?」【更新4】

2024/7/14

これを面白いと感じる依存症がいるならまだまだ安泰だな。Lカバネリチラつかせて無理矢理買わせたらしいじゃんコレ。店長泣いてたぞ。

Lアカメが斬る!2 スマスロ

スロット関連記事

【ゴミ開発者集合】Lアカメが斬る!2 スロットの評価「マジ台の中で何やってるかワケわからん。演出作った奴らバカだろw」【更新4】

2024/7/14

令和に出た台とは思えん。ある意味凄い台や。前作に失礼なぐらいの糞。エヴァゴッドより下の産業廃棄物。これを好きになる人がこの世にいるのか?って思ってしまうほどにやばい雰囲気を感じた…


その他(パチンコ業界関連記事)

【消滅】パチンコってもうダメだね。パチ屋の復活はもうない。客の金が持たない

2024/7/14

こないだの7月7日は若い奴いっぱい居たな。そういう時だけは来るのか。最近のガキはパチもスロもスマホ見ながらだるそうに打ってるけどそんなにつまんないならやめたらいいのに。馬鹿かよ

その他(パチンコ業界関連記事)

【愉悦】パチンコ業界が恒例の業況悪化の悲鳴を上げる。ほくそ笑む一般人

2024/7/12

当たり前だ。パチンコなんかする奴は狂ってると思う。チョイ勝ちか大負けするかになったから行かなくなったな。負のスパイラルに完全に嵌ってるからもう無理だろ

その他(パチンコ業界関連記事)

【イメージダウン】マルハンの道後温泉老舗旅館買収に一般人が眉をひそめる

2024/7/12

道後温泉お気に入りの場所なのに。ホテルのロビーに入るといらっしゃいませーいらっしゃいませーのマイクパフォーマンスが始まるのか


-スロット関連記事
-,

0
評価コメントを書き込んでくださいx