コラム

【ヒャッハー】F社の抱き合わせ問題が一般人まで浸透してとりあえずひどいねという流れになって笑えるんだが

【ヒャッハー】F社の抱き合わせ問題が一般人まで浸透してとりあえずひどいねという流れになって笑えるんだが
3 1 vote
↓ 星をクリックで評価投票!
最終更新日:2024/02/06



実践動画 PV


【新台】バイオハザードRE:2で爆発?パチンコ実践

【緊急放送】クソ凶悪なゴト発覚 | 暴露「フィールズに言われたんですけど…」発出文書がエグすぎるwwwww | 不正受給したパチ系企業さんが晒されててもうアウトじゃないかね



評価 反応



識者による重要ポイントの解説

見どころ


 遊技業界は、多岐にわたる問題に直面しています。その中でも特に、フィールズ社による抱き合わせ販売方法は、業界全体の構造的な課題を浮き彫りにしています。この販売手法は、プレイヤーのニーズや業界の健全性を顧みず、短期的な利益追求に走るメーカーの姿勢を象徴しています。さらに、保通協の検査料問題も、高額な検査料や天下り問題を通じて、業界内部の金銭的負担や政治的側面が絡み合っていることを示しており、業界が直面する障壁の一例を提供しています。

 これらの問題提起に対し、多くのプレイヤーから反応が寄せられています。新台の機種数を制限するべきだという意見や、メーカーとホールの不健全な関係に対する批判が多く見受けられます。しかし、これらの問題点に対する具体的な解決策を見出すことは容易ではありません。解決策には、業界全体での取り組みが必要であり、公正な競争を促進するためのルール作りや、透明性の高い業界構造の構築などが求められます。

 フィールズの抱き合わせ販売や保通協に関する問題提起は、業界全体が直面する課題の一端を示しています。これらの問題に真摯に取り組むことが、業界の持続可能な発展への道を開く鍵となります。遊技業界がプレイヤーに支持され、健全な遊技文化を育むためには、業界内外の多くの関係者が力を合わせて取り組むことが必要です。

 抱き合わせ販売の実態は、人気のある機種を購入する際に不人気の機種も購入しなければならない方法であり、これによりホール側は経済的負担が増大します。この商法は遊技業界内での不公平を生み出し、特に小規模なホールに大きな影響を与えています。業界の衰退を招く原因の一つとも指摘されており、上場企業がこのような販売方法を行うことで、業界全体のイメージダウンにも繋がっています。

 フィールズだけでなく、他のメーカーにも同様の問題が見られることから、業界の根本的な問題として捉えられています。メーカー側は、人気機種を利用して不人気機種の販売を強制することで、短期的な利益を追求しています。しかし、これがプレイヤーの満足度の低下や遊技ホールの経営難を招き、結果的に業界全体の縮小を招く可能性があります。

 このような状況に対して、プレイヤーや関係者からは、不買運動や業界の健全化を求める声が上がっています。独占禁止法違反の可能性に言及する意見も見られ、法的措置を求める声もあります。しかし、これらの問題に対する解決策は簡単ではなく、業界全体での根本的な改革が必要とされています。

 遊技業界が抱える問題は多岐にわたり、抱き合わせ販売の問題点はその一端に過ぎません。業界の健全な発展を望む声は多く、このような不公平な販売方法に対する批判は、業界に対する愛着と期待の裏返しとも言えます。今後、業界がどのように対応していくのか、その動向に注目が集まります。

 フィールズ社の抱き合わせ的販売方法に関する議論は、遊技業界の深刻な問題を浮き彫りにしています。製造メーカーが自社の製品を市場に出す際に、他の製品との抱き合わせ販売を行うことで、ホール経営者に選択肢を制限し、市場の健全な競争を損なう行為です。このような状況は、業界全体に対する信頼を著しく損ねるものであり、特にプレイヤーからの信頼を失うことに直結します。

 遊技機の操作によって当たり内容が変わるという「仕込み」疑惑については、遊技機の公正性を疑問視する声が根強く存在します。遊技機が公正なランダム性を保持しているかどうかは、プレイヤーが遊技を楽しむ上で極めて重要な要素です。もし、内部的な操作や不正が存在するとすれば、それは遊技業界全体の信頼性を根本から揺るがす事態と言えるでしょう。

 遊技業界における抱き合わせ販売や不正操作の疑惑などの問題に対処するためには、厳格な規制の導入や既存の規則の強化が必要です。消費者保護を重視した業界のガイドラインを設け、それらを実施するための監督機関の権限を強化することが求められます。公正取引委員会や保通協などの既存の機関が、より積極的に業界の問題に介入し、不正行為や不公平な商慣習に対する罰則を厳格に適用することが含まれます。

 さらに、ユーザーと業界関係者の間での情報共有と意識啓発も重要です。遊技機の選択肢を制限する抱き合わせ販売の問題や、遊技機操作に関する疑念などについて、プレイヤーが正確な情報を持ち、理解を深めることができるような取り組みが必要です。これにより、プレイヤーが自らの権利を守るための行動を取りやすくなります。

 業界内での良心的な取り組みや倫理的な商慣習を推進するためのインセンティブの提供も考慮されるべきです。健全な競争を促し、プレイヤーにとって公正で魅力的な遊技環境を提供するホールやメーカーに対する評価を高めることが、長期的な視点で業界全体の健全化に繋がります。

 遊技業界の未来は、今日存在する問題に対して業界がどのように対応していくかにかかっています。抱き合わせ販売や不正操作の疑惑などの問題を克服し、公正で透明性の高い業界を実現することで、プレイヤーの信頼を取り戻し、遊技業界全体の持続可能な発展を促進することが可能です。これは、単に規制を強化するだけでなく、業界全体の意識改革と倫理観の向上を求めるものです。このような取り組みを通じて、遊技業界は新たな時代に適応し、プレイヤーに支持され続ける文化を育んでいくことができるでしょう。

 最終的に、遊技業界におけるこれらの問題は、プレイヤーの遊技体験の質に直結します。不正や抱き合わせ販売が横行する業界では、プレイヤーの満足度は低下し、遊技業界全体の将来に暗い影を落とします。このため、遊技業界はこれらの問題に真摯に向き合い、透明性と公正性を高めることで、プレイヤーからの信頼を回復する努力が求められています。遊技業界が直面している問題は単一の企業や特定の商慣習に限定されるものではなく、業界全体の構造的な課題に根ざしています。そのため、解決策も業界全体での共同作業と、関係者間の協力によってのみ実現可能です。

 この文書を通して、遊技業界の現状と抱える問題、それらに対する業界関係者とプレイヤーの反応、問題解決に向けた提案を概観しました。遊技業界がこれらの問題を克服し、健全で持続可能な発展を遂げるためには、全ての関係者が協力し、積極的に取り組む必要があります。具体的には、法的な枠組みの整備、業界内の自主規制の強化、プレイヤーの権利と利益を守るための啓蒙活動などが挙げられます。また、テクノロジーの進化を活用して、遊技機の公正性を保証するシステムの開発や、不正行為を防止するための監視体制の強化も重要です。

 業界全体での意識改革には、プレイヤーからの声も不可欠です。プレイヤーが積極的に業界の動向を監視し、不正や不公平な商慣習に対して声を上げることが、業界を健全な方向に導く力となります。消費者保護団体やプレイヤー団体の役割もここで重要となり、業界への意見提出や政策提言を通じて、プレイヤーの利益を守るための活動を強化する必要があります。

 最終的に、遊技業界の健全な発展は、単に経済的利益を追求することではなく、社会的責任を果たし、プレイヤーにとって魅力的で公正な遊技環境を提供することによって達成されます。業界関係者、プレイヤー、監督機関が一体となって取り組むことで、遊技業界は新たな信頼を築き、長期的な繁栄を実現することができるでしょう。

 この文書は、遊技業界が直面している複雑な問題を浮き彫りにし、それらに対する解決策を模索する試みです。業界全体での共同作業と持続的な努力により、遊技業界はより健全で公正な未来へと進むことが期待されます。

以下、本文を参照してください。


フィールズの抱き合わせ販売について

 フィールズによる抱き合わせ販売の問題は、ただ単に販売手法の問題に留まらない、パチンコ業界全体の構造的な問題を浮き彫りにしています。この問題は、ユーザーのニーズや業界の健全性を顧みず、短期的な利益追求に走るメーカーの姿勢と、それを許容する業界の体質から生じていると言えるでしょう。保通協の検査料の問題も同様に、業界の構造的な問題点を指摘しています。1台を通すための検査料が高額であること、それに伴う天下りの問題など、業界内部の金銭的負担や政治的な側面が絡み合っているのです。ここには、業界がより健全な運営を目指す上での障壁が存在しています。

 これらの問題提起に対して、多くのユーザーからの反応が寄せられています。新台の機種数を制限すべきだという意見や、無駄な新台を減らして1機種に力を注ぐべきだという声が挙がっています。また、メーカーとホールの不健全な関係、特に「機歴」に基づく販売方法に対する批判も多く見受けられます。

 しかし、これらの問題点に対して、具体的な解決策を見出すのは容易ではありません。業界の健全な発展を阻害するこれらの構造的問題を解決するためには、メーカー、ホール、ユーザー、そして関連する監督機関が協力し、業界全体で取り組む必要があります。具体的には、公正な競争を促進するためのルール作り、透明性の高い業界構造の構築、ユーザーの利益を守るための取り組みなどが求められます。

 フィールズの抱き合わせ販売や保通協に関する問題提起は、業界全体が直面する課題の一端を示しています。これらの問題に真摯に取り組むことが、業界の持続可能な発展への道を開く鍵となるでしょう。パチンコ業界がこれからもユーザーに支持され、健全な遊技文化を育むためには、業界内外の多くの関係者が力を合わせて取り組むことが必要です。

フィールズの抱き合わせ販売問題について、遊技業界の現状から、プレイヤー、メーカー、そして遊技ホールの三者間で繰り広げられている様々な意見や状況が浮き彫りになっています。サラリーマンの平均おこづかい金額として挙げられた一ヶ月に33,500円は、パチンコやパチスロを楽しむには決して高い金額ではありません。このことから、遊技をする上での経済的制約を感じる人も少なくないでしょう。

 フィールズに対する批判の声は多岐にわたり、抱き合わせ販売の実態や、それによって生じる業界内の問題点が指摘されています。抱き合わせ販売とは、人気のある機種を購入する際に、不人気の機種も一緒に購入しなければならない販売方法です。これにより、ホール側は不本意ながらも、売れ残りが予想される機種まで購入しなければならなくなり、経済的負担が増大しています。

この抱き合わせ販売は、遊技業界内での不公平を生んでおり、特に小規模な遊技ホールはこの影響を大きく受けています。さらに、この問題は遊技業界の衰退を招く原因の一つとも指摘されており、上場企業がこのような販売方法を行うことで、業界全体のイメージダウンにも繋がっています。

 フィールズだけでなく、他のメーカーにも同様の問題が見られること、また、このような商法が長年にわたって続いていることから、業界の根本的な問題として捉えられています。メーカー側は、人気機種を利用して不人気機種の販売を強制することで、短期的な利益を追求していると言えるでしょう。しかし、これが長期的な視点で見た場合、プレイヤーの満足度の低下や遊技ホールの経営難を招くことになり、結果的に業界全体の縮小を招く可能性があります。

このような状況に対して、プレイヤーや関係者からは、不買運動や業界の健全化を求める声が上がっています。また、独占禁止法違反の可能性に言及する意見も見られ、法的措置を求める声もあります。しかし、これらの問題に対する解決策は簡単ではなく、業界全体での根本的な改革が必要とされています。

 遊技業界が抱える問題は多岐にわたり、抱き合わせ販売の問題点はその一端に過ぎません。業界の健全な発展を望む声は多く、このような不公平な販売方法に対する批判は、業界に対する愛着と期待の裏返しとも言えるでしょう。今後、業界がどのように対応していくのか、その動向に注目が集まります。

 フィールズ社の抱き合わせ的販売方法に関して、多くのホール運営者や関係者からの不満が爆発している様子が、SNS上での様々なコメントから伺えます。これらの声は、遊技業界の暗部を照らし出し、その根深い問題に光を当てるものです。一方で、この問題に対する解決策や行動を呼びかける声も散見され、業界内部だけでなく、外部からの圧力も必要とされている状況が浮き彫りになっています。

 あるホールの運営者は、フィールズによる変わらない抱き合わせ販売の実態に対して、絶望的なコメントを残しています。これには、多くの業界関係者や遊技者からの共感が寄せられており、「フィールズは独占禁止法違反で罪に問われるべき」という意見や、「社員が攫われて痛い目に遭うくらいがちょうどいい」という極端な意見まで飛び出しています。これらのコメントは、業界内のフラストレーションの高まりを物語っています。

 さらに「フィールズには警察が介入してもいい」という意見があり、業界のルールや公平性に対する疑問が指摘されています。こうした意見の中には、抱き合わせ販売を法律で規制すべきだという強い主張も含まれており、現状に対する怒りや不満が感じられます。

一部のコメントでは、フィールズの行動がSANKYOのような他社にも影響を及ぼしているとの指摘もあり、遊技機メーカー間の競争や相互影響についての懸念が示されています。これは、一企業の商行動が業界全体に波及効果を持ちうることを示唆しており、業界内の健全な競争環境の維持が重要であることを物語っています。

 結論として、フィールズによる抱き合わせ販売方法に対する批判は、単に一企業の商慣習に対するものではなく、業界全体の健全性と公正さを巡る深刻な問題を浮かび上がらせています。これらのコメントは、業界関係者や遊技者の間で共有される不満や懸念を反映しており、遊技業界における公平性と透明性を確保するためには、法的規制や業界ルールの見直しなど、根本的な対策が求められていることを示しています。

 フィールズの抱き合わせ販売についての批判と、それに対する多くの反応が寄せられています。遊技業界の深刻な問題を浮き彫りにし、プレイヤーたちの間で様々な意見が交わされていることが見て取れます。抱き合わせ販売は、特定の商品を購入することを条件に他の商品も購入させる販売方法であり、この場合、遊技機の販売における問題行為として指摘されています。プレイヤーたちは、業界のこのような商慣習に対して、強い不満を表明しています。

一部のコメントでは、この問題が遊技人口減少につながることを危惧する声が挙がっています。また、機歴販売がなくなったとしても、その利益が客側に還元されるかどうかについて疑問を呈する意見もあります。これは、業界全体の課題として、単に商慣習の問題に留まらず、プレイヤーたちにとって直接的な影響を及ぼす問題であることを示しています。

 さらに、遊技業界におけるルール違反や僭越(せんえつ)行動へのペナルティー不足を指摘するコメントも見られます。こうした問題行為が放置されることで、業界全体が衰退する恐れがあるとの警鐘を鳴らしています。このような指摘は、業界が直面している根本的な問題に対する深刻な懸念を反映しています。

 抱き合わせ販売の具体的な問題点として、「キレキ」という名で抱き合わせ販売が行われているとの情報もあります。これに対し、証拠を集めて刑事告発すべきだとの意見が出されています。このような強硬な対応を求める声は、問題の深刻さと、適切な対応がなされていない現状への不満があることを示しています。

 また、フィールズに対する批判だけでなく、遊技業界の構造的な問題にも目が向けられています。例えば、メーカーが直接販売すべきだとの意見や、機歴販売の問題について、より良い遊技機を提供することで解決すべきだとする声もあります。こうした意見は、業界全体の健全な発展と、プレイヤーたちの利益を守るための提案として重要な意味を持ちます。

この議論は、遊技業界における深刻な問題に光を当てると同時に、プレイヤーたちの声が業界にどのような影響を与えるか、また、遊技業界がこれらの問題にどう対応していくべきかという、より大きな問いかけを私たちに投げかけています。遊技業界の未来は、これらの問題への対応にかかっており、業界関係者だけでなく、プレイヤーたちの積極的な関与も求められています。

フィールズの抱き合わせ的販売方法に対する議論は、遊技業界の深刻な問題を浮き彫りにしています。この問題は、製造メーカーが自社の製品を市場に出す際に、他の製品との抱き合わせ販売を行うことで、ホール経営者に選択肢を制限し、結果として市場の健全な競争を損なう行為です。このような状況は、業界全体に対する信頼を著しく損ねるものであり、特にユーザーからの信頼を失うことに直結します。

 一方、遊技機の操作によって当たり内容が変わるという「仕込み」疑惑については、遊技機の公正性を疑問視する声が根強く存在します。遊技機が公正なランダム性を保持しているかどうかは、ユーザーが遊技を楽しむ上で極めて重要な要素です。もし、内部的な操作や不正が存在するとすれば、それは遊技業界全体の信頼性を根本から揺るがす事態と言えるでしょう。

 ネット上のコメントを見ると、フィールズがいなくなった場合の影響について言及する声や、販売方法を巡る遊技業界内部の論争、さらには遊技機操作に関する疑念など、多岐にわたる意見が見られます。これらのコメントは、遊技業界における深刻な課題が多数存在することを示しており、業界全体でこれらの問題に向き合う必要があることを強く感じさせます。

 特に注目すべきは、遊技機の「機歴」を買わない宣言を行うホールの存在です。これは、大手メーカーに依存しない経営戦略を模索する中小規模のホールが、自前での販売に力を入れる動きを示しています。このような動きは、市場における多様性を保ち、ユーザーに対してより多くの選択肢を提供することに繋がるため、業界全体の健全化に貢献する可能性を秘めています。

しかし、これらの取り組みが業界全体の問題を解決するには至らない現実も存在します。遊技機の不正操作疑惑や抱き合わせ販売といった問題は、一部の良心的なホールやメーカーの努力だけでは根本的な解決には繋がりません。業界全体でのルール作りや、適正な競争を促すための仕組み作りが急務であると言えるでしょう。

 最終的に、遊技業界におけるこれらの問題は、ユーザーの遊技体験の質に直結します。不正や抱き合わせ販売が横行する業界では、ユーザーの満足度は低下し、遊技業界全体の将来に暗い影を落とします。このため、遊技業界はこれらの問題に真摯に向き合い、透明性と公正性を高めることで、ユーザーからの信頼を回復する努力が求められています。遊技業界が直面している問題は単一の企業や特定の商慣習に限定されるものではなく、業界全体の構造的な課題に根ざしています。そのため、解決策も業界全体での共同作業と、関係者間の協力によってのみ実現可能です。

 遊技業界における抱き合わせ販売や不正操作の疑惑などの問題に対処するためには、厳格な規制の導入や既存の規則の強化が必要です。また、消費者保護を重視した業界のガイドラインを設け、それらを実施するための監督機関の権限を強化することが求められます。これには、公正取引委員会や保通協などの既存の機関が、より積極的に業界の問題に介入し、不正行為や不公平な商慣習に対する罰則を厳格に適用することが含まれます。

 さらに、ユーザーと業界関係者の間での情報共有と意識啓発も重要です。遊技機の選択肢を制限する抱き合わせ販売の問題や、遊技機操作に関する疑念などについて、ユーザーが正確な情報を持ち、理解を深めることができるような取り組みが必要です。これにより、ユーザーが自らの権利を守るための行動を取りやすくなります。

 また、業界内での良心的な取り組みや倫理的な商慣習を推進するためのインセンティブの提供も考慮されるべきです。健全な競争を促し、ユーザーにとって公正で魅力的な遊技環境を提供するホールやメーカーに対する評価を高めることが、長期的な視点で業界全体の健全化に繋がります。

遊技業界の未来は、今日存在する問題に対して業界がどのように対応していくかにかかっています。抱き合わせ販売や不正操作の疑惑などの問題を克服し、公正で透明性の高い業界を実現することで、ユーザーの信頼を取り戻し、遊技業界全体の持続可能な発展を促進することが可能です。これは、単に規制を強化するだけでなく、業界全体の意識改革と倫理観の向上を求めるものです。このような取り組みを通じて、遊技業界は新たな時代に適応し、ユーザーに支持され続ける文化を育んでいくことができるでしょう。


分析・解析・レビュー


hakase

下記に出力します。


識者によるレビュー

ホルストローマン
結局一般の人たちって、こういう動画やネットの書き込みで悪いねってのを目にしてオウム返しに悪い悪いって繰り返して言っているだけだから。今回、1300件くらいのネットのレスを読み込ませて4000字に圧縮させたが、中身は全部同じようなものだった。

長すぎて読んでない。中身もだいぶかぶっているだろう。

何が悪いの?中古の値段は300万円だよって聞かれたら、答えられるのかな。

過剰な機械代は客の負担っていうのも、ホール側の機械予算内だから結局抱き合わせのクソ台を買わなくても何かしら買うわけで一緒。客の総数は変わらないし、落としていく金=利益も変わらない。

全メーカー良い台しか売らない。クソ台は全部お蔵入りさせるとしよう。クソ台開発期間の人件費、版権代などの開発費もろもろを良台に上乗せして機械代をあげれば文句ないのだろうか。

全メーカーで、ホール側が判定した事前良台だけ、パチンコ100万円、スロット100万円で売ればいいのだろうか。そっちの方が儲かりそうだからいいけど。良台を生み出せないメーカーは売るものがなくなって潰れる。

アラブ

まあほとぼりすぎれば沈静化するからほっとけばよろしい。

F社恒例の抱き合わせはちょっとお休みだね。他メーカーがやっているのを踏まえてから再開が理想。東京喰種3000台しか作らないけどーって、何も言わずにサイレント抱き合わせでもやればいいよ。良台を絞って飢餓感を与えればホール側から望んでくるもの。



版権の深掘り

Q.時間がないのであとで

A.更新までお待ち下さい。


参考作成画像集


時間ないからアスカとレイが抱き合うのでいいや


はい適当


泣かせると不細工になりがちか


時間ないから描写の指定はしないが、再現度低いな


泣かせるのやめるか


笑えばいいと思うよ。


もはやアスカでもレイでもない


もういいや時すでに時間切れ




■関連記事

Lスマスロ交響詩篇エウレカセブン4 HI-EVOLUTION

スロット関連記事

【期待薄】Lスマスロ エウレカセブン4 HI-EVOLUTIONの事前評価「エウレカどうかなぁギアスがあの様だとすげー不安だ」【更新1】

2024/2/27

ベース高めの初当たりかなり重めって流行る要素が無いというか・・・。スペックとゲームフローはまあ無難じゃね?割は知らんがATならそんな低くはしてないでしょ。まあ問題は演出と冷遇あるかでしょ

Pファンキードクター 悪魔12000ver.

‎パチンコ関連記事

【非難】Pファンキードクター 悪魔12000ver.の事前評価「こんなの打てるか。射幸性を高めればいいってものではない」【更新2】

2024/2/27

単純計算で1/1156.6で突入か。ろっ…6%って…それ掴むのにお幾ら万円ですかって感じだな…。ボーダー回ってようやく4万8000円で1回引けるかどうかだからかなりキツイ

Lパチスロうる星やつら

スロット関連記事

【さだめ】Lうる星やつら スマスロの事前評価「うる星やつらサミーかと思ったらニューギンかよ。一気に冷めた」【更新1】

2024/2/27

なんでうる星こんな仕様なんだよサミー!・・・と思ったがニューギンか。どうでもいいや。


3 1 vote
↓ 星をクリックで評価投票!

■最新投稿記事

Pファンキードクター 悪魔12000ver.

‎パチンコ関連記事

【非難】Pファンキードクター 悪魔12000ver.の事前評価「こんなの打てるか。射幸性を高めればいいってものではない」【更新2】

2024/2/27

単純計算で1/1156.6で突入か。ろっ…6%って…それ掴むのにお幾ら万円ですかって感じだな…。ボーダー回ってようやく4万8000円で1回引けるかどうかだからかなりキツイ

e新必殺仕置人 超斬撃

‎パチンコ関連記事

【無理】e新必殺仕置人 超斬撃 スマパチの事前評価「最初の60%×60%で心折れそう。まぁ打たんけど」【更新1】

2024/2/26

上位ラッシュの転落式とかストレスえぐそう。転落でそのまま通常とか絶対打ちたくないわ

Pひぐらしのなく頃に・輪廻転生

‎パチンコ関連記事

【またかよ】Pひぐらしのなく頃に 輪廻転生 パチンコの事前評価「大人しく業卒の台作って確中は梨花と沙都子のDBバトルやらせとけばいいのに」【更新1】

2024/2/26

ひぐらしはファンじゃない限り名前と台が一致しないわ。ひぐらしのドラゴンボール見れるんか?


Lスマスロ交響詩篇エウレカセブン4 HI-EVOLUTION

スロット関連記事

【期待薄】Lスマスロ エウレカセブン4 HI-EVOLUTIONの事前評価「エウレカどうかなぁギアスがあの様だとすげー不安だ」【更新1】

2024/2/27

ベース高めの初当たりかなり重めって流行る要素が無いというか・・・。スペックとゲームフローはまあ無難じゃね?割は知らんがATならそんな低くはしてないでしょ。まあ問題は演出と冷遇あるかでしょ

Lパチスロうる星やつら

スロット関連記事

【さだめ】Lうる星やつら スマスロの事前評価「うる星やつらサミーかと思ったらニューギンかよ。一気に冷めた」【更新1】

2024/2/27

なんでうる星こんな仕様なんだよサミー!・・・と思ったがニューギンか。どうでもいいや。

L押忍!番長4

スロット関連記事

【失望】L押忍!番長4 スマスロの事前評価「番長おわったな。なんじゃあのショボいスペックは」【更新1】

2024/2/28

これ本当にリゼロのお付き合い台になっちゃいそうだな。2.7枚なんかアホくさくて打ってられん。番長が逝ったか。大都ほんとに最近どうした? まどマギフォルテの再来やろこんなん


その他,パチンコ業界,関連記事

【賛否】機械代が150万は妥当?不当?糞台抱き合わせや高騰中古買うよりもいいだろう。

2024/2/28

これからは台数絞って台価格を上げるのがトレンドになるんかな~。リゼロ2は新台3台分の価値はあるしいいんじゃね。機歴しないならありだと思うけどね

その他,パチンコ業界,関連記事

【搾取】産廃大量生産してるメーカーや押し売り業者Fとかが儲かって仕方ないのがおかしい

2024/2/17

ボッタ店が潰れるターンはだいぶ前に終わって今は中小の優良店も潰れていってるよ。10回ぐらいしか回らないのも珍しくないからな。そりゃ客も減るよ。そういう店はどんどん閉店して下さい。

その他,パチンコ業界,関連記事

【今更】抱き合わせ販売なんて所謂「商習慣」としてこれまでもずっとやって来た事なんだけど、流石に今回のシン・エヴァはやり過ぎた

2024/2/14

抱き合わせなんて昔からだし今更騒ぐか?今さら?こんなのもう何十年もやってきただろ?w 自分達は法を迂回して営業してるくせに都合が悪いときだけ法に頼んなよダセェ。まー朝●人同士のシバキ合いなので、タヒぬほどどうでも良いこと

-コラム

0
評価コメントを書き込んでくださいx