パチンコ業界就職情報

【大不況ループ】2015年は、さらなるコスト削減の年になる。(>_<) 【継続!】

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

ちなみに年末年始は、近所のパチンコ屋は全部満席である。
よく打つもんだと、お金持ちの多さに感心する。

2015年、業界不況まっただ中で、ことしはどうなってしまうのだろうねといった話だが、

ここ数年、マルハンは徹底的に機械導入コストを下げ
その分が利益となってきている。

他のホールもそれを真似て追随する格好となっている。

客が減り、売り上げが減る一方で
コストダウンをしなければならないのは、必然とも言える。

そして、ホール側が、楽に思いっきり抜ける機械を要求するのも当然だ。

パチンコは、MAXタイプで台粗利が、10000円を超えるような台でないといらない。
スロットも10000の粗利が求められるだろう。

客のふところなどしったことではない。

甘い機械はいらない。

減る客から一方的にむしり取る。
機械代は減らす。
各台計数機で人件費も減らす。
従業員の給与も上げない。

パチンコ屋は、引き続きこの流れで、
ファンを減らしつつも、なんとか維持していくことが予測される。

その余波で、メーカー側は販売台数がじりじりと減ってきている。

2015年は、メーカー側にもかなりのコスト削減が要求される年となるだろう。

知っての通り、一部の中小メーカーは昨年リストラを行い、
直販営業社員を全員解雇したところもある。

年に数機種しか販売しない中小メーカーの場合
直販営業社員は、普段遊ばせておくだけであり、
経費がかかるだけの不要な存在である。

別に台を売るだけなら、
代行店に販売してもらえばいい。

まあ当然の流れだな。

中小メーカーの、製販分離が加速してきたとも言える。

ひとつの機械を販売開始し、販売終了するまで
どこのメーカーもひと月程度で終了してしまう。

○月用の機械として売っている以上、
販売する方もひと月程度で売り切らなければならない。

そして、市場はすぐ次の月の商戦に移っていくのだ。

とても早いのだ。

営業社員には、

基本の給与のほかに

 社会保険料
 車両台(燃料代、駐車場代)
 備品
 事務所経費

色々含めていくと、末端の平社員でも、全部組み合わせると500~600万ほどの維持費がかかる。
ベテラン格にになると、もっと払わなければならない。

営業社員のマンパワーだけで機械が売れる時代ではない。
売れないモノは絶対に売れない。

ホール側に余裕もお金もないのだ。

マルハンのような機械削減の流れで、

いらないものは、絶対にいらない!

きっぱりとした態度を示す大手法人が多くなってきた。

抱き合わせ?
しなくてもどうせうちには売るんでしょ?

メーカー側も大手には分が悪い。

それでもしょうがなく、
買っても法人あたり、追い返し料程度の数台だ。

中小に至っては、
つきあいすらできないほど、本当にお金がなくなっている。

販売台数が、2015年は、2014年比10%下がるとすると

メーカーは、コストを、それ以上に下げないとならないだろう。

そして、将来もっともっと販売台数が下がっていくことを想定すると、
今から人的リソースを見直さなくてはならなくなる。

メーカー営業には、一気に冬の時代が来るかも知れない。

直販販売を縮小し、代行店販売の比重を増やしてくるところが増えるだろう。

大手メーカーが、代行店販売を強化し、
地方の有力代行店の囲い込みに入る。

もしくは、既存の直販営業社員に退職してもらって
専属業者になってもらうということか・・

どちらにしろ、社内で他部門に転籍もできないような
末端のスキルのない営業社員は、先を考えた方が良さそうだ。


あなたのポチっ♪が業界を終わらせる





-パチンコ業界就職情報