ぱちんこ業界ネタ・旧

キャプテン翼、作者の出身地に銅像建立へ-少年時代の大空翼を製作中

0 0 votes
↓ 星をクリックで評価投票!

漫画「キャプテン翼」の主人公である大空翼の銅像が、2013年春の建立を目指し計画が進んでいる。

 同作品はサッカー少年である主人公の大空翼が、サッカーや仲間を通じて成長していく物語。連載は1981(昭和56)年から始まり、単行本は国内で7000万部以上の記録を持ち、海外でも多くのファンが存在。現在世界で活躍するサッカープレーヤーに多くの影響を与えたコミックとしても話題に上がる。

 同作品の原作者である高橋陽一さんは葛飾区四つ木の出身。高橋さんの出身校である南葛飾高等学校の通称である「南葛(なんかつ)」は、同作品の舞台となった架空の地名である静岡県南葛市の名称のモデルにもなっている。

 銅像は少年時代の大空翼の製作を目指しており、現在高橋さんとの打ち合わせを行っている最中という。区観光課の担当者は「四つ木地域の住民たちを中心にキャプテン翼を活用した地域活性を計画していた折、雑誌のインタビューで高橋さんが地元に銅像を造り地域活性をしたい旨の記事があり、今年の春から進めてきた。銅像を建立するだけでなく、この銅像を利用して地域の活性化のきっかけになれば」と期待を寄せる。

 建立場所は現在、四つ木1丁目に新たにできる公園内の予定で、「来年春を目標にお披露目のイベント開催を目指している」(同)という。

(葛飾経済新聞)

---------------

ことしはキャプテン翼になにかがおきる? 目

0 0 votes
↓ 星をクリックで評価投票!



おすすめ人気記事

1

たまには前のりして夜のソウルにいってみようと、ミョンドン付近に安い寝床をとった。ソウル駅のベンチで夜を明かすよりは、ましくらいな程度でいいかな。といきなり飛行機が遅れ、ソウルへの移動がぎりぎりに。仁川空港から空港直通鉄道に43分乗ってソウル駅着

ゴミくずニート 収支 2

0 0 votes ↓ 星をクリックで評価投票!     年々ホールの稼働、売り上げが低下している。にもかかわらず粗利は一定数抜いている。客の負担だけが、じわじわと上がっている状況 ...

3

楽園お得意の営業力で、相当インパクト強めに出さないと周辺客は奪えない。客を飛ばさないためには、グランド後もギリギリの経営で長期的に通常営業でもPIAがよりも出し目にしておいて徐々に客をつけるしかないけど…そこまでする必要あるのか。しないと思われる。リスクのほうが大きい

-ぱちんこ業界ネタ・旧

0
コメントを書き込んでくださいx