ようこそ僕らのパチンコ業界へ!

私たちの65%は悪意の塊でできています。



> ユニバーサル

ユニバーサル


スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク


y6erjue

本日導入のCR男塾は、どこもフル稼働である。
初日なので当たり前だ。
まあ中身がしょぼいので、すぐ飛ぶだろう。

我々は、幼き頃より宮下あきらの漫画はほぼ全て読破している。
そのため、今回のあまりの手抜きの作品にがっかりしている。




少年ジャンプから始まる団体バトル漫画方式は、
「リングにかけろ」から、おおいに流行ったと記憶している。

最初は、普通の青春ボクシング漫画だったが、
中学生を過ぎた頃から、必殺パンチを編み出し、
超人漫画になっていき、5VS5の世界戦に中学生が挑んでいくようになった。

同作者の車田まさみは、
こんどパチ化するが、風魔の小次郎でも団体戦でヒットさせた。

風魔一族と夜叉一族の10vs10の殺し合い。
まんまネタ的には、バジリスクだが、こっちのほうが古い。

聖闘士星矢も団体戦。青銅聖闘士5人組が活躍。
ドラゴンボールはほぼ悟空一強のためこれは団体戦ではないな。



そして、ジャンプの特徴として、かつての敵が、強い味方になる方式の権化が男塾である。
ほぼすべての敵が仲間になる。

魁のボス、藤堂兵衛も仲間になり男塾の助っ人となった。
暁のボス、紅しぇんろんも仲間になった。



通常の作品は、仲間が多くなりすぎる、キャラが多くなりすぎると、
それぞれに見せ場を振って、だんだん薄くなりつまらないものになっていく傾向にある。

ワンピースや、ブリーチ、ナルトの後半のつまらなさがその典型である。

ワンピースの最盛期は仲間がどっかにいってルフィが単独で行動した白ひげのあたりである。
よけいなモブキャラに時間をさかれないことで話を洗練させることができた。

ブリーチ、ナルトの終盤に至っては、もうだれがだれかもわからない。子供達には判別できているのだろうか。適当なモブキャラだらけでわけがわからなくなっている。


それにひきかえ、男塾の最盛期は、16vs16の戦いを繰り広げるトーナメントであり、
見せ場と各キャラの登場のバランスが非常によくとれていた。




gfhydfj


前置きが長くなったが、ぱちんこ、パチスロでの多人数バトル団体戦のシステムの表現を極めたのが
バジリスクだと思っている。

AT中は、重要な場面では、ほぼ5割方当たる、
ストーリーリーチになるが、通常は小キャラでさくさく進む。

このシステムで男塾だったら非常に面白いものを作れるはずだ。
ヒロインはいないが、なんとかなるだろう。


バジリスクは、3作目で今後スペックもダウンするだろうし、発展はない。
退化あるのみだ。今がピークであり、これ以上よくなるはずがない。
次作を出すとしても、きっちり3年の使用寿命を迎えてからにしてもらいたい。


そしてそのまえに、この画期的なシステムを他の版権で是非利用してもらいたい。


元の画面的には、カプコンやSNKの格ゲーそのまんまの画面だが、
よく昇華してパチスロに取り入れている。
他に使わないのはもったいない。







rtyhrwjふs

過去に流行った大型主要版権は、数が限られている。
版権契約うんぬんはおいておいて、失敗しても他のメーカーで、何度でも成功するまでやるべきだ。

AKB、キャプテン翼しかり、男塾、浜崎あゆみ、ジョー、キン肉マン。
失敗した版権はそこであきらめて終わらせずに、他のメーカーが新たにチャレンジして是非成功させて欲しい。

北斗にしろ、エヴァにしろ、同じシリーズで10作も続くともう飽きがきている。
版権の他社再利用こそが、ひとつの道であると考える。
















スポンサードリンク







人の振り見てわがふり直せという
ことわざがあるが、


他人の失敗ほど、参考になるものはない。曰く面白い。



大河はな燃ゆの失敗もそうだ。


脚本家を見るとやはり、


脚本 大島里美、宮村優子、金子ありさ


女性3名で作っているようだ。
少女マンガ気分で大河ドラマを作ってこけたのだろう。

主人公が無名な女の時点で企画倒れだが、
女主人公だから、脚本が女ってアホすぎる。
イケメンを育てる大河とか最初の頃いってたのもあほらしい脚本家が作っているのなら納得だ。


ミクシィのイベント失敗もそうだ。
キャパ3万強の会場で、炎天下に2万人が会場に入れずに、熱中症で倒れたり
怒り心頭で帰ったり、不手際が際立った。

入場はできないが、アイテムを配布中とのことで引き続き並ばなければならなく、被害を拡大したようだ。
結局並ばなくても手に入ったということで、さらに不満が高まっているようだ。

経験のない若い社員が、イベント企画して
想定外の事態が続出してこけたのだろう。

けちって大手のイベント運営会社を使っていないのかもしれない。



若者の失敗といえば、
そろそろ甲子園野球が始まる。


スポーツ観戦自体くだらないので、基本的にはまったく興味がないが、
甲子園と高校サッカーが唯一見るスポーツだ。

必死な形相をした、野球しかしていない増長した若者が失敗するのが愉快である。

プロ野球は、三振してもアウトになっても平気な顔で必死さが足りない。
1回負けるだけで終了となる高校野球がとても必死で面白い。






おそらく井の中の蛙状態で、地域でちやほや、もてはやされている、
野球しかできない体育会系若者が、次々と失敗して消えていく。

地元では増長していばりちらしているであろう若者が三振して結果を出せずに終わる。
増長したピッチャーがめったくたに打たれる。

名門強豪校と呼ばれる学校ほど、期待に添えず結果を出せずに
負けるのが良い。相手校を応援する。





名門強豪校は、体育会推薦で大学に行き、体育会系で
よい企業にも入り、勉強を一切することなく人生が安定する。

彼らにとっては役に立たない勉強よりも、スポーツを極めたほうがよいということだ。
プロになるようなものは、一握りである。

かくいう私も進学高兼スポーツ強豪校出身なので
そういった考えの体育会系の友人が周りにたくさんいたのでよくわかる。

別に結果を出せなくても、名門校なら推薦枠は毎年有名私学に一定枠あり、
そのまま進学可能である。補欠だろうが、別に将来プロになるわけではないのだからOKだ。


高校野球の若者も
甲子園に出たという看板さえあれば、就職に有利になり
将来安定だ。野球で食っていくわけではない。



体育会系といえば、
パチンコ業界は、ホール業務や、メーカー営業は完全に体育会系である。
よく文系理系の知的な学生が、人事にだまされて紛れ込んでくるが、
周りの体育会系のノリについていけずにすぐにやめていく。

人事のノルマ埋めにつかわれているだけなのにな。








さて、失敗知らずのアルゼ様が、

今なんと庶民のために、スロットアプリを120円で販売しているのだ。


http://www.universal-777.com/product/mobile/smart_phone.php


昔ガラケー時代に、この種のアプリを買ったことがあるが、
スマホ時代になって、久しぶりに買ったが、


再現度がすごいな。


昔のスーファミや、PSでパチンコやスロットのゲームを買ったことがあるが
それと比べて、あたりまえだが、すごい進化をしている。



バジリスクと、ヤジキタを購入した。(※1700円)


設定1にしてどれだけ負けられるかを試している。
設定6にして、強制フラグをたくさんたててヒャッホイしてもすぐ飽きる。



この手のものは負けを楽しむのだ。



バジリスクで設定1を50000Gも高速回しすると
だいたいメーカー発表値の出率97%に落ち着いてくる。

わかるのは結局、1/50000のフリーズや、
真瞳術チャンス込の出率だということだ。

それ込みで作られているので、あたりまえっていえばあたりまえだが、



実際のホールでも、フリーズと真瞳術を引かないと、
結局ほとんど負けるということだ。

あと、出率97%ってあまり負け額は大きくならないのだな。




そしてアプリは、負けを体感するのに非常に役立つ。リハビリのようなものだ。

多くの人は、パチンコやスロットで大勝をすると
帰りに雑誌やネットで、その機種をさらに調べたりして
高ぶってまた打ちに行こう!

となり、でもって調子に乗って勝ち金額以上に負ける。




だが、アプリならいくらでも負け放題である。




ホールの通常設定たる、設定1にして、
負けを何度か疑似体感する。




いってもどうせほとんど負けるよ・・
たまに奇跡的に運で勝っても、確率が収束すれば負ける・
だったらやらないほうがいいな!




低まって、そんな感じになればよい。

勝ちで脳がぱちんこ中毒になり、高まった気分もおさまるだろう。


アプリは、パチンコパチスロを卒業するのに
非常に役立つのだ。



みなも試すとよいだろう^^

 



スポンサードリンク

rtewsy


識者によると・・






trえwy
y5えwy


我らが岡田美術館は、一部収納品を退避させたとはいえ、
まだまだ通常営業をしているようだ。



なんという、庶民への奉仕精神であろう。





建物は壊れてもまた直せばいいが、
歴史のある美術品はそうもいかない。


安全になるまで、ほとんど退避した方がいいと思うがね。
誰もが納得するよ。









それはそうとして、
ユニバカーニバルまでもう少しである。

帝都では電車に膨大な中吊り広告を見かける。


かなり金をかけてるなー


https://universal-carnival2015.com/


tえwyた





サミーがこけた今、
ここ最近の機械は、アルゼのひとり勝ちである。


 バジリスク
 まどまぎ
 ハーデス、ゴッド
 沖スロ
 ハナビ


この流れは、ほとんどの機種がホールの経営に貢献し、
設置がほぼアルゼの機械のみだったころの
全盛期の勢いを思い出す。


アルゼの機械じゃないといらないよ

そんな感じだった。





今年は、スロットメーカーも
かなり危ういのがたくさん出てきそうだ。





どの機械もたいしてスペックが変わらず
どのメーカーもカタログでは、
純増枚数、上乗せ契機をのせる程度であり、
代わり映えがほんとうにない。


だったらもう大手の機械だけでよい。



2015年はさらにアルゼ帝国が隆盛するだろう。


かつては、多くの企業が協賛し、
パチンコパチスロフェアを大々的に行ってきたぱちんこ業界だが、
たった1社で、ファンイベントを行い、
業界に貢献できる企業規模は早々ない。




このイベントで別に儲かるわけではなく、純粋な出費だけだ。



ぱちんこ、パチスロファンへの稼働促進ともなれば、
ホール側も、どこのメーカーも素直に応援するだろう。



世間の流れから、ライターイベントも収束に向かうことが想定されるので
最後に見ておくこともよいだろう。




いまパチンコ業界は非常に景気が悪い。
今後もっともっと悪くなる。
ホールもメーカーもどんどん危なくなるだろう。




だが、儲かっているメーカーが
ファンを増やす取り組みとして、業界に大きく貢献するのは賛同できる。



今回のイベントも是非とも成功してもらいたいところだ。




rtuduh

それにしても
サンシャインでカーニバルの時に、
箱根の施設が大炎上しないといいね^^







スポンサードリンク

gれらq




この時期のぼったくりパチンコ屋に行くわけもなく
退屈なGWを過ごしていたところに

なんかエキサイティングなニュースが飛び込んできた。


箱根が噴火するかも!?



ということだ。


箱根には幼少のころからよく訪れており、
今も年に何度も足を運ぶところだ。



ネットで箱根山を見ると、
我らが岡田美術館が目と鼻の先にある。


アルゼ社員は、ユニバカーニバルなんて準備してる場合じゃねーだろ。
美術品をユニバカーニバルまで退避輸送して展示しろよくらいのことだろう。






hれhs




クソライターのバカ騒ぎより


「深川の雪」


をサンシャインで展示しろよ




とはいっても、かくいう我々も岡田美術館には結局一度も足を踏み入れていない。



この世から跡形もなくなくなる前に行っておこう!




こうして、我々愉快犯は箱根に取材に向かった。



もう一つ心残りは、

ジョギングをするものなら、一度は出てみたいのが
東京マラソンと箱根駅伝だろう。

東京マラソンは、抽選運が悪く、開始から一度も当たっていない。


箱根駅伝は学生のみだが、コースはいつでもある。
そのまんま国道1号線だ。




コース上にちょうど岡田美術館があるので、


なくなる前の、駅伝コースも走る!
このプランも入れた。




そういえば、旧街道箱根8里を徒歩で越える経験をしていない人は
早めにやっておいた方がいいね。

もうそっちの方は、何回もしてるから大丈夫である。



さて、湯本の駅に着くと、さすがに駅前は激込みであるが、
駅前を過ぎると、ゆったりとしてくる。



rgdg

さて、国1を走るかということだが、
道が噴火のせいで空いているせいか、車のスピードが速く危険である。

走るのは無理。
車と歩行者ぎりぎりくらい。





htrs

まあ歩くかと、早歩きでいくと
途中に吊り橋があった。


寄り道にちょいと行ってみると
ぐらぐらゆれる。



ここで地震か!



と振り返ると

中国人風男性がひとり立っていた。




引き続き早歩きで国1を進むが、
道路が狭く、
車が通るたびに危険である。


引き返そうかなと空き地で迷っていると
リュックを背負った、年配者が歩いてくるのが見えた。

この人も上まで歩くのだろう。


しめしめとばかりに、
この年配者の10mくらいあとから歩く。


車にひかれるのはこのおっさんだから安全だわ。




その先もあるくが、
途中でもう面倒だから
ちょうど来たバスにのって






htrs

岡田美術館になんとか到着


16時

人気がない入り口で
看板を見ると、

17時まで、入館16:30まで

と書いてある。

入館料2800円、庭園300円
計3100円


1時間では無理だわ。
それにしてもぼったくりにもほどがある

また今度?にしよう。
今度があることを祈る。




gえらが

あたりは、小涌谷で、
目指す大涌谷までもう少しである。

ここまで来たら
↑この有名な看板を自分の写真に納めて帰りたい。







上空は、TV局の取材ヘリらしきものがホバリングをしている。

そして硫黄臭い。


hrtsh
dふぇrsdzg

あたりは、普段なら人がたくさんいるのだろうが、
通行止めやロープウェーが止まっていることもあり、
閑散としてる


つーかもう夕方だし

タクシーもあたりにみあたらないので
徒歩で、大枠谷近くまで行ってみよう。


trshrs

途中に標識を見ると、封鎖が多い。
あと5kmだと、徒歩1時間くらいだけど



あたりに臭いがするなー




trhs

まあ時間も遅いし、往復の時間を考えるともう無理だろう。
大涌谷にタクシーも、バスもないと死ねる。


考えていると、
がらがらのバスが目の前からちょうど来たので、
ここで諦めて、それに乗って退散



バスの中は硫黄の臭いで充満している。

そして小田原で一杯やって帰宅。




今回の取材はすべて失敗に終わった。


旅は、午後からではなく
朝早くから行くべきだったなということだ。



噴火すると神奈川は火砕流で壊滅するそうなので
大変だよね。








次行くときまで岡田美術館があるといいな。

無料券くらいよこせよ。


<
br>














スポンサードリンク

このページのトップヘ

アクセスランキング