コラム

ごみくずニートは投資が3万超えると勝率7.9%まで下がる。パチンコってほんと勝てるわけないよな。動画見てるだけでパチンコやめられるわ

2019年9月4日

ゴミくずニート 収支

 

 

年々ホールの稼働、売り上げが低下している。にもかかわらず粗利は一定数抜いている。客の負担だけが、じわじわと上がっている状況である。SISデータでも乗っけたいところだが、ダイコク電機のものなのでのせられない。

客が減り、ひとりあたりから多く巻き上げる構造。マルハンダイナムクラスでも還元率は80%程度まで落ち込んでいる。

当たり前だが、客の勝率も下がる。P機、6号機になり使う金額は同じようなもので、投資金は変わらなくても機械のスペックダウンにより、勝ち金額は抑えられ逆転も難しい。ちょっと勝って大きく負ける。その繰り返しで客が減り続けてきている。

4円パチンコが顕著だ。郊外店を見ると低貸は客がついていても4円はガラガラ。負けるのに嫌気がさし、どうせ負けるなら負担の少ない方と、より低貸しへ向かう。かたや機械代は、50万円超えに落ち着こうかというくらいに上昇してきている。こうなると、店側は客に還元するわけがない。低設定、釘を思いっきりしめる営業をするところばかりだ。

スポンサーリンク

 

パチンコをやめるにはどうしたらいい?

 

自分のパチンコ収支をきっちりつけると負けっぷりに嫌気がさしてやめることができる。あまりの勝てなさに驚くからだ。

ここでお勧めするのは、自分で打たなくても、youtubeの実践動画を見るだけで打ってる気分になるということだ。とくにゴミくずニートの動画を毎日見て収支をつけるだけで、あまりの負けっぷりにパチンコをやめたくなることができる。超安上がりだ。私は毎日ごみくず、たまにシバターくらいみている。

彼のような動画配信者は、youtubeからの莫大な動画収入があるため、負けなど気にせずにパチンコを続けることができるが一般のサラリーマンなど可処分所得が限られる人は、こんな金のかかるパチンコなど打てるわけがない。

 

ごみくずニートは何故人気?

・編集技術がある
・気持ち悪い顔を出さない、個を出さない。あくまで機械遊技が主役
・10分程度と尺が適切

理由は、これだけに収まるだろう。いまやパチンコ動画配信者で完全にTOPといっていい。パチンコ動画を見る人は、機械を見たいのであって打っている人の顔を見たい訳ではない。いちいち声だしたリアクションもうざい。シバターくらい有名になれば別だが、誰これ?程度の勘違いイケメンや女とか、機械の画面小さくしてまで顔うつす必要あるのだろうか。顔出したければ動画の最後の結果報告に出すくらいで十分だと思う。肝心の機械がろくに見えなければ意味がない。

ごみクズは別チャンネルで顔も公開しているので隠している訳ではない。一発狙ってごみクズ動画の模倣投稿者が増えているが、いい傾向だと思う。顔出してる配信者を駆逐してって欲しい。

 

ごみクズニートの収支結果 2019/8月まで

 

さて、毎日ストーカーのように、ゴミくず動画を見て収支チェックしているので最新集計結果を公開したい。

条件:

動画配信日ベース:ゴミくずは、同日に複数機種撮影して動画公開日を散らしているケースがあるが、撮影日ではなく動画配信日でカウントする。

収支:ゴミくずが動画末に発表しているものの集計(1000円単位)

※集計値が、ゴミくずが半期毎に発表している収支と動画をチェックした収支に相当な誤差がある。

動画:2019年上半期さらば諭吉戦績発表

こちらの集計だと、4,918,500円投資の4,031,000円回収、収支は-887,500円となっている。
みなさんも実際各動画末の収支を数えてみればわかるが、収支にして-20万の開きは大きい。

考えられるのは

・毎日の収支発表自体が一部間違えている。
・未公開収録がある。(ボツ)
・発表は1000円単位の収支だが、実際は500円単位の収支のため切り上げ切り下げが発生している。
・収録日ベースと動画配信日ベースの集計差
・貯玉している

こんなところだろうか。こちらも「業務」での集計ではないので、基本的に「いんだよ細けぇことは」の方針でやろう。

では収支を、一部であるが見ていこう。画像であるので、スマホだと拡大できずに見づらいかも知れない。PC表示推奨。
引き分けは、投資金額=回収金額の日のもの

スポンサーリンク

月収支:

年、トータル

 

年々、収支が悪化しているが、PS合算の通算値は、勝率48%、平均収支-2,965円となっている。
2019年現在のPS合算の1回あたりの収支は、-5,153円となっている。SISでみる市場平均よりちょっと悪いくらいか。結局勝ったり負けたりしながらこれくらいの長期間データとなるとだいたい落ち着いた数字になる。

 

 

勝率詳細

 

諭吉発生時毎の勝率期待値

これは、期待値なので、1回叫んだ段階で2回、3回と続けて叫ぶ可能性を考慮した集計

まず席に座って1回目の「さらば諭吉」を発声した段階で、勝率が47.8%。これは全体収支と同値。
さらば諭吉!が2回目で、投資金が1万円を超える。この集計は1万円~∞のものなので、2万、3万と投資金が増えていったものも内包している。ここから「さらば諭吉」と叫んで投資を重ねるごとに勝率が下がっていく。

3回叫んだ段階で、2万円の投資を超えると勝率は18.9%となり格段に下がる。6回諭吉発声。投資金5万超で勝率は0%。もう勝てない。ひたすら投資金額をどう回収するか苦しい遊技となる。

普段動画を見てて、発声回数を数えるだけでああもう勝てないなってのがわかると思う。

別の切り口からの集計もあるが、ほとんどの人が興味ないだろうから、これくらいにしておこう。

スポンサーリンク

 

勝ち金額、負け金額上位(2019年分現在まで)

 

ごみクズは、パチンコの場合粘らないのである程度で出ヤメが多いため、最終的な収支が伸びないままである。そのため上位はスロットで占められる。

 

日別で見ると、連勝する分には問題ないが、連敗の塊を見ると、20万負け、30万負けなど短期間に固まるのがよく見られる。ここに耐えられる資金がないとつらい。

スポンサーリンク

 

パチンコは勝てない。動画を見るだけで満足できるようになろう

 

こうやって、日々の勝ったり負けたりを繰り返して、1回あたりの収支平均は、▲2,965円となる。市場平均が▲4,000円~程度なので誰が打ってもこうなると見ていい。勝てないようになっている。

実際は、直近の2019年だけのものを見た方がいいので▲5,153円だろうが、

毎日打てば5,153円×30日で、月に15万円負け。
週末だけだと8日遊技として、月に4万円負け。

 

そもそも店が経営できている以上、客が勝てるようにはなっていない。どの客も常時勝てるようなら店はつぶれてしまう。ほとんどの人が、勝ったり負けたり試行回数を増やすごとに、これくらいの負け金額に落ち着くことになる。

ごみくずニートは、動画収入で月に100万円近く収入があるのだろうか?となるとこれくらいの負け金額は経費としても安いもの。だが一般人からしたらとんでもない金額だ。月数万円がこずかいのサラリーマンが週末遊技しただけで飛んでいってしまう。

負けるのは確定なので、パチンコを楽しみたければ低貸しだけ細々とやるのが一番。もちろん低貸しは釘も4円よりしめられており、スロも設定1確定クラスで結局ならした粗利も高い。同じ回転数ならより負けるわけだが。低貸しといえども、打てば負けてお金が減る。

だがこういった実践動画見るだけで自分が打った気になって十分楽しめるようになれば、お金は一切かからない。動画配信者ごとに収支をチェックして負けっぷりを眺めるのもおつだろう。

パチンコはスポーツ観戦と同じく「やるものではなく、観戦するもの。」ここまで割り切れるようになれば卒業できる。

ご参考に

 

へー

ほー

スポンサーリンク

あわせて読みたいおすすめ記事


-コラム
-,

Copyright© ようこそ僕らのパチンコ業界へ! , 2019 All Rights Reserved.