ようこそ僕らのパチンコ業界へ!

私たちの65%は悪意の塊でできています。



> yamasa

yamasa


スポンサードリンク

 

 

 

 


悪意あるメーカーから
リノ批判してよw、と依頼が来たが
私は応援しようおねがい



YAMASAリノだが、
情報公開を制限して
良噂を先行させ、最高に市場を作りあげたのちに、
導入ホールを選定し、奪い合いにまで達したものだが、







「百花繚乱が大好評」のD社のSISデータ速報値を見てまわりが愕然とした。


YAMASAの社員にしたら、膝から崩れ落ちたことだろう。


同週導入の新台エヴァAタイプの稼働が、20,000に対して、
リノは、11,000しかなかったのだ。

また、リノの粗利は、500円とほぼ出率は100%であった

出荷時の1/8状態を解除せずにつかった店があった影響なのか、
普通に甘く使ったか。

明日以降の、出荷時補正がない状態でのデータが気になるところではあるが、
甘いことは客にはいいことだ。


同日のエヴァの粗利が3500円ほどと、
これも出荷時RTを解除しない店の影響なのか、やけに良心的だ。

最近は、スロで、粗利が1万を超える新台ばかりだったので
やはりこれくらいでないと、客が持たないだろう。


リノは、すでに初日から客が飛んでいるという報告が多い。
一方では、万枚近い出玉も散見されている。


「解析がー、解析さえ出ればー」

YAMASA側の悲鳴が聞こえてきそうだ。

この手のものは、客に浸透するには時間がかかる。



4号機のミリオンゴッドの時、
新宿日拓にまず初期テスト導入したように、

強い店を選んでとか、選定して導入するには、
最初から難しい癖のある機械に多い。

弱い店に入れて、弱い使われ方をすると
機械のパワーを引き出してもらえない。






YAMASAからすると、リノは
当たれば儲け程度の、
非液晶機の完全テスト機であり、
本命は、あとにひかえる、キングパルサーと鉄拳である。

リノは四天王でいうと最弱であり、
ホールはYAMASA様にここでたてついて、いちゃもんをつけるのは
得策ではない。



「リノだめだよ、クソだよ。ゴミだよ。失敗だよ。」


成功した時には自分の手柄として何も言わないが、
ちょっとダメだとホールは、メーカーにすべて責任をおしつける。


だがちょっと待って欲しい。
それこそ結果が出るまで、もう少しだけ待とうではないか。




現在大好評のD社の百花繚乱は、
駆け込み導入機種中では完全ノーマーク状態であったのにもかかわらず
SISで1位であった。

業界人の思い込む「イイ」と
客の「ワルイ」はいつもながら相当開きがある。





これがYAMASAの開発力!!


そんな機械がすぐにでてくることだろう。

再度言おう。
YAMASAへの批判は、パルサーと鉄拳をみてからにしたほうがいい。


 

 

 

 

 



スポンサードリンク

 

 

 

 


12月スロ商戦に名乗りを上げているのは、現在3機種。

エヴァ:Aタイプ
秘法伝:ART純増2枚型
リノ:?




この中で、リノが情報をけちっている間に
エヴァの取り合いで決まりそうな気配になっている。





リノは、すごいんだぞ、という噂を流したはいいが、
もったいつけすぎて、エヴァや大都がでてくると、
もういいやとなっている。

情報を小出しにするほど間抜けなことはない。

地味な非液晶搭載で、萌えキャラもいない
メイン島をとてもじゃなくはれたものではなく、
チラシも地味で映えない。

キャラでは、エヴァ、秘法伝の足元にも及ばない。



秘法伝は、弱いスペックがネックだ。
新基準ART純増2枚型だと、
投資金かけても、しょぼ出玉ばかりで
客がもう嫌気を指しているようなものだ。

過去の実績で売れることは売れるだろうが、
ルパンのスロの二の舞になりかねない。






もう新基準ARTは勘弁、
ホールも客もそのような気配になっている。



そうなるとエヴァAタイプしか選択肢がない状況になっているようだ。

ハナビも2~3万台もの増産を行うように、
各社Aタイプへ回帰を始めている。


エヴァスロは、5号機序盤に人気のあったコンテンツであったが、

その後、メーカーがAT、ART時代についていけずに
すっかりバラエティコーナーが定位置となってしまったが、

AT、ART時代が終わりを告げ、再びAタイプが脚光を浴びてくると
ホール側もかつての貢献を思い出し、
購入を決めようとしているようだ。




かといって、
4~10月の大量購買の影響で
ホール側のふところもかなり厳しい。

決裁者の腰も重たい。
どうしようかと悩みどころだろう。

買うことは買うが、何台いこうか決めかねているようだ。





F社の営業は、鼻息が荒いが、
ホール側の対応は冷静だ。



Aタイプは、設定に忠実で暴れにくいため、
低設定全台オール1運用があたりまえの時代では、
客から見ても魅力が全くない。
見切られて、あっという間に客が飛ぶだろう。
設定判別ができるならなおさらだ。

AT機なら、設定1でも勝手にふいて
波をある程度作ってくれたため、客もついてくれた。
4号機時代と同じような運用だ。

ホール側の体力があったころには、
設定をある程度打てて、Aタイプでも使いこなせただろうが
いまは使いこなせるホールがどれくらい残っていることか。



エヴァのAタイプもよく見ると
5号機序盤のデビルメイクライに近いように見える。

千円あたりのゲーム数は42Gほどと多いが、
とにかく当たりが重い。

当たりが軽いジャグラーと比較してこれはどうだろう。
400枚の塊が、偏ればあっという間に箱に手は届くだろうが、
設定1でおよそ1/400はきつく見える。


ホール側も、思案のしどころだろう。
下手すれば、エヴァまごころ再販しろよくらい思っているんじゃないだろうか。




となると、

12月の3機種すべてに
つっこみどころがあることになる。






まあ通ぶって渋っているうちに
人気のある機械はすぐなくなるから
注文は、早くすることだな。



エヴァと秘法伝入らないところは、別にリノ買えばいいんじゃね^^


 

 

 

 

 



スポンサードリンク


スポンサードリンク


スポンサードリンク

rhgtrs



いつも、いわれずとも宣伝をしている



5号機、最後の目玉といってもいいだろう、

大型注目機

YAMASA ゴッドイーター2だが、

公式サイトの公開日まで、予告して
情報を出し渋ったあげく、


ちょっとしか情報を出さないなど
大変ふざけている。


YAMASAにとっても、最後の注目機となると言われているので、


最大に売れる時期に売ろうと、
他メーカーの状況を見ているのだろう。


敵はすでに、先見せ公開済みのミリオンゴッドのみであり、
そことすみわければ、

7~8万台は堅く売れると見られている。



今後は、このような機械性能は通らないので
あせらずにじっくり売るのだろう。



たいした抱き合わせも提示されていなく
かなりの良心的だ。




大型プロジェクトとして、
金と時間をかけて、最高の機械を作っているようなので、


れyt5ry


いつもの、
YAMASAがっかり演出は、とりのぞいてあるかもしれない。



まあ、それが好きというマニアの方がもはや多そうだが、




http://www.slot-godeater.com/#ABOUT








れywっy

















番長、アラジン2、金太郎、モグモグなどが
外れた後に、じっくり納品されるのだろうな。




これもこけたら
スロはもうやばいかもね。





あなたのポチっ♪が業界を終わらせる







スポンサードリンク



かつて山佐の本気と銘打って販売した



最高傑作「鉄拳」




$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-hc




その絶妙な演出の虜となり

今でも鉄拳プロと呼ばれる中毒者がいる様だ。

http://otiburenobita.blog.fc2.com/blog-entry-25.html  
(鉄拳2ndは麻薬だと思う人たちが集うスレ)

目先の純増3.0枚に走って「鉄拳デビル」なんて出しちゃったから
「鉄拳2nd」は姿を消してしまったが、
デビルを出さなければもっと長期稼働していただろう・・・




【好調期のA+ARTの進化ポイント】

エウレカ(サミー)ストック上乗せ
     ↓
忍魂(大都)G数上乗せ
     ↓
新鬼武者(ロデオ) G数上乗せ×ループ×ストック
     ↓
緑ドンVIVA(ユニバ) G数上乗せ毎G連 リールロック





これまでのヒット機種の要素を踏襲しつつ

リールロック演出(1段階・2段階・3段階からのフリーズ)

0G連上乗せ+派手なリールアクション(鉄拳アタック)

継続率90%+G数トリプル上乗せのスペシャルART(デビルラッシュ)

等、新たな要素を加え進化させた「鉄拳」。


その後、発売されたA+ART機は、何かの要素が足りず、
(コードギアス・・・G数上乗せがない等)

「鉄拳」を超えられなかった。



強いて言えば、
新興メーカーのスパイキーの「ブラックラグーン」のスマッシュヒットと、
パチンコメーカーニューギンが鉄拳までのA+ARTの要素を愚直に踏襲してリリースした
「花の慶次」がヒットしたくらいだ。



今年発売された「忍魂 弐」「緑ドン オーロラ」に至っては何も進化しちゃいない
むしろ、さらに昔に戻った感じだ。



とにかくA+ARTの進化は「パチスロ鉄拳2nd」(山佐)
で止まっている




今後A+ARTで勝負するメーカーは最低限「鉄拳」の面白さ+αが必要だ



さて、本家は本家を超えられるのだろうか目








あなたのポチっ♪が業界を終わらせる










スポンサードリンク

このページのトップヘ

アクセスランキング