2015年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    34tr4qt



    サミットは、7から8年おきに日本に順番が回ってくる。
    2016年の次は、2023年or2024年となるが、
    前回は、2008年の洞爺湖サミットだ。

    記憶が定かではないのでネットで過去を紐解くと
    2008/7/7に開催で、入替自粛期間が6/5から7/21と設定されていたようだ。


    今年は、伊勢志摩で5/26、27に開催とある。


    5/8のGW明けから自粛なんて悠長なことはできないので、
    自粛スタートは、4/24 or 5/1 だろうか。

    過去の期間と照らし合わせると、おおよそ2週間後の6/5から入替解禁となるだろうか。
    あわせておよそ45日ほどの入替自粛期間となる。


    警察様が警備に忙しくなるので、
    お邪魔にならないように、入替を自粛するのが慣例だ。


    2011年の東北大震災やその後の停電時にもたしかちょっと自粛があったような記憶がある。




    そしてG7というと、テロがつきものだ。

    どう考えても、今回はISからすると、狙わない手はない。
    宣伝効果がとても大きい。5月なのでGWで日本が混雑しているとときには、さらにねらい目である。



    首脳陣は鉄壁のガード体制で難しいだろうし、
    伊勢の田舎なのでアラブ系の外人は目立つ。

    まあ起こすなら簡単な東京だろうな。
    普通に駅や道ばたでも人でごった返している。

    休日の渋谷スクランブル交差点の真ん中で自爆すれば
    数千人が重軽傷、死傷だろう。

    街中で、荷物検査をするわけでもないし、
    起こす側は容易で、防ぐ警察側は困難だ。

    となると、ほぼ東京でテロが起こると思われる。


    そしてテロが起きたときは、
    それに伴う入替自粛と、G7での入替自粛。
    組み合わさると、相当な期間で自粛となるだろう。


    もっとも、震災時のように、
    テロでの自粛は、該当事件があった地域
    たとえば都内だけにすむと思われる。





    tyrじゅへ

    そしてご承知のように、来年は
    多くのパチンコ台を撤去入替しなければならなくなっている。

    廃業の店もあるだろうから、
    およそぱちんこで200万台の入替が発生する。



    1月、2月、3月、4月


    サミット前だと、
    月2回のところは、入替回数がおよそ8回だ。

    そこにあわせて、的確に交換計画をたてていかなければならない。






    当然だが、高ベース機でも、すべてが良台のわけがない。
    スロの新基準機のように、劣化して使い物にならないのは目に見えている。


    旧台が共存である状態では、高ベース機の稼働はとても低い結果となるだろう。

    せっかく買った高ベース機でも、ひと月も持たずに
    高ベース機→高ベース機の入替交換をしなくてはならなくなる。


    となると、

    旧台は、外さずに期限ぎりぎりまで使ったほうが良いということになる。
    共存設置期間中は、例え高ベース機であろうとも、買うのは無駄である。








    htれh

    来週には、旧台の撤去期限が発表されると見られている。

    メイン機種の撤去日に注目が集まり、
    それにあわせて各メーカーの代替機の販売計画もすりあわされることだろう。


    この月に何台撤去されるから、そこにあわせてこれを売ろうと・・


    それはかなりいびつな、販売スケジュールになることが想定される。
    2016年前半はほぼ入替不要な月であり、後半に入替需要が集中する。





    2016年の入替は、サミットが軸とされるのは間違いない。

    直前の1月から4月は
    下手したら、ほとんどのホールが機械を一切買わずにお金をためる時期なのかも知れない。
    メーカー側も需要を見て、ゴミしか売らないだろう。


    入替需要は、サミット自粛あけから一気に増える。

    だが、機歴でひっぱるなら
    前半は、使い物にならない、クソ台も売って在庫処分をおしつけなければならない。


    メーカーとしては、主力機を年後半に持っていき、前半はクソ台、クソ版権集中の在庫処分。




    普通ならそうだろうが、
    今回ばかりは、大手メーカーも、ホールの無理な入替に伴うお財布のことをよく考え、
    よけいなクソ台はお蔵にして、販売自粛してあげたほうがいい。




    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     

     






    ここって昔はパチンコ屋?
    http://koko-pachi.com/index.htm



    業界最盛期のころには、18000軒ものパチンコ屋があったが、
    いまや10300軒ほどになっている。
    ゲームセンターもいまや激減しているようだ。


    上記サイトより、
    今住んでいる所を見て、
    ああここ昔パチンコ屋だったんだとあらためて知ったり、

    昔よく打ちに行った店舗がたくさん乗っているのを見て
    非常に懐かしく思った。                    

    駐車場になったり・・
    チェーン薬局になったり、マンションになったり、
    元パチンコ屋の立地はそれなりだったので、
    それ相応の土地の活用法をされていることが多い。


    8000軒も減ったんだな・・・
    実に感慨深い。

    これからもっと減るけどw



    数十年後には、


    昔パチンコ屋ってものがあってね・・
                       

    年寄りがそう若い世代に語りかける時代が来るかもしれない。

       




    ボランティアでよいサイトを作っている人がいるものだ。
    感心した。

     

     

     



    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    t45yqw

    クソ台は、よく風俗嬢に例えられる。

     ・デブ
     ・ブス
     ・ババア
     ・性格悪し
     ・やっぱおっさん


    こんな5重苦以上のぶっさいくな風俗嬢を、

    きれいに見せようと、
    一生懸命お化粧させて、いやさ整形手術施して、
    きれいな服を着せて・・

    それでも誰も抱けない。売れない。


    ぶさいくはどんなに着飾ろうとブサイクの殻を破れない。
    本質は誰にも変えられない。
    神様の決めたものだ。




    クソ台を無理矢理売りつけようとするメーカーは、
    こんなブサイクを着飾らせているようなものだ。


    どんなに良く見せようが、ぶさいくはぶさいく
    クソ台はクソ台。

    だまそうとしても、今のお金のないご時世では
    笑ってお金を捨ててくれるホールなどない。




    てstうぇst


    ひと昔前なら、

    ホテル展示会全国でおおいに開いて、
    豪華TVCMばんばん打って、
    ノベルティグッズたくさん作って、
    宣伝カー走らせて・・
    駅貼り広告たくさんうって、

    ブサイクがブサイクだとわからないほど
    化粧を塗りたくるような行為を施して
    ホールも、絶世の美人扱いでクソ台を奪い合っていたのだが、



    その成功事例が、いつまでたっても忘れられずに
    この市況下でも同じことして、
    たくさんたくさん販促費用を費やして売りに出しても
    まったく売れないような状態になっている。

    多くのメーカーが今嘆いているが、



    儲かっているのは、広告代理店だけだよ。
    いいかげん気づこうや。




    あと学生は内定辞退まだかね(^_^;)

    ショック!








    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     





    識者によると・・・


    入れ替えのリストが、12/1といわれているが
    見なくても、ほぼ主力機全部の名前が書かれているのは
    幼稚園児でも予測できる。



    あとは、いつまでに撤去しなければならないのか
    ということに関心が向いている。


    期限についても、いろいろと予測されている。

     ・2016年5月:サミット
     ・2016年10末:MAX入れ替え規制から1年
     ・2016年12末:年
     ・2017年3末:年度末


    まあ、3年まるまる使わせてくれるわけはないので、これくらいが限度だろう。

    5月は生産能力からみても不可能であり、
    おそらく2016年内には片付けろよということでおさまるのではないか。



    メーカーにとっては、

    ここ1年でP180万~200万台、S80~100万台ほどになった総販売台数が、
    いっきに、P300万台の需要が発生したことになる。

    2008年、2009年頃の、年間総販売台数が、だいたい350万台くらいなので
    部材の準備等は大変そうだが、メーカーにとっては別に作れないことはない。










    ホールにとっては、痛い出費なので
    入れ替えが終わるまでは、当然その分スロの購買を控えるだろう。
    スロは売れなくなるのは間違いない。


    ぱちんこも、入れ替え対象となる300万台の機械は慎重に選びたい。

    機械を入れかえても、客がついてきていないので、
    回収のめどが立たない。
    長期で使えるような機械でしかいらないし、買わない。

    寿命が短い泡沫機種は、選択肢に上がることはない。
    欲しいのは、現在突貫で進められているであろう
    主力シリーズ機の高ベース対応機。

    泡沫機種は、ライトか甘くらいでないと、買われることはないだろう。




     ・北斗の拳 修羅編
     ・牙狼-炎の刻印-

    高ベース対応であろうシリーズ機で、
    すでに名前が出ているのは、これくらいであろうが、
    慶次も前作から1年程度たっているので、
    次作がもう高ベース対応で仕上がってきているはずだ。


     ・海
     ・主力シリーズ(北斗、牙狼、慶次、エヴァ、ルパン)
     ・準主力シリーズ(藤商事系、三共系、京楽系ほか)

    300万台の構成は、上記の主力機種のメインスペック+甘ライトで
    海(3割)、主力シリーズ(3~4割)で、6~7割を占めると想定される。

    残りは、主力機を入れるための、
    大手の機歴機種で埋められるため、
    そのほかの中小メーカーに食い込む余地は相当少なくなる。

    豊丸のように完全にニッチに徹するしかないだろう。





    すでに飽きられているといっても、海と主力シリーズの方が
    新規ものよりもはるかに投資効果は高い。

    高ベース機は、抜きにくいため
    新規ものは失敗すれば、機械代も回収できない。

    よって、主力機自体の主力機への入れ替え分以上に
    主力機に需要が集まるのは当然である。





    12月になれば、撤去機と撤去期間があきらかになる。

    そうなれば、満を持して
    各メーカー主力機の発売時期も水面下で流され
    機歴要請がホールに布告される。


    中小メーカーがどうでもいい誰も知らない
    深夜アニメの版権を出したところで、

    「機歴にもならないし、ゴミ機械買うくらいなら、海をもう1台先に入れ替えるよ。」

    誰が見てもその優先判断を下すだろう。



    必要な機械と、いらない機械の差が顕著になり、
    中小メーカーは、バラエティコーナー需要のみで、
    大手との格差がさらに開く。






    2016年は、入れ替え需要が一見あるようにみえても、大手メーカーのみの購買となる。
    中小に入れ替え需要のおこぼれは少ない。



    スロにしても、予算が減らされるため
    最大手アルゼのメイン機種くらいしか買う余力がないだろう。
    中小スロメーカーもピンチである。

    2008年、2009年は、5号機ショックでスロの販売台数は、65万台程度まで落ち込んだ。

    それをふまえ、今の業界の稼働と合わせて、2016年度は、P300万台、S40万台程度の総販売台数く
    らいになるのではないか。

    中小スロメーカーは、開発費も回収できずにここで幕を閉じそうだ。




    ホールも、機械を入れ替える余力がないところは、同じくここで幕を閉じることになる。

    大手ホールが、がっしり先行で主力機種をかかえれば
    中小零細ホールに回る分はない。

    秋口の商戦をみて、機歴がなくてもどうせ売ってくれるだろうと、
    甘い妄想を抱かない方がいい。需要の桁が違いすぎる。
    全部大手法人が持っていくだろう。



    メーカーも2極化。ホールも2極化。
    相当な激変となる。








    なお、今年の10月~11月みたいに
    一気に販売が集中すると
    ホールもメーカーも大変なので、

    互いに死ぬようなことがないように
    大手メーカー同士で、販売時期をよく話し合って、
    談合してもらいたい。

    談合こそが、メーカーにもホールにも
    機械代を出す客にとっても、助けになることだ。

    よく考えよ。

     

     



    スポンサードリンク

    このページのトップヘ