2015年09月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     





    10/1は、マイナンバー導入で、
    副業を中心とした雇用がどうなるか話題だが、

    副業で水商売や、風俗につとめる女性が減りそうで、
    残念に思う諸氏も多いだろう。




    副業収入が明らかになると困るやつらがたくさんいるだろうなw




    ぱちんこ業界にとっても、
    副業というか、かけもちでホールの表回りバイトをしている従業員がたくさんいる。

    キャバクラなどのお水系にいくと、
    昼はパチンコ屋、夜は飲み屋で2重で働いている女性が多い。

    パチンコ屋バイトは、労働のハードルが低いので、
    キャバクラ嬢との相性がいい。
    身なりがまともなら、ほとんど採用される。


    店にもちゃんと夜もキャバで働いていると認知されているのもたくさんいるどころか、
    同パチンコ企業系列のキャバクラ店でそのまま働いているような嬢もいる。

    1F~3Fが、パチンコ屋で、上層階がキャバクラのような店は、
    キャバが開く時間になったら、そのままパチンコ嬢からキャバ嬢へ即移動できる。

    女性にとっては移動時間もなく、たっぷり稼げて、いたせりつくせりだ。
    企業にとっても雇用をまわせてちょうどいい。


    パチンコ企業は、イメージの悪さと重労働から
    猫の手も借りたいほど、通年で人手不足である。
    副業の受け入れ先として、ある程度の雇用があったのだが、
    10/1からどうなることやら・・






    10/1といえば、内定式も各地で行われる。


    このパチンコ業界の市況で、業界研究もせずに他に行く受かった企業もないのでしょうがなく就職するような
    程度の低い学生がたくさんいるようだが・・

    もうアホかと、馬鹿かとw
    我々が親なら殴ってでも止めるだろう。


    ホール不況はいわずとも大手以外は客が飛んでいるので見れば誰でもわかる。



    そして、機械の方も、
    メーカー、販社勤めの社員なら自社の年間販売台数は、だいたいわかっている。

    上場会社なら、公式発表もしているし、
    年間の収支報告もきっちりしている。

    当期の販売予定機種も大体社員には認知されているので、
    ○○万台売れたら、年間売り上げがこうで、利益がこうでと・・
    新入社員ですら、概算できる数値だ。



    表には出てこない数値であるが、

    機種あたりの総開発費(版権代、外注費、開発期間の人件費、部品代ほか)
    機種あたりの売り上げ、利益ほか、

    これらなども各メーカーの中の人なら、だれでもうっすらわかる。




    年間販売台数が、去年は○○万台で利益○億円
    今年は、だいたい○○万台に落ち込むだろうから、

    けど経費費用は変わってないから据え置きとすると・・・



    あれ?



    うちの会社大丈夫?





    数年程度の赤字なら今までの儲けで耐えきれる企業が多いだろうが、

    パチンコ規制、スロット規制、消費税、ベース、等価廃止・・・
    今後のさらなる業界縮小のキーとなりそうな事象をあげるときりがない。





    今までメーカーは、莫大な利益構造をバックに毎年大量の金をあちらこちらにどんぶり勘定で費
    やしてきていた。根柢の販売台数が落ち込んでくるとそうもいかない。

    企業の中の人も、悪い奴らばかりで、
    カラ出張や不要出張、経費の水増し、経費の不当請求、カラ発注、業者へのキックバック強要な
    ど、ありとあらゆることを考えて、副収入で私腹を肥やしてきた奴らが大勢いる。

    ぱちんこ業界はどんぶり勘定で、上場企業ですらザル経費状態で
    やりたい放題なので、おいしい部署の人は、さぞ儲かっただろうね。

    毎年だれかがばれて、首になっているので、
    いきなりやめるような社員がいたら怪しんでみるといい。

    金のない企業と違って、儲かっていた企業ほど放漫経営で
    浪費が激しかっただろう。
    某メーカーなんて、月額接待交際費無制限なんてあったときく。

    もうどこでも社内経費規制が厳しくなるだろうから、そんなこともなくなっていくんだろうね。



    戦後から続いた、パチンコ業界のバブルはすでに終わっているのだよ。
    コリアンドリーム終了、解散。

    世間の目は、豪華な外資資本のカジノに向かっていくだろうね。





    学生は、4月までまだ半年あるから
    いい就職先探しなよ。


     

     



    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     







    識者によると・・


    いざという時に備えよ!


    ぱちんこ業界では、
    この言葉が合言葉になっているところが多いようだ。




    今後販売市場が年々低迷していく。
    ここ数年1兆2千億程度で推移しててきた機械市場だが、

    早晩7000~8000億程度まで落ち込んでいくだろうと
    予測されている。


    全体市場が、2/3になれば
    どこにしわ寄せがいくのか。

    人件費、開発費は年々高騰している。


    2015年9月~11月のように
    規制ギリギリの駆け込み販売になると、
    全メーカーで込み合って販売台数がばらけて
    機械開発費が回収できないところも多いだろう。


    メーカー各社で、売り上げが半減~2/3に今後落ち込んでいくことを
    覚悟しなければならない。
    無駄なことはできない。失敗は決して許されない。






    各個人にも覚悟が必要だ。


    家庭を持っている人は、備えが必要だ。
    無駄遣いをせずに貯金を確保しなければならない。


    住宅をどうするか、住んでいるところや
    個人の資質によって変わるだろうが、


    次の会社に移っても大丈夫。
    もっとステップアップする自信がある。

    そんな人は、今のうちにローンを組んで家を建てる準備をしておいた方がいい。
    組めるうちに駆け込みで組む。そんな考えの人も多い。



    自分に自信がなければ、
    ローンを組んで無職状態になるときついのであきらめたほうがいいだろう。

    生活レベルや、家賃を抑えることも考えておいたほうがいい。




    古い社員に限らず、若い社員に至っても
    仕事はそんなに簡単に見つかるものではない。

    たしかに、職を選ばなければすぐにある。
    人の使い捨てをする薄給で重労働のところは、損耗が激しいので求人が多い。



    今よりも、条件が良い仕事で探すとなると妥協はできない。

    職がない期間が続くと、無職でいることに耐えられなくなって
    適当に仕事を決めて、
    何度も何度も就職と退職を繰り返す負のスパイラルに落ち込む。

    1回仕事をやめる経験を経ると、バイト感覚で次々に仕事を変えていく人が多い。
    その都度条件が下がっていく。

    外資企業を渡り歩いているような、優秀な人間と違って
    地方の平凡な20代の人間がそんなに転職を繰り返してはいけない。





    新卒の若者には、まず「リクナビネクスト」などの
    転職サイトに登録することをすすめる。

    自分の客観的な市場価値を知ることが大切だ。
    在職中に転職の難しさを理解しておいた方がいい。



    現在職務経歴になんか書くことがありますか?

    末端社員になるほど、書くことがないはずだ。
    なんの売りにもならない。


    だったら、いま働いているうちに
    書けるような内容の業務に励む必要がある。

    業務以外にも、資格でもとっておかなければならないのかもしれない。


    若者でも遊んでいる場合はないことが、わかるだろう。
    ぱちんこ遊技なんてもってのほかだ。金も時間ももったいない。

    何をすべきかは各自で自覚すべきだ。





    今商戦では、
    販売目標に達成していないメーカーが大半なので

    業者もメーカーもシルバーウィーク返上で
    業務をしていた企業が多いだろう。




    ご苦労なことだが、

    どこも頑張っているので、

    20台の予算があるなら、
    各メーカーにそれぞれ割り振り
    ひとつに集中させるようなことはしないようだ。

    ○○君に●台、○○君に●台、○○君に●台、



    不幸なことは、商戦に機械が集中しすぎたことだ。
    末端の社員には責任はない。




    売れない原因はわかっているだろうに、

    どなれば売れるといったような古い考えの
    メーカーや販社の上長が多いようなので、



    末端の社員にとっては、
    シルバーウィーク返上で働くことは、

    休み返上でこれだけがんばっても売れなかったという
    言い訳づくりだろう。


    ホール側もわかっているので
    力になってやりたいのだが、お金もないので


    すまないね・・

    としか、言えない。







    群がるメーカー営業に
    台数を割り振るホール決裁者は、

    リトアニア領事官の杉原千畝のような
    気分だろうか・・


    若者には、
    くじけずにがんばってほしい。


    いざというときは、よく未来を考えて行動すること
    決して衝動的にならないように。







     

     



    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     

     

     


    ホールにも一般客に対しても
    信頼と商品力低下によるテコ入れのためしばらく
    機械販売をしていなかった京楽が満を持して10~11月のひどい商戦にいっきに割り込んできた。

    仮面ライダーに至っては、今週末に早くも締切のようだ。
    納品ひと月前だからね、あたりまえか。





    中小メーカーにとっては、京楽のPSにもホールの機械予算をさかれると
    かなり痛手と思われる。




    11月にでるパチスロを一部掲載すると、


    鬼武者3 時空天翔
    プレミアムビンゴ

    AKB48 バラの儀式
    ガールズ&パンツァー
    インフィニット・ストラトス
    花の慶次


    銀と金2
    ゴッドイーター 荒神Ver.
    マジェスティックプリンス
    龍が如く
    ハイスクールD×D
    機甲戦記ドラグナー
    ヤッターマン
    ほか



    あっという間にAKBが2番手グループに食い込んでくる。
    腐ってもAKBというわけで、

    どんなクソ台だろうと関係ない。



    このラインナップの中では、知名度だけはずば抜けている。
    要は、チラシ台として使えるのだ。

    1台でも入れておけば(たぶん1台は売ってくれない)
    チラシやポスターで販促として使える。



    チラシ映えのする版権は少ない。
    機械は、その性能だけでなく、販促性能すらプラスして要求される。


    地味なバイオハザードでチラシを打つより、
    あたりまえだが、AKBで打った方が華やかだ。


    AKBは、販促性能S版権のためどこでもほしがる。







    はっきりいって

    ガールズ&パンツァー
    インフィニット・ストラトス

    なんてキモオタ深夜アニメ版権など一般人は誰も知らない。
    チラシで打っても効果はない。




    だが、AKBは誰もが知っている。

    筆者も個別にみると、センターのぶさいくと
    親が淫行条例の奴くらいしか判別できないが、

    まあ十把一絡げまとめうりがAKBだからどうでもいい



    AKBは、まあ版権性能だけでいいとして、


    ぱちんこの仮面ライダーだが、
    大手の強いホールのみ2万台販売とのことで、
    結果はある程度でるだろう。無難な作りに見える。
    供給台数もほどほどでよろしい。

    まあガロ花もあるし
    最初から機械予算がホール側にないので抑えてきたのだろう。

    規制で流通できない可能性の方が高いが、本来なら中古価格も維持できたはずだ。

    今回の場合、敵は規制だけだ。
    MAX機を買っておいてすぐ制限が来た場合意味がない。



    しかもかなりの値段だ。

    この部分にのみホールは躊躇して様子見になるだろう。



    だがAKBもほしいな・・


    悩みどころだろう。






    そしてようしらんが、京楽は失敗版権の代名詞「サイコパス」も売るんかいな?

    1期、2期、映画までやって、
    京楽様版権のため全部見てやったが、話が古臭くてつまらなかったな。
    オリジナリティのかけらもないな。


    無駄な投資して、売れない機械で、
    大赤字確定おめでとうございます。

    ぱちんこも作るだろうがさすがにやめておくだろうな。
    売れないし。

    これだけ投資して抱き合わせでしか売れないなんて失敗もいいところだ。




    まあいいや

    仮面ライダーは、

    開発側の腐って凝り固まった考えを直して
    出してきたようだから大丈夫だろう。


    開発の心が狭い人間は、
    ヒットして、内外からちやほやされると
    自分たちが最高の開発者なんだって勘違いして
    そこで止まってしまうんだろうな。

    自分の意見がいちばん正しいんだって違う方向へ突き進んで
    周りからはなれていく。


    かつて京楽は、機械演出の最先端をいき、
    演出パターンの基本を作り、数々のヒット作を生んできたが、

    他のメーカーが追いつき圧倒的に追い越されると、
    京楽は昔のままでマンネリ化し陳腐化した。

    1番を守るのは、本当に難しい。





    そしていまや京楽は下から数えたほうが早いほどの
    ゴミメーカーとして認識されている。


    かつての栄光を取り戻せるのだろうか。





    今回の仮面ライダーとAKBでホールを再度儲けさせてくれる
    新生京楽として生まれ変わったかどうか上から目線で期待してみよう。

     

     

     

     



    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     

     






    今週は、米FOMCがあり、
    近年の課題であった、米利上げの実施か、延期するのかが決まる週である。



    結果いかんによっては世界経済が大きく揺さぶられる。


    利上げなし(延期)の場合は、米日の株価が大きく上昇するとみられている。
    利上げの場合は、日米の金利差が拡大し、円安方向に動くとみられる。

    日本にとっては、プラスだが、米株の大幅下落が予測されるため
    日経も追随して下げるとすると、あまり大きく上昇は考えにくい。


    だが、じわじわと円安になっていくだろう。


    米国の利上げは新興国経済にとっても深刻課題だ。
    利上げをするにしろ、延期するにしろ
    今週の上下の値幅はすさまじいものになるだろう。







    同様に、今週は、パチンコ業界でも重要な会議が行われる。


    パチンコの規制について話し合われるようだ。


    現状では、ソースが不確かなものが多く
    いろいろなうわさが飛び交っている。


     ・MAX機の基板を全部交換!?、ガロ花って短期しか使えないの!?
     ・射幸性を相当制限される!?、1/2ループ機程度が限度!?



    まあそんなわけはないだろう。デマに近いとみている。
    自らの首を絞めるような決議はそうそうしないと思われるが、

    警察が絡んでいると実にやっかいだな。



    射幸性の抑制や法令順守(コンプライアンス)の徹底を申し渡されるであろうが、



    法令順守といえば、
    TOP企業で模範でないといけない
    マルハンですら、ライターイベントで煽っているような状態だと
    いまは警察もおかんむりだろうな。

    さすがに筆者もマルハンはやらないだろうとおもっていたが
    マルハンの前を通った時、ライターイベントの看板があり

    たいへんがっかりした。


    数か月前なのでいまはどうなのかな。



    パチンコパチスロともに、規制と緩和が繰り返されてきている。
    今回はPもSも規制のターンである。


    今回は、多くのパチンコ屋は耐えられるのだろうか。
    だいぶ弱っている。








    筆者は、いつも駅前の稼働のよい大型大手法人しか
    見に行かないのだが、

    たまには郊外の店でも見に行くかと
    昔打ちに行ったことのある店舗に久しぶりに訪れてみた。




    もうつぶれる寸前だった。



    なんか残念だな。客が1割しかいない。時間の問題。



    他の近隣店も見てきたが、


    2スロや0.2円~0.5円Pなど
    低貸しにはびっちり客がついているのだが、
    4円に全然客がいない。


    美しいほどのきれいな通路になっている。


    低貸しの高稼働は、近所のじじいばばあが、暇つぶしに打っているのだろうが、4円も低貸しも
    釘はガチガチで普通に考えたらこんなもの打てたものではない。

    金を落とす価値もない。





    店舗内の客の比率が低貸しに偏りすぎると、経営の黄色信号だ。

    だんだん低貸しの設置台数を増やして、
    最後には低貸し専門店になってしまう店舗が多い。

    立地が良ければ、低貸し専門店でも成功できるだろうが、
    一発逆転は難しいだろう。

    自店の低貸しに足を引っ張られ、総客が増えない中で
    自店内異動で低貸しに客が集中し、売り上げ利益が下がり続ける悪循環だ。



    設置比率

    4円:低貸し=50%:50%

    適当に書いたが、これくらいの設置比率の弱った郊外店が多いはずだ。



    入客比率を考えると、

    フル稼働で、ちょうど4円:低貸し=50%:50%
    になるが、まあそんなことにはならない。


    実際の入客比率
    4円:低貸し=10%:90%

    こんなもんだろうか。
    4円は新台しか打たれていないような状態だ。



    機械をコンスタントに買う力ももはやない。
    なんらかの施策を打つ予算もない。
    設備を変える予算もない。

    細々と毎日負けて金を捨てに来てくれる常連からの
    寄付金にたよるような経営しかできなくなる。


    地方の郊外店は、やることがない人たちが多そうだから
    まだ入客が多いのだろうか。


    こうなってくると、


    パチスロの規制に加えて、ぱちんこも規制が強化されると、
    機械自体の魅力も薄れ、来店動機がかなり減ってしまう。

    スペックダウンされるたびに、遊技客が減ってきた。


    MAX機の滅亡はしかたないとして、

     ・普通のミドル
     ・ライト
     ・甘

    これくらいしか残らないと思われるが、
    それにしてもずいぶん時代をさかのぼるな。

    大海全盛期で100万台くらいあったころのスペックだろうか。




    そしてこなれてきて
    スペックが画一化されてどこも似たようなものばかりになると

    版権勝負になるのかな?
    役物や電飾ピカピカでごまかすのかな?





    どちらにしろ今よりもよくはならない。
    業界の先行きがまた暗くなったようだ。


    終わりはすでに数年前より始まっているが、
    今回で終わりに向けてさらに勢いが加速された。



    たまには、景気のいい話でもでてこないものだろうか。
    われわれの不安は尽きない。




     

     

     



    スポンサードリンク

    このページのトップヘ