ようこそ僕らのパチンコ業界へ!

私たちの65%は悪意の塊でできています。



> 2015年08月

2015年08月



てt



会社のうら若き社員を見ていると・・


ふと自分が新人の頃をおもいだした。



オーナーが、白きものを黒だと言ったとき、



上長達は、黒でございますと答えていたが、
若い自分は、灰色でございますと中途半端に答えていた。


あとから、上長達から黒だとだまって答えておけとしかられて
その頃は、若気の至りで不可思議に思ったものだが、





時がたち、だんだん染まってくると、

オーナーが黒といったものについては、

「どす黒い深黒にございます」

といまやそれ以上に言えるようになった我々がいる。





ふてくされて左翼の、反社会的な面構えをしたこの子達も
いずれそうなってそまっていくのだろうと
親心に近い生暖かきものを感じた。




大切なのは、全員がひとつになり、一丸となって
一方に進むことだ。

不満ならば、外れていけばいい。


多少間違ったことがあっても、全員で全力ですすめば
突き進めるのだ。











それはさておき、


地獄少女近所で打ちたいから、
マルハンは導入しといてや

頼むでほんま











スポンサードリンク

地方では組合単位ですでに実施しているところもたくさんあるが、

都内でも、11月あたりから、一斉に等価を廃止するようだ。
首都圏近隣県も便乗して、続くものと見られている。

設定や釘調整そのままで利益が増えるからホール側だけおいしい。
周りも一斉に換金率落とすなら横並びで全然Okというわけだ。



どうやらPSで揃えて、

5.6枚交換
3.57円交換(28個)


が上限のようだ。





dsgdG.jpg


はたして、全店守れるのかなwwwwwwwwwwww

こういうのって、1店舗がルールを破って
周りがあそこが等価にもどしたからっていって
どんどん戻して結局変わらないとか・・

まあ大手法人ほど守らないんだろうな。








スポンサードリンク

100921.jpg




識者によると・・


一般にも周知されているが、


10末までのぱちんこMAX機の駆け込み販売はすでに終了している。

今度は、パチスロ版の駆け込み販売が、11月末に迫っているため
各メーカーで手持ちの機種を大急ぎで売り出している。


本来なら、これらが余裕を持って分散されていれば
ホールもメーカーも困らなかったのだが、

最悪な状態になっている。




商戦的には、


北斗のスロはおいておいて、


1番手は、ルパン
2番手に、慶次
3番手、ビンゴ
4番手が多数

こういった状況で進んでいるが、


鬼武者が見えてくれば、1番手グループに当然はいってくるだろう。





1番手は、

 ルパン(CRジョーズ)の2機種抱き合わせ販売、
 鬼武者(ベヨネッタ+ドラグナー)の3機種抱き合わせ販売


これらが同程度の評価だろう。


2番手に、慶次
3番手、ビンゴ
4番手が多数




ベヨネッタが、想像していたよりも良い。
まあ想像の下限がとてもひどかったので、それよりも良いと言ったところだが、

最悪のゴミ抱き合わせで公正取引委員会通報レベルかと思っていたが、
顔やスペックを見ると、まあまあ並程度はあると思われる。


今のパチスロなんて、ATやARTにレア役の上乗せ演出を絡めただけの
中身はどこもいっしょなのでしょせん大差ない。


連鎖セットのドラグナーも並程度とすると、

鬼武者 3~4万
ベヨネッタ 1万
ドラグナー 1万

あわせて5~6万台


ルパンが筐体のインパクトもあり、4~5万台
セットのCRジョーズが15000台と言われている。



ビンゴが、たいして変わらないが、
大きく外れることはないと言うことで
1万~1.5万台程度はでそうな勢いである。


スロの実績はないが、慶次が、1.5万~2万台程度。
CRバキの抱き合わせもあるのかな?不明


この3番手までで、PS抱き合わせ商品をあわせて、14~15万台程度と予測する。


次の4番手グループが

大激戦区である。


YAMASAのオロチ、ゴッドイーターの別スペック
藤商事の地獄少女
大一のマジェスティック
KPEのなんとか
SNKのなんとか
・・・・

ほか書くのもめんどくさいほどの泡沫機種群


れtえryhwr


個人的には、

北斗とか慶次とかルパンはもう飽きてるのでどうでもいい。
打つ気もしない。たいして変化がないのがわかりきっている。

大好きな鬼武者と、1回しか打たないだろうが、泡沫商品群の方が
冷やかし打ちで良い。



ぶっちゃけ、

1.鬼武者
2.地獄少女


これだけでいい。


近所のマルハンに入るように、
地獄少女は、5000台くらい売れてくれるといいな。




そしてTOPメーカーのアルゼ系が、シャドウなんとかという泡沫商品以外にも
メイン商品系でぎりぎりでなんか通してくるかも知れない。
なんか不気味である。



















いろいろとふまえると、
長期で使えそうなのは、ルパンと鬼武者のみ。

慶次を含め2番手以下は短期寿命で終わりそうだ。





表題にも書いたが、

そうなると鉄板は、
実績TOPの「バジリスク絆の増台」である。



理想は、1番手の機械のみを買って、
あとは、バジリスクの島を増台し、甘めに使って客をつけ長く使う。



2番手以下の稼働がひと月程度で飛んで撤去対象になっても、
バジリスクの稼働は使用期限を迎えるまで一定を保ち続けるだろう。

結果的に、一番費用が安く済むはずだ。



今のスロットはどこのメーカーのカタログを見ても

 ・純増枚数
 ・上乗せ契機
 ・上乗せゾーン、上乗せ自慢
 ・レア役契機
 ・うざいやくもの
 ・フリーズのような特化ゾーン

こればっかりで、ほんとどれも同じ中身でしかない。




tgretgreata.jpg

中身が同じなら無理に冒険せず、
無難な選択でいいやと言うことで、

1番手~3番手程度までに購買が集中し、
4番手以下は忌避されてしまう。












繰り返すが、予算がない中で、
無理に勝負することはないだろう。

まどかまぎかはもう飛んでいるので、
市場で実績のある機械は、バジリスクのみとなった。

バジリスクを十分に台数確保していないなら、
11末までに増台を検討すべきだな。


つか中古なら12月以降も設置できるんでしたっけ?
関係者レクチャーよろ









スポンサードリンク



0.jpg



識者によると・・



都内を歩いていると、
へんなポスターを貼っている店舗があった。


 ・本日出玉大爆発イベント開催中(仮)


上記は、適当に書いたが、
イベントに近い名前の「景品」を作り、

その「景品」を大量入荷したとしてポスターで宣伝しているようだ。





まあ確かに商品名として景品入荷すればそのままだろうよ。


 ・「全台設定6」(仮)
 ・「本日大解放」(仮)

のようになんでもいいから、適当な言葉の商品名の
お菓子でも作って景品コーナーに置けばいい。



まあストレートにイベントを打って煽れないから
迂回した表現の煽り広告だが、

明らかにやりすぎだな。


ytrsyhrt



パチンコ屋ってほんと汚い手ばっかり考えるよな。


自浄努力として
所轄警察におくっとくわ。







スポンサードリンク


y6erjue

本日導入のCR男塾は、どこもフル稼働である。
初日なので当たり前だ。
まあ中身がしょぼいので、すぐ飛ぶだろう。

我々は、幼き頃より宮下あきらの漫画はほぼ全て読破している。
そのため、今回のあまりの手抜きの作品にがっかりしている。




少年ジャンプから始まる団体バトル漫画方式は、
「リングにかけろ」から、おおいに流行ったと記憶している。

最初は、普通の青春ボクシング漫画だったが、
中学生を過ぎた頃から、必殺パンチを編み出し、
超人漫画になっていき、5VS5の世界戦に中学生が挑んでいくようになった。

同作者の車田まさみは、
こんどパチ化するが、風魔の小次郎でも団体戦でヒットさせた。

風魔一族と夜叉一族の10vs10の殺し合い。
まんまネタ的には、バジリスクだが、こっちのほうが古い。

聖闘士星矢も団体戦。青銅聖闘士5人組が活躍。
ドラゴンボールはほぼ悟空一強のためこれは団体戦ではないな。



そして、ジャンプの特徴として、かつての敵が、強い味方になる方式の権化が男塾である。
ほぼすべての敵が仲間になる。

魁のボス、藤堂兵衛も仲間になり男塾の助っ人となった。
暁のボス、紅しぇんろんも仲間になった。



通常の作品は、仲間が多くなりすぎる、キャラが多くなりすぎると、
それぞれに見せ場を振って、だんだん薄くなりつまらないものになっていく傾向にある。

ワンピースや、ブリーチ、ナルトの後半のつまらなさがその典型である。

ワンピースの最盛期は仲間がどっかにいってルフィが単独で行動した白ひげのあたりである。
よけいなモブキャラに時間をさかれないことで話を洗練させることができた。

ブリーチ、ナルトの終盤に至っては、もうだれがだれかもわからない。子供達には判別できているのだろうか。適当なモブキャラだらけでわけがわからなくなっている。


それにひきかえ、男塾の最盛期は、16vs16の戦いを繰り広げるトーナメントであり、
見せ場と各キャラの登場のバランスが非常によくとれていた。




gfhydfj


前置きが長くなったが、ぱちんこ、パチスロでの多人数バトル団体戦のシステムの表現を極めたのが
バジリスクだと思っている。

AT中は、重要な場面では、ほぼ5割方当たる、
ストーリーリーチになるが、通常は小キャラでさくさく進む。

このシステムで男塾だったら非常に面白いものを作れるはずだ。
ヒロインはいないが、なんとかなるだろう。


バジリスクは、3作目で今後スペックもダウンするだろうし、発展はない。
退化あるのみだ。今がピークであり、これ以上よくなるはずがない。
次作を出すとしても、きっちり3年の使用寿命を迎えてからにしてもらいたい。


そしてそのまえに、この画期的なシステムを他の版権で是非利用してもらいたい。


元の画面的には、カプコンやSNKの格ゲーそのまんまの画面だが、
よく昇華してパチスロに取り入れている。
他に使わないのはもったいない。







rtyhrwjふs

過去に流行った大型主要版権は、数が限られている。
版権契約うんぬんはおいておいて、失敗しても他のメーカーで、何度でも成功するまでやるべきだ。

AKB、キャプテン翼しかり、男塾、浜崎あゆみ、ジョー、キン肉マン。
失敗した版権はそこであきらめて終わらせずに、他のメーカーが新たにチャレンジして是非成功させて欲しい。

北斗にしろ、エヴァにしろ、同じシリーズで10作も続くともう飽きがきている。
版権の他社再利用こそが、ひとつの道であると考える。
















スポンサードリンク

 







D社のデータなので詳細にはかけないが、


昨日の日曜データをみている。
すでに盆営業に入っている現在では、おそらくこの絞りか
これよりちょい絞り程度で期中推移すると思われる。


ぱちんこは、
大規模に入っている機種で、玉粗利、S、千円Sで判断する。



数値は乗せないが、

牙狼 金色になれ XXが最優秀、打つならこれで鉄板。1強レベル。
次点でかなり差がついているが、ギリ慶次。

ホールにもよるだろうが、長期使用機種は盆でも釘いじらずそのままなのかな。
かなり良心的だな。



翼君とルパン君などは、論外の回収モード。
データで見ても、これは打ちたくないな。
盆期間中にあらかた回収する気だな。



まああくまで全店のデータ上のものなので、実態は店によってもっと開けてたりしぼったりする のであしからず。




スロを見ると、


上位は、当然ジャグラー系
ハナビも元が甘いものもあるが、甘く使われている。



新しめなのはドラゴンギャル、まあ設置が少ないから論外か。


台数の多いのでは、

バジリスク~甲賀忍法帖~絆、これが一番。

ついで、謎だが、ミリオンゴッド-神々の凱旋-となるが、
コイン単価が高すぎるから除外だな。
バイオ6が次点くらいか。




結論として、スロの合格は、ハナビとバジリスクだな。


まあデータの見方も人によって違うので、なんともいえんが
低設定でも甘い機械で、さらに人気がある機械を大切に使っているということだな。




個人的には、

Pは、牙狼金、慶次
Sは、バジリスク


これだけで盆営業にちょろっといってみよう。



まあ誰でもわかるそのまんまの結果だけどね。








 

 



スポンサードリンク

 


http://www.cninfo.com.cn/finalpage/2015-08-07/1201402863.PDF?COLLCC=4284699347&



SNKといえば、ゲーム業界では老舗であり、
ガロウ伝説、KOFなど知名度の高い版権も多い。


あっちこっちに、売り飛ばされて大変だが、
中国企業傘下となることで落ち着いたようだ。


元アルゼ傘下になっていたこともあり、
パチスロにも現在でも参加しているが、



これでどうなるやら・・・





エレックに続いちゃう?
それとも中国資本でスロへ引き続き参加?



中国に買収されたとして、中の人たちがそのまま残るとは思えない。
IPだけ抜かれて、ポイ捨てにされてしまうのだろうか。



あまりいいニュースではないな。


中の人たち頑張って!!







 

 



スポンサードリンク

 

 





識者によると、


今日現在、キャプ翼の中古価格は、出品も落札も7万円台になっている。
次の大型入れ替えの頃には減台移動候補になるだろう。


誰もが口をそろえて


「予想外だった。もう少し動くと思った。でも牙狼花引換券だから多少はしょうがない。」


そのような感想が多い。


メーカーの先行説明会、試打は時間も限られているので
強制基盤を用いて、演出が組み立てられているところが多い。

メーカー側の見せたいところを強調して、
良い見せ方をするのだ。
10の商品でも20、30の見え方にする工夫をしている。


翼の場合は、10の商品を30にみせたあげく、
牙狼花引換券効果で、総計1000ぐらいの取り合いの商品として
ウォーズマン効果もびっくりの倍率で売り切ったのだ。


剛腕っぷりはガロMAXという最大貢献商品をバックにしての行為なので
他のメーカーにはできない。

サンセイですら、MAXのガロは規制で打ち止めなため、
今後は、このような行為はできなくなってくるだろう。

牙狼花引換のためには、あと1機種、牙狼甘の事前購入誓約が必要なので
それをクリアしてようやく牙狼花様を設置できる。

超長期にわたる長い道のりだったな。












業界的には、牙狼花騒ぎがおさまると、景況感がさらに悪化するとみられている。
何度も書いたが、客のふところは変わらない。

そのため、ホールの売り上げは変わらず、機械代だけが7月~10月にかけて
跳ね上がった。回収するには、客からたっぷり抜いて粗利を増やすところが多いだろう。

結局客いじめで、客をさらに減らすだけになる。

続いて前倒しした機械予算もあり、
機械の購入も減らしてくるだろう。






月の商戦として、月に1回納品、2回納品など地域ごとに納品回数に制限が設けられている。

月の1週目、2週目、3週目、4週目の各日曜日に初期納品日が設定されている。
たとえば、8月は、8/2と8/16にほとんどの機械が集中する。

9月は9/6と9/27、そこから地域に合わせて納品日や開店日が分散される。
東京でも、月曜オープンと、火曜オープンとか組合によって分かれているだろう。


そして、

各メーカーで、各月に販売する機械が競合になるわけだが、


当然、機械評価やしがらみにより

1番手
2番手
3番手
4番手
5番手

などのように、評価が分かれ、購買が行われる。


今までは、末端の商品まで、なんとか購買が届いていたが、

1番手:50%
2番手:30%
3番手:10%
4番手:5%
5番手:3%

根拠なく適当に書いたが、こんなもんか。

実販売から正確な比率は出せそうだが、めんどうだな。
どっかのコンサルがやってくれるだろう。


今後は、

1番手:70%
2番手:20%
3番手:5%
4番手:1%
5番手:1%

くらいに、いる商品といらない商品の差がついてくるとみている。


キャプ翼を見る限り、
効果が望めないダメな商品への過剰投資は、このような業界不況状況では
致命的になってくるということだ。





今までは付き合いで末端の商品でもバラエティに1~2台くらいは
しょうがないなと購入していたが、お金がもったいないのでそれもなくなる。

バラエティは、中古で買えば十分であり
高価な新台を買う必要もない。

キャプ翼を中古で買えば、相当経費が節約できた。(牙狼引き換え効果はない)





エレックやマルホン、奥村、他機械開発をやめたメーカーを見る限り、
ホール側も、別に付き合いで助ける必要ももう感じていないと思われる。




最近の購買傾向を見ていると、
大手法人が、末端商品に手をまったく伸ばさなくなってきたのが感じられる。




機械購買は、大手法人と呼ばれる上位数百社で全体購買の7割を占める。
メーカーはそれらのみを相手にしているだけで基本的には、売り上げがたつ。

ネットでメーカーから相手にされずに悪口ばかり言っているところは、
中小零細法人ばかりで、だいたい想像がつくだろう。


全メーカーで、一番のお得意様は、誰もが想像する通りマルハンである。
機械販売には内包するマルハン比率で、機械の良しあしを判断することもあるくらいだ。






○○○ムは、完全に必要な商品しか買わないので、メーカーからは
あまりよく見られていない。


「◎武▽」の事前機歴に早くもブーイングだが、

マルハンクラスになると、それ2000台買うよ。
機歴は各50台くらいかってあげるね^^

と言ってきた場合。


いや・・・、Cを買うには・・
「2×(A+B)=C」くらいの比率でお願いできませんか・・・



「売るの?売らないの?」



「売ります・・」



で押し切れるだろう。


どこの大手もそのような状況が通れば追随するだろうし、
ますます大手法人による、超買い手市場となるだろう。

機歴など、大手にかかれば
最低限のこづかい代くらい程度の台数で十分である。


そして、機歴にもならない末端メーカーの泡沫商品に至っては
大手にしたら、新台で手を付ける必要すらないだろう。

必要な商品のみパワーゲームで新台台数を集め、客を根こそぎ集める。


逆に泡沫商品は、中小零細が、大手との機種構成差別化で購入するかもしれない。





まとめると、
今年後半の購買は、商戦で1番手、2番手までしか売れない。


それに入れないなら、確実に余るからよけいな製造すべきではない。
自社にもホールにも客にも負担がかかる。

中小メーカーはもう終了確定。






「ホールの購買、メーカーの開発、販売、製造」


みんなで相みつをとって生き残るには、<
br>生き残る上位メーカー同志で、販売時期を談合して調整したほうがいい。







 

 

 



スポンサードリンク

このページのトップヘ

アクセスランキング