ようこそ僕らのパチンコ業界へ!

私たちの65%は悪意の塊でできています。



> 2015年07月

2015年07月

 

 


最近はもっぱら

バジリスクと慶次しか打たない



バジリスクに関しては、いうまでもなく
昨今のクソスペックのスロをはるかに凌駕する完成度で
寿命ぎりぎりまで使われる名機だろう。

アルゼも、よけいな新台出すよりまだまだ増産した方がいい。




慶次も非常にバランスがいい。


55%突入 ST中1/65 120回 2000発が7割 継続85%

これくらいがちょうどいいのだ。








各メーカーで奇をてらってよけいなスペックで繰り出してくるが、



牙狼魔戒ノ花、
突入53% ST 161回 1/109.77 継続77% 全部2000発

キャプテン翼
突入51%  1/102.08 154回  継続78%  全部1900発

ミリオンゴッド
突入100% 1/124.6  200回 継続80% 殺人潜伏

押忍!ど根性ガエル
1/81.3 突入55% 150回 継続84%

ダンバイン
突入 50.8% 1/25.8 60回 継続 90.67%


ST消化速度は、 1/25.8のダンバインが、圧倒的である。

確率が低いだけあって、1回転1回転の重みが違う。
前半からガンガン当たり、
ラスト10回でも、あきらめずに期待できる。








牙狼魔戒ノ花の 1/109.77 のように分母が大きいと
ぶれが大きく収束が遅れる。
牙狼金色も1/109.77なので前作とたいして変わらない。


個人的には、重いST機は、ろくに連ちゃんしたこともないのでイメージが悪い。
すぐST抜けしてばっかりである。



ST中に当たるたびに、数値をとってみればわかると思うが、
個人単位でもだいたいメーカー確率どおりに収束する。


8回分を適当に数値を置くと、

35,130,90,100,120,130,130,140

こんなので、平均1/109だ。

ほとんど100回越えのはらはらゾーンになる。
100回回すのに時間もかかる。



1/109だと、ラスト20回程度ではもうあきらめゾーンの空回しだ。
何回も何回もST単発の憂き目にあう人も多いだろう。



と考えてくると、バランスがいいのは、1/65程度である。
出玉の爆発力、継続と消化スピードを考慮するとすばらしいバランスなのだ。



ベストSTが慶次ということだ。



エヴァ9も1/62程度だったかな。
ルパンが、1/77.3 130回 継続82% でまあまあといったところ。

出玉は少ないが、ダンバインの1/25が当然一番早く収束し、安定する。
それにすぐ当たるということは、それだけ面白いということだ。








牙狼の1/100超えはあたりが重過ぎる。


最近の新台では、そんな重いSTMAXが多く、
ミリオンゴッド、キャプテン翼、牙狼で20万台近い

中くらいのルパンが合わせて12万台程度か



そんな1/100の頻繁なST抜けに嫌気がさしてきた人は、
結局安定を求めて、確変MAXにいきつく事になる。

北斗、エヴァ10、哲也がその受け皿に該当する。



哲也>>>>>>「「宇宙」」>>>>北斗>>>>エヴァ10





くらいの評価で、あたりまえに哲也が一番だが、
最近設置が減ってきて悲しい。
北斗もいいかげん打ち飽きた。








今後の新台は、VSTばかりで、確変MAXが少ない。
重いVSTばかりだと、設置バランスが悪くなるだろう。

義風堂々もかんばしくなく、
確変MAXの新台が、エヴァ10くらいしかまともなのがないのがさびしいところである。






今年の下半期になると、
牙狼魔戒ノ花以降はめぼしいメインの新台がない。

個人的には、エヴァ10をちょっとさわってから
結局そのまま慶次を打ち続けることになるだろう。

慶次のバイブ中毒性はすばらしい。


牙狼魔戒ノ花は、
金色とたいして代わり映えがないし、打つことはない。

まあ変わりすぎると逆に変かもしれないな。
変わらないことがいいのだろう。

おまけで牙狼の甘デジが、甘海同様の糞スペックで出してきたが、
こんなの3万台も売るの? という評価が多い。

まあサンセイ様の出す機械はありがたく買わなければならないので
どこのホールにも納入されることだが。







さて、業界はこれから、
8月の大回収シーズンに突入する。

各ホールで、ミリオンゴッド、ルパン、キャプテン翼を揃え
超絶ぼったくり営業となる。

今年は、警察様により釘調整がうるさいが、
盆調整時期にまで踏み込んでくるかどうかが注目されている。




そもそも抜けるときに思いっきり抜く営業よりも
客が多い時期にこそ、適切に還元して
ファンの裾野を増やして、通期でじっくりと回収した方がいいのにな。

目先のことしか考えていないホールの多いことよ。

 

 

 



スポンサードリンク

 

 


昨年より、機械の故障が非常に目立つようになった。




ビンゴ
浜崎
ウルトラマン

が代表的だが、


牙狼もそうだが、大きな稼動役もの搭載機の故障が目立った。
基盤の交換も相次いだ。


あたりまえだが、
部品はすべて消耗品のため、永遠に稼動するわけではない。

それを踏まえてホール側も承諾の上購入しているはずだが、
耐久性がひどいものが目立ちすぎた。







なかでも輪をかけてひどかったのが、


上記の「ビンゴ、浜崎、ウルトラマン」


であり、機種によっては、部品が届くまで何日も機械を止める事態になった。






止めるということは、その機械は売り上げが出ない状態であり、
新台状態で一番の稼ぎ時に、売り上げが出ないただの箱でしかない。

メーカーは機械が止まっている期間の粗利保障をするところも
一部はあるが、たいていは泣き寝入りでトラブルになることが多い。




ウルトラマンのレバー垂れだが、
京楽もこりずに、別の機械でまたレバー付のものを売り出したときは、


ウルトラマンの部品は中国製だが、
この機械のレバーは、日本製だから耐久性があります。大丈夫です!


のことだったが、

実際に耐久性はウルトラマン以上にあったようだ。
稼動は押して知るべしだが・・








同じように今度のスーパービンゴプレミアムの販売に関して、
早くも部材の不安が上がっている。


規制前のスペックがえマイナーチェンジ版だが、
この手のスペックは今後は出ない。
そのため普通なら多くのホールが飛びつくことが予測される。





同時期には、サミーが鬼武者を新基準で売ってくると思われるが、
鬼武者と比較するとどうだろう。



マイナーチェンジだが、旧基準で、貴重ではある。

だが、1/25の当たる気がまったくしなかったhouohuが
1/16になったといっても、まだ当たる気がしない。

間口が狭すぎて、そんなに変わった感がない。



個人的には、普通に鬼武者の方を打つだろう。








識者によると・・


「ビンゴに関しては、今度は壊れたら、日あたり、いくら保障してくれるのか。最初から明確に
してくれないと手は出さない。」



機械故障で迷惑をこうむったホールは、
そんなことを言っているようだ。




「時間もたち、対策は普通にとっているだろう。自信があるなら、保障前提でも売り出せるはず
だ。」





ビンゴだけではないが、昨年の機械は同じ機械が、
直しても直しても、何度も何度も壊れて
そのたびにメーカーや販社の社員が修理に訪れる。

ホールからのクレームもめんどくさい。
交通費や人件費、諸経費含めると、こんな頻度で壊れるなら赤字だよ。



保障期間内のため、交換部品代がただなのはあたりまえ。
それ以上の保障がないと、
信頼を失ったメーカーに対して手はなかなかでない。









ベルコとOK


次の機械の販売時には、気をつけた方がいいだろう。



 

 

 



スポンサードリンク

 

 





中古機ドットコムは、中古価格推移と機械批評がメインコンテンツだ。

たいていは、恨みを持つメーカーに対して、
評論化気取りの中小零細法人の若者が一生懸命悪口を書き込んでいるようだが、


メーカーや販社も、自社商品をステマしたり、他メーカーをこけおろしたり・・
それらを踏まえて、見ていてすがすがしいものになっている。





大量導入して失敗したり、
抱き合わせに苦しんだり、

いい商品を買う機会を逃したり、
メーカーに売ってもらえなかったり・・






これらが無料で楽しめるものだから、
業界人比率が高い2ch状態で受けがいい。

1日に何度も訪れる人が多いだろう。





それとは、まっこうに対して来たのが、


http://www.redesign777.tokyo/


パチンコ日報に宣伝で載っていた、上記サイトであるが、



誰もが、


この程度で有料サイトなの?
ビジネスモデル間違ってね?



との感想を抱いた。




機械の甲乙判定は、より多くの人から
いろいろな意見を聞きたい。

たった一人の主観評価だけを参考にする人はいない。


しかも販売台数とか各種間違えている。
情報ソースが推測でしかないのだろう。

メーカーも販売台数は、推測されないように
ふっかけて適当にいうからしょうがないだろうが・・



悪いが、末端の販社よりも大手ホールの方が、
メーカーより特別先見せしてもらえるため、情報が早い。

小規模ホール向けの
展示会・内覧会を開く頃には、すでにホールの機械選定は終わっている。


大手ホールだけで、全体購買の7割強もあるので、
メーカーにとってもすでに商戦は終わっている。







この程度の機械批評を展示会の2日以内に批評しますって
遅すぎるだろう。




販社のいち業務とのことで
これだけで儲けようとは思っていないと思うが、

批評の腕を世間に見せるためには、しばらく無料で全オープンして
実力を見せてからだと思うが・・、いかに


でも販社なら、自分のところで引いている機械の批判はできないよね。
メーカーに怒られるし、売らないといい機械出たときの割り当てもらえないよ。

自分の販売利益を減らしてまで批判はできない。
なんか矛盾してるな。



しばらく無料化してくれや

みんなで生暖かく応援しよう。




 

 

 



スポンサードリンク



y6erjue


男塾の評判がひどい



リアルタイムで男塾を見てきた世代にとっては



なんだこりゃの感じだろう。



もちろん、若い開発側も、全巻を一気にまとめ流し読み程度はしていると思う。




だが、30台後半、40台の世代の人間にとっては、
ジャンプ黄金期の作品は、
リアルタイムに毎週月曜日が楽しみで楽しみでしょうがなく、

小学生など同週のジャンプを何回も何回も読み返し、
仲間で次の展開を想像して語り合ったりしたものだ。




そのうちのひとつが男塾であり、
今でも漫画ゴラクで現役で連載しているようだが、
駄作と化しているので誰も見ていないだろう。

こないだチラって見たら、極男塾塾生が、宇宙船で宇宙人と戦っているスペースアドベンチャーになっていたので、そっと閉じた。





ryw5rt

思い出の中にしまっておいたほうがいいな。
作者の老化と劣化だろうな。





男塾の世界は、大抵「気」の力で便利に片付けることができるが、
明らかにそれを凌駕したものは、かえって読者をしらけさせることになる。

異次元転移したり、宇宙人がでてきたり、
最後は、髪の毛が金色になって空飛んでエネルギー波の撃ち合いにでもする気だろうか。





でもって、ぱちんこの男塾だが、
敵が序盤のだけであり、要は仲間内で戦っている状態で違和感がある。

後半の男塾が一丸となって世界と戦っているのが、基本であり
つまらないところだけよくも抜き出したなといったような感じ。




バジリスクを作っているアルゼに
バジリスクスペックでそのままぱくってスロにしてもらえばいいのにな

バジリスクスペックで男塾を作ったらさぞ面白いだろう。




誰も知らなかったバジリスクという版権をメイン商品レベルまで持っていった
アルゼ開発者の知恵と工夫はたいしたものだ。

それに引き替え、誰もが知っている男塾という版権をよくもここまでゴミにできたものだ。





最初から、あまり売れない前提で、金も時間も開発の人の質も知恵もかけられなかったのに違いない。


エヴァや北斗、牙狼は、たくさん売れる前提で
たっぷりとお金をかけて力を入れることができる。
その差が大きいのだろう。


力を入れる商品は、展示会をバンバンと行い、プロモーションをバンバン飛ばし、
手抜き作品は、支店内の内覧会で終わらせる。

まあ当たり前って言えば当たり前だが
そんなのホール側も気づいて買わないよな。






さておき、バジリスクといえば、
金曜に会社帰りに久しぶりに、歌舞伎町のホールでも見に行くかと立ち寄ったら、

バジリスクが稼働一番なのだな。来週さらに増台するのか・・


準新台のエヴァとバイオは、設定1の貯金箱感がぷんぷんとただよって
2~3割の客付きである。打とうとも思わない。盆明けには通路だな。




メイン島にある、バジリスクとまどマギには客がびっちりついている。
場所柄くさった若者が多く、人がたくさんついている機種は、店も力を入れているから出すだろうと勝てそうな機種にのみこびりつくのだろう。

よさげなバジリスクを選んで座ると、稼働がいいのかBCも回数がいい。
ここ数日プラス圏にあるので、良さそうだ。



vgdfsz

しばらく打つと、テンゼンBCで、ベル6回時に、BT演出が入った。
これってたしか456確定演出だよな。
設定6はないにしろ、45か、まあ4だな。


こんな地域では、ALL設定1だと思っていたが
力を入れている機種には設定入れてるんだな。
逆に驚いた。

3000枚ほど出して、時間切れ退店、
データ見るとこの台今週設定ずっと据え置きだったな。


差玉が、客の+2000枚程度で終わったから
明日もそのまま据え置きじゃね?
設置多い店は、いじるのも大変だろう。

と中毒状態で土曜も釣られて新宿まで打ちに行ったが
全つっぱで討ち取られて、全小役、BCともに設定1以下のものでした

前日まで凹んでた台が吹いてたから、入れ替わったか・・
まあ3連休だし当たり前に下げるよな。

裏の裏の裏をかいて失敗した。
金土でトータルちゃらで終わったわ。



なんの話だっけ



スポンサードリンク

 

 






鬼ごっこなんかしてる場合じゃねー

ホール決裁者からの着信ないよ!




まあはたから見ても、無理ゲーすぎて気の毒だ。
後から出てきて、全部かっさらっていかれそうである。

ただでさえ、スロ北斗で予算は取られている中で、
パチンコは、エヴァ10で一気に埋め尽くされることが想定されている。





■ぱちんこ

エヴァ10
義風堂々
神獣王
ギンギラパラダイス
押忍!ど根性ガエル
リアル鬼ごっこ
着信アリ
甘デジ(数機種)

■パチスロ

北斗の拳
聖闘士聖矢
ほか泡沫




9月下旬には、大型連休が入っている。
GWや盆暮れに匹敵する長さだ。

業界的には、10月の規制駆け込み需要があるが、
一般世間的には、9月の方が商戦として重要だ。


その時期の新台として、数多くの機械が発表されている
9月商戦がカオスになっている。



スロットは、北斗一本できまり、他はほぼ逃げ散っている。


パチンコに関しては、
最後発発表のエヴァ10が、一気に商戦1番手にのぼったため
他のメーカーにしわよせが生じているようだ。


ニューギンは、ただでさえ、
抱き合わせのアップルシードが大きくこけた上、
義風堂々自体も、やはりばったもんくさいなといったような感じになっているようだ。
それでもやはり3万台はいくと見られている。このスペックなら一度は打ってみたいと思う。


神獣王は、北斗抱き合わせで問題ない。
即死に島通路だろうが、その分北斗が稼ぐ。

ギンパラは、三様様パワーで無難にほどほどこなすだろうが、
やはりそれ以下がやばいようだ。







エヴァが来たことで、


「エヴァ見てから決める」といった


返事をするところが増えており、
該当メーカーは、リアルにあせっている様子。




エヴァを抱える悪徳Fも、今回は前機種の男塾をにおわしている地域と、
そのまま売っていただける地域とぶれているようで、


ホール側の感触も


「まあ今回ばかりは無難に売ってくれるんじゃね?」


くらいに、楽観的な反応のようだ。




Fなんかに指摘されなくても、
今回はエヴァ10とギンパラ以外は、信頼度が低く、
ひと月程度で稼動が飛ぶことが想定されるため
効率的な投資として、エヴァに集中している。

でもあまりいい感触を出すと、他の機械も抱かされるため
対応に注意が必要になってくる。





ただ、エヴァ10にも懸念がある。

未公開なので新映画の素材が入っておらず
スペックが確変ループになっただけで、
エヴァ9とそんなに代わり映えはないことは想定されている。






だが、他の競合が弱いので、腐ってもエヴァとして、
無難な購買になりそうだ。
7~10万台程度までいくだろうか。


ホール側も、ルパン、キャプ翼、エヴァ、北斗、牙狼と・・
一気に集中して出費がかさんで大変ですな。



ただ、この時期以降は主力となるめぼしい新台もないため
下期予算をかなり前倒ししてでも手にいれようとするホールが多いようだ。

それでも予算的にやりくりが難しいので、
いらないものは、断固としていらないという
メリハリの利いた対応をとるところが多い。

予算を主力とその付随した抱き合わせ商品群に食われると、
他の泡沫商品は、・・・・である。



「エヴァ見る前に先に返事をください!」



各社かなり必死な様子。

きょう金曜で受注〆しなければならないメーカーも多いと聞く。
各ホール法人に営業電話が鳴り響くだろう。







世界の高尾が、鬼ごっこを全部売りさばくにはどうすればいいか
なんかいいアイディアはないだろうか。

一緒に考えてみて欲しい

 

 

 



スポンサードリンク


遊技通信より、

日本生産性本は7月13日、「レジャー白書2015」の概要発表会を開催した。それによると、
2014年のパチンコ参加人口は前の年から180万人増えた1150万人だった。

パチンコ参加人口については、2011年に410万人の大幅減で1260万人になり、統計をとって以来
の最低値を記録。翌12年も150万人減の1110万人になり、前回、そこからさらに140万人減って大
台割れの970万人まで落ち込んでいた。参加人口の増加は4年ぶりだが、業況の悪化傾向が続いて
いることから、業界関係者の景況感が伴わない結果といえそうだ。

1年間における年間活動回数は前の年年の27・5回から4・7回減の22・8回だった。一方の年間平
均費用は、前の年から1万2000円上昇して8万5200円。回数が減って費用が増えた結果、1回当た
りの平均費用は2660円から3750円に上昇し、こちらも2012年とほぼ同じ水準になった。

市場規模は24兆5040億円で、前の年から5010億円、率にして2%下落した。ただし、日本生産性
本部ではパチンコの市場規模について過去に遡って数値の見直しを行い、2013年数値も昨年発表
した18兆8180億円から25兆0050億円に上方修正している。

パチンコの市場規模について日本生産性本部は、これまでも国による基幹統計が発表されるたび
に推計値の見直しを行ってきたが、昨年12月、総務省統計局の調査で2012年の遊技場の年間売上
高が27兆0151億7400万円と発表されたことから、この年を基準年として1992年まで遡って見直し
た。推計値は2001年から修正幅が大きくなり、05年以降は毎年約6兆円の上方修正がなされてい
る。これに伴い、これまでのパチンコの市場規模のピークも1995年の30兆9020億円から、現行規
則への改正直後にあたる2005年の34兆8620億円に修正された。


----------------------

とのことだが、




2013年が、18兆から25兆って




計算間違えちゃったwww ペロwww

で済む額じゃねーだろ、
差が7兆だぞwww




「パチンコ最盛期は、1995年から2005年に変更したから、よろしくね^^」



って無理があるだろう。







「業界関係者の景況感が伴わない結果」




と上記にも書いてあるが、

D社のSISデータが顕著に示しており、稼動は実態として減っているし、
市場の回復感はまったく感じられていない。



これで長年多くの人が参考にしてきた、
レジャー白書の信憑性に一気に疑問を持つような結果となった。








2014年のパチンコ参加人口が、1150万人だそうだが、
多くの人の予測が、前年度の970万人からさらに落ち込んで
850~900万人程度と見ていた。





激減というわけではないが、
店舗数も2013年から2014年で減って、稼動も売り上げも減っている。

2015年になるとさらに減りこんでいるので、
来年の結果では、再度1000万人を割ると思うが、
なんか各所からいろいろと意見が出そうだな。


まったく持って増えた根拠が疑わしい。

なんか市場規模の計算式を変えたから逆算して
ファン人口も増やしましたってことになりそうだな。




よっしゃー
ファン人口増えたから、景気良くなるぞ。
機械バンバン買うぜ!


ってどこもならない。


今後は、素直に自店の統計とSISデータを見ておけばよさそうだ。
今回のポカで、D社の信憑性がかなり上がったね。

 



スポンサードリンク

 

 






識者によると・・


MAX販売期限があるが、
どっしりと牙狼が軸としてかまえている影響で

牙狼から逃げたいけど、
期限があるから出さなければならないし・・・

などで各メーカーでホールの予算の奪い合いが生じ、カオス状態になっているようだ。


とりあえずサミーが、北斗P、S&神獣王セットで9月、10月の予算枠2番手を占める。
続いてエヴァ10が、順当にある程度の台数をさばくと見られている。


というのも、

V-STの設置は、既存の慶次等と、新台のルパン、牙狼、キャプ翼で飽和している。
これから新台のほとんどが、V-STばかりになっていく。


しかし確変ループを好む層もいる。
V-STの50%しか突入しないのを嫌がり、
当たったら8割くらいは、確変に突入したい層であり、

これらの受け皿として、
自店のMAX機(V-ST、100%ST、確変ループ)の配置バランスをとるなら
確変ループ機をある程度抑えておかないといけない。

今ある、確変ループタイプの設置のほとんどが、
ルパンと北斗だが、ルパンはすぐにV-STの新台と挿しかわって減っていくし
北斗もミドルの新台北斗で消えていくと見られる。


そう考えると、確変ループ機の新台である、エヴァ10はある程度の台数が必要となってくる。
とりあえず大きく外れることはないだろうということも無難である。






今後は、ルパンから、エヴァ10へ確変ループタイプの主軸が移り変わっていくことになる。


そしてよくわからないが、とりあえず前の慶次があたったから
抑えておきたい「義風堂々」、これも確変ループタイプ。
よくわからないだけに、思い切って購買することはないだろうから
売れても3万台程度だろう。


この流れで行くと、MAX規制後の確変ループタイプの設置は、
エヴァ10で長く保持することになりそうだ。
個人的には、ルパンと北斗、哲也のループタイプも外さずに残しておいて欲しいな。




よって

 ・牙狼 
 ・北斗S
 ・エヴァ10

が買う必要がある多台数購買予測、



ただ、こないだエヴァ9出したばっかりだろ?

スパン早すぎって誰もが思うだろうが、
10月の期限がある以上、まあいたしかたのないところだろう。
ホール側も今回ばかりは飲むしかない。

うちの近所の店ってエヴァ9で思いっきり店舗装飾ほどこしているんだけど・・
なんかかわいそうだな。



続いて北斗P、神獣王、義風堂々が中台数といったところだろうか。

北斗のミドルPに関しては、MAX機ではなく、メイン島をはれるわけではないので、そんなに数は
必要ないと判断するところも多いだろう。下手すれば現北斗のMAXを外さずに、そのまま残した 方がいいかもしれない。




スロットは、北斗Sの他にも星矢、慶次、ルパンなど出てくるが、
北斗のあとだと、インパクト的には薄い。

星矢が1万で、慶次、ルパンが2~3万台程度だろうか
まあそれでも売れている方か・・






そんなこんなでそのほかの
名前も出てこないような泡沫機種は
PもSも悲惨なことになっている。



とてもじゃなくまわす金がない。



必須の買うべき機械に予算を回すと、
使ってひと月程度のクソ台など買うところはない。

客が減って予算繰りが大変な中で、
限られた予算では、いらない機械には手が出ない。


中小メーカーはお陀仏であり、


○楽なんて、そんなメーカーありましたっけ?程度の対応になるだろうな。



仮○ライダーwwwwwwwwwwwww
A○Bwwwwwwwwwwwwwwwww


機械を見ることもなく、

「もういいよラ○ダーwwwww、何度目だよwww」

てな対応になるだろうね。

どうせまたワンパターンの4大演出でしょ?
ゼブラwww

まどまぎの抱き合わせ?、どうせそこまでしないでしょ?
って上から見られるんだろうな。







でも京○って、最近の機械を全部作り直したらしいけど、


「仮面○イダー」の実機をみたら

すげー、なんかディスっててごめんなさいって
なるのかな・・


別の意味で楽しみですね^^







さて、まじめに泡沫機種しか手持ちがないメーカーは、
この「ギリギリ商戦」からおとなしく引いて、

規制後のスペックですいているときに出した方が
開発費無駄にしなくていいと思うよ。



 

 

 



スポンサードリンク

 

 

 






識者によると・・・


2chを見ていたら、

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の公開が今年の12月

そんな記事が立っていた。
週刊誌のインタビューからだ。



「シン・エヴァンゲリオン劇場版:Q」から、3年もたっており、
中身もすっかり忘れている。

延期もありえるだろうが、まあそれでも2016年には公開されるにちがいない。


期間をわざわざあける事で、
映画公開から、3年はきっちり引っ張って
あらゆるコラボで儲けるのだろう。

早く映画を完結させてしまうと儲けも少ない。
できるだけ引っ張るのはまあ大人の事情だろうな。


パチンコ業界は、メーカーもホールもエヴァ版権に大いに儲けさせてもらっており
その期待感があがる。


エヴァは、版権的に世間に浸透し、
非常にチラシ映え、装飾映えするので、
小台数であろうとも入れない手はない。

クソ台レベルのときでもチラシ用にしょうがなく小台数でも入れ替えするところもあるほどだ。


今回のスロットARTエヴァは、他にめぼしい新台もないからか
稼動売り上げともに好調だ。中古価格も上位を維持している。

エヴァスロがある程度の結果を出すのは、いつぶりだろうか。
久しいことだ。






今年出てくる、エヴァ10には、旧作の映像のみとなるのはあたりまえだが、

新作が2016年公開として、
2016年のエヴァ11にはちょろっとでも映像間に合うのだろうか?

本格的には、エヴァ12、エヴァ13からだろうが、

にしても、引っ張りすぎだな。


3年後に、あと1本映画版あるのでしたっけ?

そうしたらそれでエヴァ14、エヴァ15、エヴァ16
を作ってと・・・


2020年にエヴァ16が出たらそれで終わりかな?




エヴァに関して、パチンコ屋が文句をたれるのは、
宇多田ひかるの主題歌が使われないことだ。

元旦那がパチンコ法人関連というのは、まあ関係なさそうだが、
版権上の大人の都合なのか、一切使用されていない。

ガイナックス側も、そんな状況なら
宇多田をはずせという考えが浮かばないのだろうか。





パチンコでのエヴァ再ヒットが、
エヴァをここまで隆盛させたといっていいだろう。

パチンコ屋での貢献を考えたら
宇多田は外して、他の歌手でヒットさせて
パチンコで使ってもらった方がよいと思われるが
いかに


 

 

 

 



スポンサードリンク

このページのトップヘ

アクセスランキング