ようこそ僕らのパチンコ業界へ!

私たちの65%は悪意の塊でできています。



> 2015年01月

2015年01月

 

 







某機種だが・・



同時期に敵のメーカーはいない!!

ならば強制増台だと!!



ばかりに





縛りが4台から10台に変更された模様。





どうせ他の機械ないから、

買うのでしょ?





という作戦であり、

他メーカーの隙を突いた見事なものだ。





推定35000~40000台といわれていたが

どれだけの台数まで伸びるのか・・



興味があるところだな。








 

 

 



スポンサードリンク




 
 
 
ジャグラーの領域をつぶすには、こういう機械が必要であり
告知系統を全部つければいいというアイディアは
 
それこそみなが待ち望んでいたため
これでいいと思われる。
 
リールのバックライト消灯系もあればなおよかった。
 
 
 


 
■欠点
 
 ネーミングがクソでセンスが悪い。
 メーカーがタイヨー
 
 
 
 
 
大手メーカーが、いい名前で正統に出したら
1万台くらい売れていただろうな。
 
 
この機械演出で、裏ものだったら
鉄板だったな。
 
 


 
まあ安いし、話題もあるので3000台くらいはさばけるやかん。
 
 
 



 



スポンサードリンク

 

 

 






1/400のMAXを打とうが、



1/99の甘デジを打とうが、手元に残るのは4Rの出玉ばかり





運よくSTに突入しても出玉無しスルー





甘デジにいたってはST中にさっきの出玉があとかたもく無くなり終了





嗚呼、確変引いたらもう一回保証されていたころが懐かしい





5,000円~1万円の予算で



当ったら最低5,000円、運が良ければ2~3万もらえる



それくらいの遊びで十分



目

 

 

 

 



スポンサードリンク

いつもの前提だが、

---



2013年 970万人
2014年 900万人(予測)
2015年 800万人(予測)

・・・

2020年 600万人(予測)




etgaew4rt



いまやどこの誰もが、
ファン人口の減少は止まらないと予測している。

増えるなんて言っているのは一人もいない。


根拠としては、某D社のデータの
近年の稼働下降推移からの概算見積もりであろう。

この数字には、当然低貸ししかやらない不良顧客の
客単価が低い客も含まれている。



ファンが、遊技代金として使用してくれるお金が、
パチンコ業界すべての原資となり、

機械代としてメーカーや、
備部品メーカー、
景品業者、
メーカーの下請けの開発会社、部品会社、
はたや、アニメやゲーム産業など
さまざまなところにまでお金は届いている。


当然「○朝鮮」にも届くだろう。




そのファンが減るということは、
原資が減るということであり、

関連するすべての業態の経営に影響を与えるため、
どこの企業も将来を楽観視していられない。



rtyweyh

それに反し、ホールやファンの要求は日増しに高まるため、
開発費は、年々高騰を続けている。

パチスロの検査規制のように、いつ行政からの規制も入るかわからない。



売れる機械と全く売れない機械の差もますますついてくる。



今後はさらに全体の機械購入台数が落ち込むため、



メーカー側も、開発機種を絞り込んで
予算を決めないと、
採算が取れなくなってきてしまう。

各メーカーの販売機種数も
作りこみの影響で、減ってくることが予測される。








そして、カジノができれば、
マスコミを始め、世間の目は集中してしまい
パチンコはマイナーになる。






街に出ると、
客が十分にいるホールと、まったくいないホールとの2極化がさらにすすんできている。




普通に考えると、今になって、パチンコ業界に就職しようとしている新卒や中途社員は
業界研究もしていないバカだ。

沈む船に乗ってくるネズミはいない。


メーカー株を長期で売ると儲かるかもしれないね。





根幹たる、ぱちんこファンが増えていかないことには、
全業態の衰亡を止めることができないのは誰が見ても明らかだ。



中にいる人間としては、


「新規ファンを生みだすには、いったいどうすればいいのか。」


この命題について、周りで話すことがある。





客の本質は、

「お金をかせぎたい」

これにつきる。




必ず負け、30分で1万円がなくなる今のパチンコパチスロに
平気でお金を捨てる富裕層は限られる。


パチンコに行く理由は、お金を稼ぎたいから
行けば、勝てるかもしれないから、

その淡い期待が客の足をホールに運ばせる。
負けが濃厚では、誰も行かない。





「たくさんあてて、出玉をたくさん出して気持ちよくなりたい」




高価交換により、


回らないガチ釘、全台設定1
とにかくあたらない、当たる気がしない
出玉も絞られている。確変中玉が激減する。



このような経営のところばかりだ。




どうせ行っても勝てないから。
金ばかりかかって、何も当たらないから。


周りがいかなくなった原因はほとんどこれだ。
私もそうだが、年間トータルで勝っている人間は一人もいない。



---
前提終わり






それに対し、
単店や単法人での解決策はない。
小手先のものばかりで小さすぎる。


おおもとの交換率を下げたら客がとぶ。
玉を出したくても、ぎりぎりの経営で動けない。

これが実情だ。




全国すべてのホールが一斉にやらないと
全体で解決しない。


reahh

全体ではなくても、
小さいところは、大きいのについていくので、



まず大手が一斉に経営形態を適切なものに変更し、

全国のパチンコ店が適切な経営ができる水準、
ファンに適切な還元ができる水準まで
推奨基準を考えて見本を見せればいい。





消費税も8%になったところで
たいした変わりはない。



周りが一斉にやれば差はつかないからだ。



業界団体内で、
全体で動くためにはどうすればいいのか
考えてみろよ


こういった業界団体は
すぐ機械代が高いとかメーカーのせいばかりにするが
根本的にはホールの責任だ。



reahath


社会貢献活動すれば客が戻る?
店員の接客マナーを向上させれば客が客が来る?
クリンネスしっかりすれば客が(ry


まさに、バーカとしか言いようがない。





個店で、2.5円ぱちんことか、
0.25円パチンコなんかで失敗したようだが、

悪の低貸しを流行らせた
某法人からやれよといいたいわ。


 



スポンサードリンク

てwtれwt



F社がブラックラグーン2の販売をとりやめたというニュースが一般にも浸透し、

なんかブラックラグーン自体の販売が中止されたかのように表現しているところもあるが、他の販社からはま
だ売っているので、誤報である。


F社は、浜崎故障でそうとうホールともめたので
ブラックラグーンでこれ以上もめたくないのだろう。


Fのあおりを受けて、いっきにブラックラグーン2に対する風向きがきつくなった。
販売台数も激減するとみられる。



液晶バグは、1/20万でおこるといわれているが、
朝から閉店まで設定1をフル稼働させて8000G
ひと月打ち込んで、24万G、それでやっとお目にかかれるかどうかの確率だ。

液晶バグについては、小冊子にも記載があるように、
販売しても大丈夫だろうとスパイキー側が判断しているようなので、
大丈夫なんだろうなとはたからみて思うが、


全国規模で考えると、15000台が、導入当初の稼働で6000G
15000台×6000G=9000万G


9000万Gを20万で割ると、450


全国で毎日450台は発生の可能性があるということだ。



発生した場合のホールから客への対応を考えると
めんどうなことになる。




1/20万の確率なんてちょっとした宝くじ並みだが、
そんな不運なのか幸運なのかよくわからないものを引いた客は
どう思うか。

まあ普通にうれしいだろうな。
写メ撮るだろうな。


だが、ホール側は、大手になるほど
いらないトラブルを警戒して手を出しづらくなっただろう。



trえyrtws

最近、浜崎、ビンゴ、牙狼、ブラックラグーンと

なんやかんやで故障する機械が多い。


ラグーンは、ソフト的なものだが、
たいてい、ごちゃごちゃした役物が耐久を超えて故障する。


浜崎は、ほとんどの機械が高頻度で故障、直しても直しても故障。
ビンゴは、突貫で作った増産分の耐久がそうとうやばいらしい。


ホール側は、故障ばかりで、嫌気がさしているので
ブラックラグーン2をどうするかで悩みどころだろう。






もともと人気のある機械なので、大手や周りの店がひよっていれないなら
自店にいれれば大きな武器になる。

中小店ならそのまま入れたほうがいいだろう。
話題性もある。



スパイキーにしたところで、
F社が販売をやめたところで、ほかの販社がなわばりを引き継ぐので問題ない。


販売予定が、10000~15000台ほどだったようなので、
F社は、そのうちの1/3を占めていたと推測されている。

他の販社にとっては、なわばりを奪いとるチャンス、特需である。
いっそう販売に力が入るだろう。





tれあwt

まあそのまま売り続けるのか、再度販売を中止にするのか、
早期に決定されると思うが、

ほとんどの人が
ちゃんと直してから出しなおせばいいのにと思う問題なので、

スパイキーの開発関係者はもう冷や汗もんだろうね。



開発費、開発期間、人件費、販促費・・・・
責任は重いな。


心中お察ししますわ









気になったので、翻訳してみると


It's up to you = 君次第

スパイキーの権限者にぴったりだなw


 



スポンサードリンク

t4rうぇy



業務繁忙期突入のため、
更新ペースが遅くなります。


他のライターがたくさん記事くれるといいなー



つーか、原稿まだですか?
某氏




スポンサードリンク


スポンサードリンク

 

 


3月~4月のパチンコ商戦をおさらいしてみよう


だいたい注目順に並べると・・


 ウルトラマン
 フィーバー機動戦士ガンダム


 めぞん一刻 甘


 大奥
 くのいち彩
 デビルマン 4月
 嘘喰い
 ハクション大魔王
 キカイダー

 ほか泡沫機種


吉宗は、4月以降に逃げたようなので、
実質的に、ガンダムとウルトラマンの2強である。

サンセイの牙狼ゼロも4月以降のようだ。




すると、3月上旬は、他に機械もないので、
腐ってもガンダムということで、

スペックに不信感はあっても、4~5万台は軽くさばくとみられている。


好調のめぞん一刻の甘は、台数も少ないので、瞬時に終わったことだろう。
これは打ちたい。





残りは、3番手、4番手評価の機歴機種なので、
注目が京楽のウルトラマンに集まっている。

ガンダムが上旬なので、中旬から下旬にずらしてきそうだ。


大きな会場で展示会を開くようだが、
需給の関係で、京楽の機種としては、かなり久しぶりに
相当な奪い合いになることが、予測されている。





スロット商戦の方は、

 戦国コレクション2
 ベルセルク

 BLACK LAGOON2
 麻雀物語3

 サイバーブルー
 コブラ
 まじかるすいーとプリズム・ナナA
 トラッド
 スーパーラクラクビスカス


各々、販売台数が少ないので
取り合いになっている。


1番手グループの
戦国コレクションとベルセルクは台数もなく
すでに完売レベルで、取り合い。


そこから2番手グループに流れ、

いったん販売を延期したBLACK LAGOON2も台数が、
15000台前後のようなので、まあ売れるだろう。
去年注文を入れていたところは、そのまま買うとみられている。


麻雀物語3は、ベースが47G前後とあたりが1/500と
かなりだるい機械のようなので、そんなに手は出せない。
よければ入れるレベルのあわてる必要のない機械。


残りの泡沫機械は、
お金持ちホール専用機

トラッドは、次に出すビンゴの抱き合わせのような感じなので
金のあるところはつきあうだろう。



次の、ミリオンゴッドと、ゴッドイーターまで
しばらく主力機はお預けといった様子。





パチンコは、どの機械も筐体が派手になってきているが、
たしか予定されているECOパチって各メーカー共通枠仕様で、面替え主体ではなかったろうか。


一般人にはわかりづらいと思うが、

ぱちんこは、
枠と面で構成されていて、

枠は、外側のハンドルやガラスとかの部分、使いまわし可能
面は、釘とか液晶とか、ガラスの内側の部分

枠はそのままで、面だけほんのちょっとだけ安めに売る場合もある。



普通に何機種も使える枠もあるが、
その機種だけしか使えない、専用枠が最近増えてきた。

牙狼金色のように、枠にも、なんやらギミックをつけ始めたので
共通は難しいのだろう。


そして、客が枠のギミックや演出になれてしまうと、
各メーカー共通枠のしょぼさが目について、売れなくなってしまう。

そうなっていくと、
ECOパチってもうでなさそうだね。
出るぞ出るぞといわれてから、もうかなりの年月がたつし、
だめなのだろう。


結局なんだかんだいっても、
メーカーもホールも客も、
派手で値段が高い機械を望んでいるということだ。




 

 

 



スポンサードリンク

このページのトップヘ

アクセスランキング