2014年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加




    京楽の「吉本」が、ファンからも業界からも
    大変不評であり、

    目標台数を下げるなどして苦戦しているようだ。
    それでも35000台という数字は、普通のメーカーからしたら大きいのだが・・・


    どうせいやだいやだと言いながらも、
    ほとんどのホールが買うだろうし、稼働はつくとみられている。





    京楽に一時期の勢いがなくなってきたのは、
    誰もが感じていることだろう。


    原因といわれているのが、
    ワンパターンな演出による、マンネリ化があげられる。

    仕事人でも美空ひばりでも、
    何の版権で作ろうが、全部同じような、気持ち悪いアニメ絵であり



    ほとんどの人が知っていることだが、


     ・保留変化
     ・ゼブラ
     ・役もの
     ・群 
     ・連続疑似連
     ・カットイン
     ・ボタン


    これらが、高水準で複合すると信頼度が高まる。

    AKB2は、液晶上に演出のレア度と複合具合で熱さまでわかる仕様になっており、
    それ自体は、よかったと思う。




    今後予測されている京楽の機械だが、


    AKB2の甘デジは当然として、

    トランスフォーマーも、ジョジョもまどまぎも

    どれだしても結局演出は、
    2頭身アニメキャラで、全部同じパターンであろうとふかれている。


    deg



    同じ人が、同じことをすれば、結局同じ結果しか生まれない。





    そんなことはよく言われることだが、


    仕切っている開発のTOPが、他のメーカーも含め、
    自分たち自身が流れを作ったともいえる、
    今のパチンコ演出の流れを崩したくないのだろう。





    昔からずっと海しか打たない、じじいばばあも多い。
    知っている台で安心できるからだ。
    魚群が通るだけで、当たろうが外れようが大喜びだ。



    マンネリ化を安心ととるか、飽きととるかも、
    それぞれの人の主観なので、どちらが正しいとは言えない。


    じじいばばあを含め、京楽の演出を安心ととる人も多いだろうし、
    私も、そっちのほうだ。



    AKB2も普通に楽しげに打てたし、別に不満はあまりない。
    ガセが多かろうが、京楽京楽ということで、納得している。


    てrwてr

    最近の京楽批判は、評論家気取りの業界人や、ファンが
    つまらない飽きたとかいっているだけにすぎない。



    作り上げてきた定石をくずすと一気に違和感が生じ
    客がストレスを感じる。



     レインボーではずれ、
     疑似4連ではずれ
     疑似が続き、こい演出が出ているのにリーチすらかからない。
     鉄拳チャンスは、本当にチャンスなんだから




    こんなのが出たら、客からすると、



    ????



    というような感じになってしまうだろう。





    演出のマンネリ化で飽きたといわれる面もあるだろうが、
    定石になったものは、もはやくずすことはできない。

    よって、いちど通ってきた道は、すべて踏まえないとならなくなってしまい、
    どこのメーカーも同じような演出パターンに偏ってしまっている。


    この演出を全部抑えたうえで、
    差をつけるために、この演出をあらたにつけよう!


    などとやっていると、どんどんどんどん複雑な分岐が生じて
    わかりにくくなってしまう。



    結局、


    魚群が通った、熱い!


    三洋が一番楽だな。




    昔の機械のほうが、
    脳汁が、出ていたように感じる。

    普段単調で何も起こらないが、いざというときに一瞬で熱い演出が出たためであろう。



    同じ海でも、


    1995年のギンパラ>>>>>>今の海


    くらいの演出差はある。


    今の機械は、常にひたすらずっと同じリズムで脅かされているお化け屋敷みたいなもので、
    それが怖く感じるかということだ。

    瞬間にどばっとこないと、脳汁は出ない。



    でも信頼度をあげようと、発生頻度を下げれば
    何も起こらなくて単調で、暇になり、
    あげれば、ガセばかりとなる。

    バランスが、難しいのだろう。




    京楽も大変だろうが、
    別にアカの他人にえらそうなこと言われなくても、

    なんとかしなくちゃと思ってるのは、
    京楽自身が一番感じていることだろう。


    最近のパチンコメーカーを引っ張ってきた立場として
    新しい道にいくのか、
    そのままマンネリ化路線で行くのか・・





    京楽については、



    期待が大きいからこそ、批判も大きいのだ。

    えryへr

    ホールにとっても、今まで散々儲けさせてもらっている
    ありがたいメーカーだ。せいぜいがんばってほしい。

    2015年の京楽の機械には、みんなで生暖かく応援してみよう。







    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる




     



    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    rgtryh



    ファフナー
    黄門
    金太郎



    12月から1月にかけてのスロット新台は、

    ある程度の台数は出ているが、
    目標には達してしていないのか、いずれも、苦戦しているようで、
    抱き合わせや、台数縛りもかなり緩んできているようだ。



    大きくこけた大海が、
    経営にダメージを与えた影響といわれている。


    新規顧客などという言葉はいま死語に近いので、

    何の機械が出ようが、
    市場にいる、客の総数はどこもたいして変わらない。



    結局大幅な機械投資をしたところで、
    自店の店内移動や、地域市場内での店舗移動だけに終わり
    総客は増えず、売り上げも利益も増えていない。




    機械代すらかせげずに、大きめの台数が失敗すると
    それだけ経営にかかるダメージが増える。


    その大海分の、マイナスを考慮すると、

    ぱちんこの修復に予算を持っていくから
    スロットの購買は自然に抑え目になる。


    先の秘宝伝や、エウレカ2などと同様に

    入れ替えの大きい失敗があった直後は、
    機械投資額もそうだが、大幅な入れ替えには躊躇してしまう傾向にある。

    ホール法人の機械決済者もオーナーに対して、もうしわけが立たないのだろう。







    2月中旬のサミーアラジンもやれ10万台だ!

    と意気込んでいるようだが、
    この流れで行くと、4~5万台程度で終わるのではないだろうか。





    ここにきて、30パイ市場がまた沸騰しているようだ。
    もともと長期で使用できる予測が立つパイオニアの花系統にくわえ、


    rえr




     ・沖ドキ
     ・スーパービンゴの30パイ仕様




    入るかどうかは知らんが、
    長期で使え、ヒットが間違いない機種が二つそろっており



    島工事は、かなりの順番待ちで、30パイのコイン自体も市場に不足気味のようだ。



    30パイといえば、4号機時代は、裏ものの代名詞であり
    とにかく連ちゃん連ちゃんで、鉄火場状態であった。



    25パイのコインに比べ、同じ400枚でも、その大きさから
    ボリューム感で、たくさん勝っているような雰囲気にもなる。




    5号機になってからは、パイオニアがほそぼそと出す、
    弱いAタイプなどしか島に入っていなかったが、


    今回沖ドキが再び火をつけ、
    30パイが昔の鉄火場に近い見られ方をし始めたようだ。



    検査規制後の機械も、花系のAタイプ島にすればいいので、
    問題はないとみられている。




    どこぞのコンサルもおすすめのようで、




    島を30パイにしよう!




    そんな流れが増えつつある。




    4号機時代は、裏ものメーカーもそこそこ台数を出していたが、
    今の5号機30パイ市場は、パイオニアがほぼ独占している。


    ようやくそこのパイを、アルゼとベルコが食い破りに入ってきたようだ。



    パイオニアにしてみれば、

    沖ドキなんて、見栄えからしたら、
    ハナハナと大差ないため、納得いかないだろう。



    YAMASAもかつては、30パイスーパーリノとかあったし
    沖ドキが流行ったことで、便乗してまた作っているのではないのだろうか。




    でもって


    最後の聖域となっている、
    残りのジャグラーの領域をどう攻めるかが
    スロットメーカーの課題だろう。



    かつて、いろいろなメーカーが
    ジャグラーのぱくり機種を出してきたが、いずれもこけた。



     ・音と光を含めた気持ちのいい一発告知
     ・見やすいリール
     ・100G以内の自力連ちゃん
     ・技術介入が少ない



    他にもいろいろあるだろうが、主なジャグラーのメイン特性だ。



    それらを全部ふまえた模倣製品も、すべてダメであり、
    メーカーからしたら大きな悩みどころであろう。



    ジャグラー島の客層を見ていると、

    ジャグラーしか打たない、打てない
    じじいばばあが、まあ多いことだ。

    根っこまでこびりついた、カビのようで
    引きはがすのは大変だろう。








    個人的な、趣味主観でいえば、


     ジャグラーのランプと音が好きだ

     高砂の007等の、バックライト消灯+赤照明も好きだ。

     ジャックポットのセグも好きだ。

     島娘などの、パトランプと、小さな告知ライト?も好きだ。

     ハナハナのハイビスカスも好きだ。

     海人などの、ぴゅいも好きだ。






    よって、それらをふまえて、

    私のために、
    1台に豪華に全部のせで、つけてくれた台をつくってはくれまいか。



    trっh


    レバー、MAXベット
    第1停止、第2停止、第3停止

    分散すれば、全部熱くできるのではないか。



    そんな基地外台に、良版権と液晶もさらにつけたら
    ジャグラーから、Aタイプ島のパイ奪えないか?




    まあ無理かw



    コナミあたりが、とちくるって作ってくれると
    面白いかもな。







    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる

     



    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    れyは


    識者によると・・


    スロットは、等価が一番いい。



    設定差で出率が違うので、遊戯の幅は違うだろうが
    1000円での遊戯回数は、設定1だろうが設定6だろうが大差ない。
    普通に同じだけ回せる。

    昔の4号機初期時代ならいざ知らず、
    設定判別はできないほどの誤差だ。





    消費税の影響から
    5枚交換を離れ


    5.6枚になったところも増えてきた。


    リプレイ外し全盛時代は、
    6枚、7枚交換の店も見受けられたが


    1000枚出したら、2万円

    が、客側にもあたりまえの感覚としてあり、
    7枚交換:1000枚で÷7・・で、14200円

    6千円近く差がある。



    これでは、客側がギャップがありすぎて嫌気がさし、
    等価の店に離れていくだろう。




     1円ぱちんこ
     4円ぱちんこ
     スロット



    これらが異なる換金率で長らく存在してきたのに
    急に揃えさせられた。





    スロットは、等価を維持したい。




    ぱちんこをもっと回させるため
    換金率を下げたくても、

    一物一価を厳守するために、
    ぱちんこの換金率を等価から動かせない。




    この流れで、高価交換が固定されていった。

    ぱちんこの換金率を適正値まで戻したくても
    スロットの換金率を維持したいので、動かせない。


    そこにおおきな悩みをホールは抱えている。




    風営法の条則に等価交換の原則があるようで、



    それの影響により、
    警察さまがらみで守るしかない。



    1個の値段に、ことなる値段をつけてはならない。



    5500円の特殊景品が、パチンコでは、2200玉(2.5円換金相当)、スロットでは、275枚(等価)
    ということはならないようだ。



    なら、ことなる特殊景品を出せばいいのでは?


    2物2価、3物3価だっていけるのではないか、と普通なら考えそうだが
    いろいろな事情で、ダメのようだ。











    う65えう


    お役人様は融通が利かない。一度決めたことは動かないだろう。




    警察だって、パチンコ業界が弱れば天下り先も減るだろうに、
    発端が、「パチンコ業界をつぶそう」から始まっているとしか思えない。






    博打と化した、等価遊技が、健全な遊技とは思えない。

    低価で、客を長い時間楽しく遊ばせたほうが、警察が言う
    健全な遊技なのではないだろうか。



    警察さまは、機械性能の射幸性は、頻繁に制限してくるくせに

    根本の一物一価をもとに戻してくれない。








    5w4yw

    一物一価さえ、一物一価さえ
    元に戻ったなら・・・



    4円パチンコも、
    低貸しのパチンコもスロットも
    もっと客を遊ばせることができる。

    ファンも呼び戻せる


    多くの人がそんな甘い夢を抱いている。





    日遊協とか全日とか各組合とか、
    普段から役に立たない「利権防衛組織」は、


    こういうときこそ、風営法の改正を陳情してくれよ。





    警察がだめなら、国会議員に陳情せよ

    普段から、たくさん献金したり、パー券買わされてるんだから
    こういう時こそ役に立たせろ。




    いずれ、パチンコ税もとられることになるだろう。




    ならば、等価交換原則の改定(一物一価改定)、貸玉金額の上限改定
    これくらいは、金をとられる側として、国に要求すべきだ。

    パチンコ業界が元気になれば、パチンコ税もたくさんとれるだろう。





    社員が死ぬと、どこの法人も
    地元の議員や国会議員から

    弔電が届くことだろう。



    そんなのかっこつけなどどうでもいいから、


    こいつらに一物一価をなんとかさせるよう
    取り組んでほしい。





    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる


     



    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    trうytw

    「CSR活動」、「ボランティア」


    といわれるものは、奉仕活動のため
    労働扱いにされない企業が多いだろう。




    何の目的?何のため?


    といわれれば



    表むきは、

    「会社の宣伝、イメージアップ」
    「困っている人を助けたい! 助け合い・・」
    「地域の一員として、・・・・(なんとか歯の浮いたようなかっこいいことば)」


    くだけていえば、普段イメージの悪い企業が
    会社のかっこつけのための手段としているだけにすぎない。




    ---------------

    y5yhrts

    社長になった現在でも毎朝6時前には出社し、本部のある会社の玄関を自身で開錠し、玄関や駐車場を掃き清めて水をまく。理由は、「従業員にはきれいな会社で気持ちよく働いてもらいたいから」ということと、「本社の玄関が汚かったら、店に行ったときに『汚い』と指摘できない」ためであるという。

    「誰よりも早く一番乗りが大切。仕事は朝が勝負ちゃうのん? 意欲と勢いと活気でやるもんや。9時にはもうエンジン全開ぐらいでええのちゃう? 昼からの仕事は惰性(笑い)、夜は明日のことを考える。それくらいやないと『仕事できる』とはお世辞にもいえへんのとちゃいますか」

    ---------------


    殺された餃子の王将の社長は、早朝掃除で外部にアピールし
    TVでもよく取り上げられ、
    社長自らがいい宣伝ツールとして、ゴミ拾いを活用していたようだ。


    殺されたがw




    上のえらい人が、率先して
    みんなの嫌がることをして、庶民目線で動くってすごいよねー


    中には、社長自らが、トイレ掃除をしてアピールしている企業もある。
    外部に安くアピールできる。



    目的はいずれも、「エライ自分が動けば○○といった効果がみられる」
    というものが多い。



    あー社長がやっているのなら、自分もやらなきゃ!


    知性の低い人は、すぐそうつられるようだ。



    大会社なのに、電車通勤で経費を節約とか、
    普段の食事も庶民並みとか



    syusenndo


    お金持ちなのに、庶民と同じ目線のおれってすごいでしょアピールが
    鼻について、逆にうざい。






    パチンコ業界では、多くの企業が
    地域でゴミ拾い活動をさせられている。


    ゴミ拾いコンテストみたいな大会を開いている地域もあるようだ。






    パチンコ業界は、どちらかというと
    従業員が、ゴミを捨てる側の民度の低い人間が多いため
    自分の社員のケツを自社でもつのは当然だろう。



    パチンコ屋にいる不遜な人間のほとんどが喫煙者だ。
    ご多分に漏れずパチンコ業界自体も、喫煙者が他よりも多いと思われる。







    当然人のことは言えず、
    わが社の社員も、上から下まで、歩きたばこ&ポイ捨てを日常的にやっている人が多い。

    携帯灰皿もってれば、歩きたばこOKだよね。マナーだよね。
    と条例を超えた独自ルールを総務部長格でも持っている。







    自社の社員を含め、ぱちんこ客が地域をポイ捨てで汚すため、
    ぱちんこ企業は、あたりを清掃しなければならない。
    まあもともとは義務のようなものだろう。

    店の敷地内は通常業務としてあたりまえだが、
    都市部の店舗などは、かなり広範囲まで特別なゴミ拾いをしているのをみかける。


    作業中は、多くの企業が、制服だったり、上着だったり、
    どこかしら自分がどこの社員なのかをアピールしている。
    匿名の誰かが、善意で奉仕活動をしているのではない。業務だ。




    ホール勤務者は、清掃は通常業務だが、


    それ以外の業務の人間は、
    「ボランティア、奉仕活動」ではなく、「仕事」として無理やり駆り出されているのが多い。
    「当番制」で、嫌なやらされ仕事である。



    組合で広範囲な草取りとかゴミ広いとか
    なんか皇居の草取りもあったな。






    善行は、大いにすればいいと思う。
    人として当然だろう。


    だが、善行を企業アピールとして利用してする必要がどこにあるのだろうか。








    正しいことは、人知れずやるべきで
    そこに見返りや称賛を求めるべきではない。



    私も正義の人間なので、善行は大好きだ。
    困っている外人観光客がいたら、道を教えてあげるくらいはする。


    そこで、「わたくし、田中守男(仮)が、外人に道案内しました!
    すごい行為です。みなさんご称讃ください!」



    なんて言わないだろう。




    震災や広島土砂みたいに
    困っている人がいたら身近にいたら人として助けあおう。

    就職活動のネタ目的で参加しているようなのもいるようだが、
    普通のボランティアは、誰もみかえりをもとめないだろう。





    企業のCSRは、善行を不遜に利用した「仕事」になっているのが
    社員側は、いやに思っている人が多い。



    haato

    目的が、すでに奉仕活動ではなく、
    ゴミ拾い偽善行為を利用した、
    イメージアップ目的の企業宣伝活動なら、

    自社社員にただ働きボランティアを強いるのではなく
    金出して誰かやとえよという話だ。




    人として、奉仕精神を養う?



    建前としては、おかしい話だ。






    善行に見返りを求めるな、企業利用するな。かっこ悪い。



    企業宣伝を安価にあげたかったら、

    ゴミ拾いは、「社長の業務」として
    世間へのアピール付きで、ひとりでやってろということだ。



    TVに金払って
    自分の好きなだけアピールすればいいだろう。




    er="0" height="31" src="https://img-proxy.blog-video.jp/images?url=http%3A%2F%2Fimage.with2.net%2Fimg%2Fbanner%2Fc%2Fbanner_1%2Fbr_c_1350_1.gif" width="110">
    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる








     



    スポンサードリンク

    このページのトップヘ