2014年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加







    日韓戦となると、民族意識が高まり
    毎度ぴりぴりする。

    パチンコ業界は、ご存知の通り
    朝鮮企業であり

    韓国系、北朝鮮系で9割以上を占める。


    ゆとりバカ新入社員が
    うちの社長日本名だから日本企業だ^^

    というのがあるが
    ゆとりは、「通名」をしらないだけだ。

    ぱちんこ業界内の全業種業態通して、
    日本人経営のところを探す方が困難だということを
    覚えておきなさい。



    従業員も、だいたい社員の半数くらいが、
    朝鮮系だ。(当社比)

    古くからの社員は、もう完全に朝鮮系なので
    判別もいらない。

    中途で入った経理とか法務などの管理系は
    古くても日本人がいる。


    若者になってくるに従って、徐々に日本人が増えてくる。




    でも派遣会社は、いらん気を使って
    なぜか在日の女の派遣ばかり紹介してくる。
    派遣当人が望んでいるのか、
    派遣会社側が気をまわしているのか知らないが、
    変なところだ。

    まあ見栄えさえ良ければ何者だろうがすべてOKは万国共通だ。


    昔は、朝鮮系でないと、社内や業界内で出世できない。
    組合でも発言権が一切ないから、代表でいかせられない。
    日本人経営は、機械も売ってもらえない。

    などあったが、今はそんなことはなくなっている。


    外部の人からはこういうある種のタブーな書き込みが
    いちばん興味があるようだが


    社内では、
    あたりまえだが
    ほとんどが生まれも育ちも日本なため
    みんな日本語で会話をして、

    全然民族的なものはないし、
    普段より、日本人だの朝鮮人だのを互いに意識することもない。

    金正日の写真も飾っていない。(当社比)



    等割文字かどうかを確認するために、相手の名前を知らなければ、
    日本人か朝鮮系か、顔だけでは判断するのも難しい。

    「同胞感覚」いわゆる「絶対ちょん感」を持っている、
    うちの北系の同僚のような、その筋の人間でないと難しいようだ。
    まあ簡単にわかるような顔の濃い人もいるけど。





    本国(主に韓国)からの留学生あがりがたまに就職で入ってくるが
    やはり本国上がりは、整形が多いと感じる。

    まあここも見栄えさえ良ければ何者だろうがすべてOKは万国共通だ。




    上司間のトークの中に、
    不機嫌なお偉いさん同士で、「どうした?民族差別にでもあったか?」
    としゃれにならない在日ジョークを飛ばされると

    周りの社員が非常に凍りついたりする。


    民族的な話題は、タブーに暗黙的になっているかもしれない。



    でも若いやつらは、民族話がネタにまで昇華されているレベルだ。


    俺南だけど、お前どこ?
    やっぱ俺北w
    俺は中国だからww



    まあこういう民族話題ネタが一部で発生していると
    遠くの所で凍り付いているところもあるので

    やはり社内では冗談でも触れないほうがいいのだろう。







    でもって、



    浅田真央氏ねw
    キムヨナがんばれ!!

    反対に
    キムヨナ死ね、この整形キムチ野郎!



    なんて話題は、社内ではやはり起きない。

    日本と韓国どちらを応援すれば雰囲気が和むのか、
    判断が難しいからだ。

    日本に住んでるから、
    浅田側でいいんじゃね?


    普通に考えればそうだが、
    祖国韓国を応援している人もいる。


    同胞を応援するのは、
    日本の人がヤンキースにいった野球の
    田中某を応援するような気持ちと同じらしい。
    (田中が純日本人なのかは不明)


    まあ触れないほうがいい。

    オリンピックなんて早く終われ

    みんながそう思っているようなことだ。









    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる












    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    thsre

    識者によると、

    4月導入予定の話題機
    「モンキーターン2」も、話題機で“置きに行った”パターンであると分析する。





    これは、昨年の「忍魂」「緑ドンオーロラ」に見られるような
    前作は革新的なスペックがヒットの要因だったのに対して、


    第2弾を前作の踏襲型として無難にリリースした場合に、
    思ったより稼働が伸びないという伝統的なパターンで有名だ。





    hsrt


    あまり変えすぎて、前作の面影がなくなってしまい失敗するパターンもある為、
    気持ちはわからなくはない。







    山佐様は今回は、自分から本気出しているとは言っていないようだ。

    trsh




    目



    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる








    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    てwt




    識者によると、パチンコ業界では顧客満足という言葉が
    誤った方向に一人歩きしているようで大変不快であるという話。






    wikiをひもとくと、

    顧客満足(こきゃくまんぞく)とは、Customer satisfaction (CS) の訳語である。顧客満足度とも呼ばれる。人は物品を購入するとき、その物品に何らかの満足を感じたときに購入するとの考え方で、企業においては、その度合いを定期的に評価し、次期商品開発に結びつけたりする時に使うことがある。

    ----------


    物を扱う商売は、買った側も、売った側もたいてい満足する。
    目的がモノを買うことだからだ。


    パチンコ屋は、賭博産業であるため
    客は勝ち負けの博打をするためにのみ来店する。

    負ければはげしく怒り、店をののしり
    勝てば自分が勇者にでもなったかのように、意気揚々となる。

    ぱちんこもパチスロも、いまや客の勝率は10%程度だろう。
    10回いけば9回負ける。




    6え54いう

    ほとんどが、店への恨みと怒りのみを残して退店するのだ。
    顧客満足なんてあったもんじゃない。

    もちろん、店員の顔や接客なんて覚えていない。
    店員が普通の行動をとっていればそれは空気みたいなものだ。





    jy6rtd

    逆に大手ホールのように、店員人気投票wとか
    目立ちたいのかわざとらしい笑顔や過剰接客が
    はなについて不快に見えたり、

    ひどい対応をした、店員だけが際立ってしまう。


    普通の対応は空気であり関心がない、0だ。
    ひどい対応や大手ホールの接客はマイナスに映る。

    0とマイナスを足せば、
    パチンコ屋の店員の存在は総合的にはマイナス評価ということだ。



    接客とは、大多数の客にとっては
    やらないよりやったほうが少しはましじゃないかという程度

    それを一番に掲げるような、脳のないホールは
    玉を出さずに、抜ききるためのごまかしでしかない。






    ちゅjれd

    田舎の稼働のないホールは、病院の待合室代わりに
    死にかけた汚いじじいババアの
    たまり場になっているかもしれないが

    都会では、店員と客が親しげに話しているのを見ると
    癒着をうたがってしまうということ。
    一人の客から信頼を得ても、多数の客から不信感を持たれる。



    客にとっては、店員なんかより
    各台計数の方がまだよく働いてくれるので

    店員なんてカウンターと、
    補給づまりや表づまりを直すだけしか用がない。
    はっきりいって邪魔な存在である。

    店員の存在価値はない。



    だが、価値がないとなると経営側は店員に働く意義をもたせて
    洗脳させないとやばいというわけで

    あれこれ悪だくみをとるわけだ。


    リッツカールトンよろしく
    とってつけたような
    社是や、信条(クレド)を作り、唱和させたり

    無理やり社員に社会貢献活動をさせて、地域の役に立ってるごっこをしたり


    とにかく、洗脳
    まず洗脳

    社員をだましぬくのはたいへんなわけだ。



    い65え


    そして、今「居酒屋甲子園」というものが
    ブラック企業の従業員を洗脳させるツールとして世間から不評を極めており

    パチンコ業界でも、同様の趣旨の「接客甲子園」というものがある。


    いづれも、働き手側に脚光をあびせ、演壇にたたせることで主役にし、
    それに向けてひたすら無垢に取り組ませることで

    普段の低賃金単純労働という、
    報われることのない苦労から目を逸らさせるという、
    あざとい仕組みの様だ。

    ただただ単純労働する、文句の言わない労働機械が欲しい経営側に対し、
    それを作り上げる仕組みとしての、洗脳活動


    従業員側に
    体育会系の頭のおかしいとは言わないが
    頭が悪い奴が何人かいて、

    そいつらが変にたぎって
    勝手に盛り上がってくれると


    経営側としては非常にうれしい。


    世間一般から反発をあびるこれらのイベントだが
    身内でひっそりと、経営者と従業員のためだけに
    やっているだけなのだから
    やってる側としては、そっとしておいてほしいようだ。



    パチンコ業界はもともと
    中卒、高卒、Fランク大学の主な就職先としての受け皿となっており

    とにかく質が悪い。
    離職率も高い。まともな学生が集まらない。

    そんな状態であるからして
    どうにかして、立派な企業、素敵な労働環境だということを
    アピールしなければならない。


    できるだけ優秀な人材を集めたいという
    集める側の視点で見ると相当大変なことだろう。



    だが、学生側の視点で見ると

    今後、ぱちんこ不況はますます深まってくるだろうし
    回復の見込みも完全にない。

    そうなると立派な大学をでて、選ぶような業界ではないことは
    就職する前にきっちりと業界研究、企業研究すればわかることだ。


    65いえ


    新卒就職→即退社→転職→退社→・・・



    このような負のスパイラルに陥り
    フリーター、ニート状態になってしまうケースが多発してしまう。


    4月から、パチンコ業界に入ろうとしている
    奇特な学生は、道を踏み外すことのないよう

    もう一度よく考えて見てほしい。







    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる










    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ホモとかゲイの人間が管理職にいると
    自分と気の合う似たような人間ばかり採用するので

    その部署全体にホモ臭がただよってくる。



    てwtうぇ




    カミングアウトしている人もいるので
    たちに負えない。バイセクシャルだそうな。

    よそのゲイの集まりとかにも参加しているとかで
    どうどうとしたものだ。

    そういう世界もあるものだなと、
    まあ人の価値観はそれぞれなので、そっとしておこう。



    また、リアルにホモじゃなくても
    ホモに興味があるとか
    そんな奴らが固まっている。




    同類のキモオタも採用するため
    ひどいありさまとなっている。


    ネタかもしれないが
    30近くにもなって
    僕童貞です。と公言していいまわってるあたり
    頭もおかしいのだろう。

    30歳まで童貞だと魔法使いになって、45歳を過ぎると妖精になるのだとか


    僕は童貞を守ります!!





    えry




    真面目に気持ち悪いので
    勘弁してほしい。



    今のゆとり社員は
    学歴は高いがキチガイ、アニメ、ゲーム、AKB好き!

    でもって童貞!

    そんな奴らが多いような感じがする。



    採用側も、童貞の新卒と、ゲイの管理職は
    取らないように心がけてほしいところだ。









    あなたのポチっ♪が業界を終わらせる






    スポンサードリンク

    このページのトップヘ