ようこそ僕らのパチンコ業界へ!

私たちの65%は悪意の塊でできています。



> 2013年03月

2013年03月


スポンサードリンク


建設を巡って、住民との争いが起きている
マルハン習志野店だが、ネット各地で拡散がすごい。


マルハン側としては、
ここまでおおごとになってくると撤退した場合、
他の地域の住民反対運動のモデルケースになりかねない。

地域ごとに団結してノウハウを共有されたらやっかいだ。

ここは、なんとかして勝たなければならない。


だが、ここでマルハン側がいくつか失態を犯している。


$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-p79:;お9

住民に「笑うな」とケンカ腰で怒鳴りつけたり
顔写真をとるとらないでマルハン側、住民側でもめたり、
換金所の説明が難しかったり


そもそも、パチンコをアミューズメント産業と横文字でごまかすことが
無理がある。娯楽産業のことだが、

1日に負ける金額には、上限があり
パチンコ玉は1分に100発しか飛ばない。
どこの穴にも入らないように打って、
100発×60分×13時間×4円で、312000が上限だ。

まあそんなアホな打ち方はするわけないので
普通に打てば、20万位の負けが限度だろう。
上限があるから、一晩で全財産をするようなカジノとは違い
健全だという話なのだが、

それでも、大卒の初任給ひと月分もある。


$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-いぇ5う53う

これは十分博打だ。
説明している彼らも含めて全世界の100%の人が思うだろう。



パチンコは、博打ではないので規制対象外である。
ソープランドで行われている本番行為は、恋愛行為なので
店側は関与していない、よって規制対象外である。

そんなインチキグレーゾーンがそもそもまかり通っているのが、おかしな話だ。
真実を嘘で塗り固めるような説明は大変難しいだろう。


娯楽産業だの、年寄りの交流だの
地域の雇用が増えるだの

とってつけたような説明では
住民は、まず納得しないだろう。

住民は、そんな事情はいざしらず
普通に真実を見る。

パチンコは賭博であるし、
地域に完全になくても構わないものである。
そもそも国民の9割がぱちんこをやらない。


住民側もHPにもっと進捗状況を書き込むべきだ。
その後何がどうなっているのか、さっぱりわからないので
議論のしようがないだろう。


マルハン側は、どうにかしてでも
頑張りたいところだろう。


$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-53う64い75お7789


我々はどうでもいいので、
生あたたかく見ていきたい。






スポンサードリンク




パチスロ北斗の拳 転生の章 (サミー)ティザー公開だが
2.8枚純増のAT機
鬼武者同様の荒波スペックが想定されている。



鬼武者をほしい台数売ってもらえないことで
やっかんで、さんざんネガティブキャンペーンを繰り広げてきた、
中小ホールはどうするのだろうか。


鬼武者は開店1週間なので、あたりまえだが
客付きはまだ良い。
昨日昼間から郊外の中堅ホールを見に行ったが
立ち見で空き待ちがまだいる。



こんなはずじゃなかった、客は打てないはずだ
と想定外で失念している関係者も多いそうだ。
$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-44いぇ5うえ

まあこの連中が心配しなくても、20時頃になると、128G付近でやめている台で、
半分空き台となっていた。

まだよくわからない状況だが、
128G以内に当たらなければ、かなり深い天井付近まで持ってかれる。
でもって1280Gの天井は、前作と違い、継続89%確定ではないので
恩恵は薄い。

養分の客側には、そんな思惑が生まれてしまったのだろう。

天井を89%確定のエサにしておけばよかったのに。
これは痛い。


台数がふんだんにないので、客が1順するまでに時間がかかっているようだ。
前機種でいい思いをした人は、やはりある程度の塊が出るまで
満足しないだろう。

まああとひと月もすれば、設定1での遊戯についていけずに
順当に客は飛んでいくことだろう。


そして寿命をまっとうしたあとに
北斗につながるわけだが、


AT機は、荒いとはいえ、完成度が高く、人気の版権なら
客は存分につくことが証明されたわけだ。

北斗も同時期の他機種よりも
はるかに貢献してくれることだろう。


今度はうだうだ抜かさずに
だまってたくさん買うことだな。





スポンサードリンク

以下 ソース

http://yashikipatinko.jimdo.com/

(仮称)マルハン習志野店 建設・出店・営業開始を考える

習志野市屋敷パチンコ店出店問題連絡会は(仮称)マルハン習志野店の建設計画の見直しを目的に活動を行っております。


署名活動拡大、この問題の告知、情報の拡散にご協力ください

連絡会では活動に協力いただける方を募集しております。
署名の拡大活動などにご協力いただける方は「お問い合わせ」 よりその旨を記載してご連絡ください。

また、よりこの問題を多くの方に知ってもらうためこのホームページをご覧いただけましたら是非、
・口頭(口コミ)
・メール
・twitter、Facebook、LINE、Mixiなどのソーシャルメディア
で問題の周知にご協力ください。

ぜひ、友人・知人にこの問題を周知ください

----------------------
谷岡隆(たにおかたかし) 習志野市議会議員
http://bootsman.exblog.jp/19681183/

----------------------


VS



----------------------
世界フィギュアスケート選手権大会の会場内でハングル文字の広告が目立ったパチンコグループ
「マルハン」だが、千葉県習志野市ではパチンコ店の出店をめぐって地元住民と激突が始まっている。

「学校の隣に建設するなんて、何を考えているんだ!」
「こんな住宅街にパチンコ店なんて」
怒号が飛び交ったのは、3月16日に開かれたマルハンの説明会だ。

(中略)

景品の換金所が建てられるということ自体は認めたが「それは別業者なので、我々もどこに建つかは知らない」と曖昧な返答に
終始。住民たちからは「それはおかしい」との声が多数飛んだ。

社員は「パチンコのイメージは、みなさんが考えるよりずっと良い。お年寄りの交流の場になったりもしている」となだめたが、場内から笑い声が漏れると、途端に顔色を変え「笑うな」と怒鳴りつける場面もあり、約3時間が最後まで互いにケンカ腰のまま終わった。

前出住民男性は「唐突に建設の連絡が入ったので、慌てて対策のための連絡会とホームページを立ち上げた」といい、21日には市長に直接、抗議の声を届けるという。

マルハンは年間2兆5,000億円の売上高を誇る大企業だが、建設に対する反対運動はほかでも起こっており、風当たりは弱まりそうにない。
http://www.cyzo.com/2013/03/post_12868.html


----------------------

ネットで話題の
この争い

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-あはは

とても興味があります^^


パチンコ参加人口は、1260万人であり
全国民の9割はパチンコなぞ低俗なものをしないのです。

まあ住民が反対しようが建ててしまうのでしょうし、
建ったら建ったで、付近の住民は打ちにくることでしょう。


不毛な争いですわ。


パチンコ屋の周りは、ろくでもない人間がうろちょろし
ゴミ捨て、たばこのポイ捨て、交通渋滞等
環境は悪化することは確かですね。

文中のマルハンの社員と、住民とのケンカ状態の説明会は
だめですね。

こうやって晒されて大きくなってしまっては
次の建築予定先にも影響することでしょう。

楽しみですね。






スポンサードリンク

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-45う45う



最近、マスコミでは出ないが
ネットでよく見るこの抗争・・

在特会VSレイシストしばき隊の抗争ですが

パチンコ業界からは、チラシ、CM等広告産業に多額のお金が流れているため
マスコミは、面と向かってスポンサー様であるパチンコ業界を批判できない。

すなわち、朝鮮人がらみの報道をすることができない。
そのため、こういう右翼団体と在日暴力団みたいな所の
争いが表に出ることはない。


wiki様によると、

-----------
◎在日特権を許さない市民の会、
目的:在日韓国人・朝鮮人(在日)問題の提起および在日特権の撤廃



7つの約束「7つの約束」と称する趣旨を公表している(原文通り)[27]。

・在日による差別を振りかざしての特権要求を在特会は断じて許しません。
・公式サイトの拡充、各地での講演会開催などを様々な媒体を通じて在日問題の周知を積極的に行っていきます。
・各所からの講演要請があれば在特会は可能な限り応じ、集会の規模を問わず講師の派遣を行います。
・「在日特権に断固反対」「在日問題を次の世代に引き継がせない」意思表示として在特会への会員登録を広く勧めていきます。
・当面の目標を登録会員数一万人に定め、目標に達し次第、警察当局や法務当局、各地方自治体、各政治家への在日問題解決の請願を開始します。
・在日側からの希望があれば、放送・出版など様々なメディアにおいて公開討論に応じます。
・不逞在日の犯罪行為に苦しむ各地の実態を知らしめ、その救済を在特会は目指していきます。
-------------

◎レイシストしばき隊、
目的: ネット右翼を説教、行動する保守の活動妨害

活動 [編集]2013/3/17 新大久保周辺にて反韓デモが挙行された折、しばき隊約100名が出動しにらみ合った[4]。
2013年3月18日 大阪府警察への抗議文には、レイシストしばき隊に連名する形で、在日韓国青年連盟、在日本大韓民国青年会大阪府地方本部、韓国挺身隊問題対策協議会などの在日本大韓民国民団系団体が名前を連ね。 さらに九条の会などの極左系団体も名前を連ねた。このことから、レイシストしばき隊自体が、在日本大韓民国民団及び極左系団体との関連が深いと考えられる。

--------------


$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-うぇtw4y4w


この反朝鮮団体と朝鮮団体の争いだが、

見ていて面白いからもっとやってほしい^^


「レイシストしばき隊」の方が、隊名からの活動内容がわかりやすい。

でも、レイシストっていっても、一般大衆はバカだから
ほとんど意味がわかってないと思う。
民族差別主義者しばきたいだと、ゴロが悪いか。

にしても、「レイシストしばき隊」って、なんかゴロがいいので、面白い。


対抗して、「在特会」は、
「在特会」と略さずに、「在日特権を許さない市民の会」と正式名称でいうか
もっとわかりやすい名前に変えた方がいいと思う。

「在日朝鮮人利権をなくし隊」とか具体的なものか、ゴロがいいものがいい。

今は名前負けしている。



$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-5ゆう

利権を守りたい団体と、それを許せない団体
まあお互い必死ですね。


一方的に意見を主張したり、暴力沙汰にするのではなく
きっちり、ニコ生等で互いに議論したりすれば
面白そうです。

でも、朝鮮人は、大きな声で相手を恫喝して
無理やり自分の意見に従わせるのが多いですから
話し合いにはならなそうですけどw
怒鳴りあいになるだけだったりしてw


では






スポンサードリンク

$ようこそ僕らのパチンコ業界へ!-4tyw

途中で飽きてきたので、かなりはしょりました。

どっかのプロの業界雑誌の人が
しっかりとまとめた記事書いてくれると思うので
そちらをどうぞ。

つーか、おみやげでもらった
月刊レジャー産業3月号に、
石橋氏の講演そのままの記事が書いてあったので
そっちもごらんください。

言いたいことは、

・ファン離れ
・ヘビーユーザー化(1回あたりの消費金額増)

それらにより
ファンもホールもかなりきつくなっているということ。

このままでは、破たんするので、

ECOパチンコ(封入式)による、ゴト撲滅と、部材共通化によるコストダウン。
全体のコストを減らして、客に還元しましょうということのようだ。


パチンコ好きなタレントを広告塔にしている企業があるが、


-------------------

【ぱちんこ業界から完全に一掃すべき四つの慣習】

1.「違法な営業形態でも、たまたま摘発されなかったことをもって「既得権」と考える慣習」
2.「それが法に抵触しかねないものであれ、「他のぱちんこ店と同じことをしないと損をするかもしれない。」と考える慣習」
3.「法律で禁止されていても、牽強付会の解釈により、本来存在しないグレーゾーンを追求しようとする慣習」
4.「営業の基本となる法律や通達をきちんと確認しない慣習」

-------------------

どうみてもこれに抵触する。
法律を順守しない企業が、大手のくせに
いまだ多すぎる。

それに、客が減り、粗利はそのままで客の負担が増えたなんて話は
何年も前からずっと叫ばれており、

どこの誰も何もせず、ただただ、嘆いているだけ。

低貸しの普及が、その破たんに拍車をかけたようだ。




ECOパチンコが登場して、それに新台が切り替わった時に
どうなっていくかだが、

今のままでは、機械代が安くなり、ゴトが減ったところで、実際は
何も変わらず、ホールのもうけが増えるだけだろう。
ファンには還元されない。


パチンコ屋は自分たちさえよければいい人たちばかりなので
協調性は取れない。

それに誰かが成功しないと乗っていかない。

まず、どこかが大人になって
還元率を公表し、そのビジネスモデルを普及させることだ。
その店が流行れば、他はやらざるを得ないか、つぶれるしかなくなる。

本来ならtopの、Dont need の会社がやるべきだが
絶対にやらないだろうな。







スポンサードリンク

4.パチンコ業界の再生

・アベノミクスの3本の矢の説明
 
 ・大胆な金融政策
 ・機動的な財政政策
 ・民間投資を喚起する成長戦略 

・杉ちゃんの説明は省略



ここでパチンコ業界を再生するために
「パチノミクス」を提唱する。

・パチノミクス
 
 ・若者出動
 ・還元率緩和
 ・ECO戦略


■若者出動


・スライド説明

 ・年齢別人口の解説
  ・日中戦争
  ・第2次大戦
  ・丙午
  ・第1次ベビーブーム(団塊世代)
  ・第2次ベビーブーム

・丙午の由来、八百屋お七の話

・若者のぱちんこ参加人口低下

 
現代では、第2次ベビーブーム世代が親になっている層のため
第3次ベビーブームが起きていてもおかしくはないのだが
今の若者は、結婚しない、できない、子供を産まないため
それが起きていない。分母が減るばかりだ。

若者は年寄りの流行をつかまないが、年寄りは若者の流行をつかむ。
いまや年寄りでも、スマホを操っているような状態だが
若者でらくらくほんをつかっているものはいない。

かつて平和で版権をとる業務をしていた時に
石原裕次郎の機械をだし、これは団塊の世代に喜ばれ売れるだろうと思ったが
期待の半分以下だった。あまりにも古すぎて作る開発側もわかっていなかったようだ。

他にもピーナッツという機械を出したが、若者にふれてももらえなかった。
ここは笑うところです。
クレイジーキャッツという台は、お蔵となった。

若者向けの版権に「エヴァンゲリオン」というものがある。
年寄りは知らない。

年よりは、略すときに3文字で略す、エヴァンかエヴァゲだ
若者はエヴァという。それだけ感覚の違いがある。


若者はTV離れとなっている。

昔になけなしの給料をはたいて
プラズマ42インチの日立のwooを、118万円で買ったが、
最近秋葉原ヨドバシで、アクオスの60インチを20万で買いかえた。

私はやったーと喜んだが、

娘からうざがられた

TVみないしー

基本的に、ふざけ芸人の笑い番組など見なく、
年よりみたいにニュースの番組の時間を待つのではなく
若者は、ネットで好きな時間に好きなニュースを見ることができる。

開発側も、経営側も、ホール側も、若者向けの発想に切り替える。
若者をつかまないと、業界の将来はない。


■還元率緩和

競艇 75%
競馬 70~80%

カジノスロット 85~97%
カジノルーレット 95~97%
カジノバカラ 98~99%

パチンコの売り上げは20兆円、粗利率を20%とすると4兆だ。
かたや、たくさんの人が多く足を運ぶコンビニは、全国5万店で
売り上げ8兆

現在稼働が激減している。最盛期の頃は、ダイコクのSISによると
稼働6万をこえるホールが、いっぱいあった。

昨秋では、稼働が14000程度と落ち込んでいる。
もっと射幸性を抑えて、還元すべき、あたりの共有

バカラは還元率が、98~99%ある。

パチンコは全盛期の換金率は、
関東では、4円貸しの3円交換、名古屋では2.5円交換、大阪では2円交換だったと思う。

当時は、90~95%以上の還元率があった。客を遊ばせることができた
魅力的な時代。

いまは、70~80%程度になっている。

低スロまで流行りだした。還元率さえよければいいが、
4円に客がいないので、低玉でも経費分ぬいている。

還元率を緩和する必要がある。

■ECO戦略

日工組 4要件

1.射幸性を抑制した時間消費型の遊技機
2.不正に強い遊技機・不正改造対策の一層の推進
3.わかりやすくて面白い遊技機
4.安いという点を念頭においた遊技機開発


スーパーの万引き被害は2%
コンビニ 3%
本屋 2%
パチンコ屋 2%


還元率の緩和にもつながるが、不正、ゴト被害をなくすことで
還元ができる。
売り上げ20兆の2%で4000億だ。


また、店が非常にうるさく、業界人は難聴が多い。
健康を害している。

5.むすびに

ダーウインの進化論

すべての生物は環境の変化に対応し、進化したもののみ生き残る

パチンコ業界も存亡の危機にある今、
進化への決断をしよう、その刻は今なのです。







スポンサードリンク

パチンコホールイノベーションセミナー2013


本日、3/19(火)有楽町の東京フォーラムにて
業界のセミナーや展示会が開かれている。(>_<)


その模様を、生暖かくお伝えしたい。
会場に入ると、あたりは悪人顔の残念な人たちだらけ
運営も、ぶかぶかのスーツを無理に着込んだチンピラばかりだ。

まるで宇宙人か異民族の中にひとり紛れ込んだみたいで
居心地が悪い。


あたりから、喫煙所どこー?
との声が聞こえる。馬鹿ばかりだ。

年齢層は、若者からハゲから、白髪まで多彩だ。


さて、セミナーのラインナップだが

第1講座 進化への決断、その刻は今~ECO遊技機の動向

第2講座 「ファン」拡大に向けた新しいパチンコ・パチスロへの革新と創造


第3,第4講座の
マルハンだの、べラジオだのの
有料講座は、
うちの他のものがでているみたいだが、
情報公開はしません

つか無料でやれよ、ちっちぇーなー

業界紙等でも、これらの内容は公開されるだろうが
主観を交えて解説していこうと思う。


-----------------

まず、全体のテーマは、

「ファン」拡大に向けた新しいパチンコ・パチスロへの革新と創造

だ。

それに合わせた講座を各講師が解説していく。

第1講座は、柔道着でおなじみの元平和社長の有名人、石橋保彦氏だ。
迫力がある。最初は甲高い声で、緊張されていたようだが、
だんだんのってきて熱弁になってきた。

1966年に平和工業に入り、半世紀近く業界にいる
語り部として話したいとのこと。


1.パチンコ業界は法律を守る義務がある。

風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)
をきちんと遵守しましょうということ

・風営法23条の説明

(遊技場営業者の禁止行為)第23条 第2条第1項第7号の営業(ぱちんこ屋その他政令で定めるものに限る。)を営む者は、前条の規定によるほか、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。
1.現金又は有価証券を賞品として提供すること。
2.客に提供した賞品を買い取ること。
3.遊技の用に供する玉、メダルその他これらに類する物(次号において「遊技球等」という。)を客に営業所外に持ち出させること。
4.遊技球等を客のために保管したことを表示する書面を客に発行すること。


「健全な財産は、健全な勤労によってのみつくられる」
とのような説明。


・警視庁玉川課長補佐の講和を説明


【ぱちんこ業界から完全に一掃すべき四つの慣習】

1.「違法な営業形態でも、たまたま摘発されなかったことをもって「既得権」と考える慣習」
2.「それが法に抵触しかねないものであれ、「他のぱちんこ店と同じことをしないと損をするかもしれない。」と考える慣習」
3.「法律で禁止されていても、牽強付会の解釈により、本来存在しないグレーゾーンを追求しようとする慣習」
4.「営業の基本となる法律や通達をきちんと確認しない慣習」


・平和直営店でのヤクザとのトラブルの話、中曽根、はたのあきら(元警視総監)とのお話、力道山とぱちんこが日本を復興させた、治安などの話は省略


パチンコ業界は、警察に守られて存在しているということを理解し、
遵法な営業を心がけましょう。


2.ぱちんこの歴史

・スライドで歴史解説

1895年にヨーロッパで貴族がやっていたウォールマシンが
アメリカにわたり、コリントゲーム、ウォールマシンとして流行り、
1925年に日本に輸入、1930年に名古屋でパチンコ店1号店が開店
戦時中に禁止され、戦後に再開
現代のパチンコ機の例として、CRガンダム(SANKYO)を紹介。


・商品、景品、賞品の区分の説明
・平和の社名由来の説明
・劇的に変わったと感じられたのが、1984年の風営法改正


3.業界の現状

・スライド説明

 ・参加人口の急激な落ち込み
 ・ヘビーユーザー頼みの経営
 ・低玉貸し傾向
 ・一物一価

最初は、営業の仕事をしており、私の給与が17000円くらいの時代に、
パチンコの機械は1台7000円だった。その当時の大学の初任給が
25000台くらいでだいたい4台くらい買えるだろうといったところ。

ただし、私は、ホールからご祝儀をもらっていたため
財布には5万くらい常に入っていた。

(※編集注:15年くらい前の昔のホールでは、新装開店時の納品にご祝儀袋、大入り袋をいただけるホールがよくあった。納品後に寿司の出前やビールなどをふるまわれた。納品で1回祝儀をもらい、翌日立会いにいくとさらにまた祝儀をくれたりもした。
15年位前のホールで5千円くらいご祝儀いただけたので、石橋氏の当時の平和のパワーと物価でかなりもらっていたことだろう。)




・消費者物価指数が横ばいで、教養娯楽の指数は、だんだん下がってきている
・業界の市場規模も18.9兆と落ち込んでいる(石橋氏の調査によるとまだ20兆を超えて

いるとのこと)
・ファン人口1260万人と激減

このような市場環境の中で、機械代だけがひたすら高騰を続けている。

パチンコ業界は、インフレとデフレが入り交ざった複雑な状況となっている。


続く






 



スポンサードリンク

このページのトップヘ

アクセスランキング